シニア(高齢者)のネットデビューに、教える側の観点からiPadが最適な理由

iPadの選び方
SPONSORED LINK

高齢者のネット利用は案外ハードルが高いと思った事はないだろうか。僕は18歳だった1998年くらいからネットを使っており、利用歴は既に10年以上。母親は60歳くらいになって初めてネットに触れたので、馴染むのが難しいのだ。

それでも、何とか使ってもらおうと頑張ってきていて、振り返れば、

  • パソコン→操作に馴染めず断念
  • 携帯インターネット→操作に馴染めず断念
  • テレビのインターネット→操作性が悪すぎて断念

という感じで、チャレンジしては挫折の連続であった。

高齢者向けと言われるらくらくフォンでも同じで、一体どうしたら良いのかとずっと考え、結論としてあきらめて来たが、iPadが最適ではないかという案が浮かんだ。

今はタブレットであればAndroidでも沢山あるが、ここでもiPad。僕自身がApple好きというのはもちろんあるが、総合的にみてもやっぱりiPadが良いと思う。

ポイントは使う側である高齢者(シニア)の事より、教える側(多くの場合子供。我が家では僕がそれに当たる)の都合ということだ。

SPONSORED LINK

高齢者向けの端末としてiPadが最適と思う理由

理由は以下ぐらいだろうか。

  1. 最新機器に変えても操作性が大きく変わらない
  2. OSがバージョンアップしても操作性が大きく変わらない
  3. iPadに馴染めば、その先に携帯をiPhoneにするという選択肢が生まれる
  4. Retinaディスプレイは文字の可読性が高い

機能的にiPadが魅力なりゆうは操作性とバージョンアップ

機能・ハードウェア的に大きいのは1つ目と2つ目。

携帯で言えば機種変更の度に操作性が変わるという難点があったが、iPhone・iPadなどのiOS機器ではそれが少ない。

AndroidもOSとしては大きく操作性が変わることはないが、メーカー独自の作り込みがあるためメーカーが変わると操作性が変わる部分も多いし、競争が激しく次に買おうと思った時、同じメーカーが存在する保証がない。

中味は変わっても操作性が変わらないっていうのを実現しているIT機器って案外少ないのだ。

そして、特にiPadの場合、最新OSへのバージョンアップもかなり長く保証される。例えば2011年に発売されたiPad2は、2015年になっても最新OSであるiOS 9のサポート対象となっている。

この手の製品で4年以上経過しても、未だに最新OSへのバージョンアップが可能な端末は珍しい。

少なくともAndroidではあり得ない。

携帯をiPhoneにすれば、スマホデビューへの道もスムーズ

iPadはタブレットで有り、データ通信専用端末だ。

つまり「電話」は出来ないわけで、高齢者にとってはこれは弱点となる。

「連絡手段=電話」という高齢者は実に多いからだ。この為、iPadを使う間はフィーチャーフォン(ガラケー)は併用する必要がある。

ただ、これは必ず出来る保証はないものの、仮にiPadに慣れることが出来たら、スマートフォンであるiPhoneへの以降はスムーズだ。

iPad→iPhoneという流れを作って、携帯含めて操作性が統一出来るというメリットは大きい。

数年前まではパソコンはパソコン、携帯は携帯という考えで、別々に操作を覚えなければいけない事がハードルをあげていたが、iOSの場合この障壁がかなり低い。

しかも、機種変更してもデータ移行含めて前の環境がそのまま復旧して、操作性も変わらない。

情報が多いため分からない事が調べやすい

そして、これが最大のポイントだがiPadは日本は勿論、世界で一番普及しているタブレットデバイスだ。つまり、情報が非常に多い

これには2つの意味があって、1つ目が分からない事をインターネットで検索する場合に目的の情報が見つかる可能性が高いこと。もう1つが、人に聞いたり書籍を買うにも、「使う人が多い=需要がある」という事で、知ってる人が多い可能性が高いし、書籍も非常に多いと言う事だ。

これは特に教える側にとってメリットが多い。教える側がiPhone・iPadを使っていればなお良いが、使っていなくても非常に教えやすいのだ。

これが最大のメリットと言っても良いかもしれない。

終わりに

というわけで、母のネットデビュー端末としてiPadを使う事を決めた。

その後の様子は別記事として随時報告していこうと思う。

高齢者になった親に子供が携帯を買うケースは多いですが、高齢者向けと言えば「ガラケー」と思っていませんか?

スマホをうまく選べば安く維持出来ますし、何より子世代の僕たちと同じスマホにすれば操作に悩むこともありません。

チー
昔は使えたけど、もうガラケーの使い方忘れちゃったよね……。

高齢者向け携帯を選ぶなら、ドコモの品揃えが豊富です。僕がおすすめする候補は以下の3モデルです。

\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

スマホの機種変更が面倒くさい方には「docomo with」シリーズがおすすめ

スマホの機種変更が面倒なら永年割引の「docomo with」を導入しよう。中古・格安スマホへ移行してもお得です!

2018年7月6日
シニア向けスマホはどれがいい?

シニア(高齢者)のスマホはiPhoneとAndroidのどちらがよい?らくらくフォンよりiPhoneをおすすめする理由と選び方

2015年3月10日

高齢者向けスマホとしてのiPhone

iPhoneを買う場合、契約している通信キャリアによっておすすめがことなります。

大手キャリアと格安SIMのiPhoneはSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

新生活に向けてスマホを「学割」で買おう

新生活(進学・就職・引越しなど)に伴い、スマホやタブレットを買うなら、「学割」をうまく使うと通信費用が安くなるので購入時期としては一番おすすめです。

「学割」と聞くと、中学生・高校生・大学生くらいが思い浮かびますが、「25歳以下」なら適用対象なのでわりと簡単に使えますよ。

チー
我が家では、小学生になる子供用に「学割」でスマホを買ったよ。キッズ携帯より断然やすい、「月280円」回線!
小学生の子供にドコモの学割でiPhoneを購入した理由

小学生1年生になる子供に、ドコモの学割でスマホを購入。キッズ携帯より安い月額280円と位置情報サービス(GPS)が決め手

2019年1月21日
\ ドコモの学割は最大13ヶ月間1,500円引き /

ドコモオンラインショップをチェック

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

ドコモは店頭が非常に混み合っており、購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
メリットは以下です。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ。

そして、万一「在庫無し」でも、予約すれば必ず入荷することは覚えておこう!
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

最新キャンペーン

ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN 」
ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN 」

ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN」開始。Xperia・Galaxy・iPhone・iPad人気モデルが安く買えるチャンスも!?【2019年5月31日まで】

2019年2月1日

docomoユーザー必携!dカード GOLD

docomoでiPhoneを買うなら、利用料金の10%がポイント還元される、「dカード GOLD」の契約をおすすめします。

dカード GOLDはドコモユーザー必携

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元で年会費の元がとれます

2016年8月22日
\ 入会キャンペーンあります /

「dカード GOLD」を申込む

パパンダ
え~。でも年会費が1万円もするし、高いじゃん。普通のdカードで充分だよ
チー
高いといっても、毎月の携帯利用料金の10%がポイント還元されるんだから、持ってて損はないカードだよ
パパンダ
確かにそうだけど、いきなり年会費1万円はハードル高いし、まずは年会費無料のdカードでいいや。

普通のクレジットカードとして十分使えるし
\ 初年度・2年目以降もカード利用で年会費無料 /

「dカード」を申込む

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年2月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK