熱対策も万全で、急速充電対応「Komatech Freedy 15W高速ワイヤレス充電パッド」レビュー【PR】

iPhone Xを充電中
SPONSORED LINK

iPhone X・iPhone 8シリーズが対応したことで、再び脚光を浴びるようになった、ワイヤレス充電規格『Qi(チー)』。

実はこの規格、日本では『おくだけ充電』の名前でわりと昔から耳にするが、規格としては進歩が続いている

出力仕様も、

  • 一般的な5W(iPhone X・iPhone 8はこれに対応)
  • Quick Charge2.0以上のアダプタを経由することで、9W
  • 最新規格『Extended Power Profile』対応で、15W

と多岐に渡っている。

ちまたで多く出回っている、Qi充電器のほとんどは『5W対応』に留まっている

そんな中、今回紹介する『Komatech Freedy 15W高速ワイヤレス充電パッド』は、最新規格『Extended Power Profile』対応で15W出力に対応する数少ない充電機だ。

特にサムスンのGalaxy S8シリーズ以降を使っている方は、かなり有力な選択肢になると思う。

早速紹介する。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

Komatech Freedy 15W高速ワイヤレス充電パッドの概要

Komatech Freedy 15W高速ワイヤレス充電パッ

今回紹介する、『Komatech Freedy 15W高速ワイヤレス充電パッド』は、Qi規格に対応したワイヤレス充電パッドだ。

iPhone 8・iPhone Xの発売以来、同種の製品が多数登場している中で、「何が違うのか?」と思う方も多いだろう。

同種の製品は、大半が2,000円台、高いものでも4,000円程度の中、本製品の価格はAmazonで『6,350円』で少々お高い価格設定となっている。

正直ちょっと高い。

だが、高いなりの機能は搭載している。

ポイントは、

  • 大型で安定して充電できる、充電パッド
  • 『通気穴』があり、内部の温度上昇を抑える構造
  • 専用ACアダプタを使用し、最新規格『Extended Power Profile』の15W出力に対応

といった辺り。

特に『Extended Power Profile』対応製品は非常に少なく、これが最大の差別化ポイントとも言えるだろう(ただし、充電される側のスマホ対応も少ない。iPhone Xなどは非対応)。

開封レポート

簡単な開封レポートを。

パッケージ

パッケージ

輸入品だが、ラベルは日本語

輸入品だが、ラベルは日本語

パッケージはかなり大型だが、しっかりした作り。

正規代理店の販売なので、パッケージ裏面の説明も日本語対応している

蓋も凝っている

蓋も凝っている

開封

開封

開封も取っ手を引き出す感じで、凝った作りとなっていた。

充電パッド本体

充電パッド本体

ドーンと登場する、充電パット本体。

同梱品

同梱品

取扱説明書は日本語対応

取扱説明書は日本語対応

同梱品は、

  • 本体
  • ACアダプタ
  • 取扱説明書(日本語対応)

の3つで、全体的に結構大きい

iPhone Xと比較

iPhone Xと比較

専用のACアダプタもわりと大型

専用のACアダプタもわりと大型

iPhone Xと比較すると、ほとんど変わらない大きさと言うことが分かる。

ACアダプタは欠点とも言えるが、高出力であることを考えたら仕方なく、パッドが大きいのは置きやすいのでメリットだと思う

充電パット

充電パット

充電パッド裏面

充電パッド裏面

充電パット最大のポイントは、

  • 安定しておけるように大型であること
  • 裏面に通気口がついていること

の2点だ。

案外知られていないが、ワイヤレスパッドはわりと熱を持つ。

このことで安定した充電ができないこともあるのだが、通気口があるため熱暴走リスクは多少軽減される

裏面には通気口がある

裏面には通気口がある

ワイヤレス充電パット利用の注意点

iPhone Xを充電中

iPhone Xを充電中

実際に充電してみた。

といっても、見た目的に目立つものは何もないがw

状態を簡単に説明すると、

Galaxy S8充電中

Galaxy S8充電中

充電中は本体に赤色のLEDが点灯する。

満充電になるとLEDが緑色に

満充電になるとLEDが緑色に

そして満充電になると、緑色のLEDが点灯する。

パッドが大きいので、わりと適当においても充電されるが、

ズレると充電されない

ズレると充電されない

中心から遠ざかると充電されなくなる

これが注意点だろうか。
逆に言えばそれ以外は特にない。

iPhone X・iPhone 8 Plus・Galaxy S8を充電してみた

というわけで、手元にあるQi充電対応機種である。

の3台をそれぞれ充電してみた。

iPhone Xを充電

iPhone Xを充電中

iPhone 8 Plus充電中

iPhone 8 Plus充電中

Galaxy S8充電中

Galaxy S8充電中

3機種とも全く問題なく充電できた。

『Komatech Freedy 15W高速ワイヤレス充電パッド』の目玉機能ともいえる、『Extended Power Profile』対応で15W出力の充電は、

Galaxy S8のみ対応

ということで、充電できることは確認できたが、本当の出力が何Wなのかを確認する術が無く、分からなかった。

せめてLEDの色が変わるとかあれば、判別できるのだが、、、

主観で感想を言うと、もう1つ所有しているワイヤレス充電機と比較すると、充電スピードは速かったような気はした。

スタンドで使いにくさが解消!RAVPower「ワイヤレス充電機 RP-PC013」レビュー【PR】

2017.12.20

終わりに

ここ数年、新製品なんてあまり見たことがないワイヤレス充電パットが、どんどん増えて来ている辺り、やはりiPhone対応の影響は大きいなと感じる。

iPhoneユーザー的に注目なのは、Apple純正の『AirPower』だが、価格が相当高くなると予想されており、安定して使えるワイヤレス充電器として有力な選択肢になると思う。

ただ、『Komatech Freedy 15W高速ワイヤレス充電パッド』は、

  • 本体も大型
  • ACアダプタも専用で大型

ということを考慮すると、自宅(主に寝室)専用と捉えるべきと思う

手軽さには欠けるが、その分安定して使えることがメリットで、

メーカー保証が2年

ついていることも安心して購入できるポイントだ。

Amazonで『6,350円』と決して安くないが、安定して使える自宅用ワイヤレス充電機を探している方は、是非試してみて欲しい。

iPhone 8はおくだけで充電できる?ワイヤレス充電『Qi(チー)』を使って感じたメリット・デメリット

2017.09.06

iPhone 8のワイヤレス充電は使える?Spigen「ワイヤレス充電器 F301W」レビュー

2017.10.16

スタンドで使いにくさが解消!RAVPower「ワイヤレス充電機 RP-PC013」レビュー【PR】

2017.12.20
SPONSORED LINK

iPhone Xを充電中

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)