iPhone XS Maxの全面ディスプレイには「薄い」保護フィルムが便利。Cellularline「OK DISPLAY」レビュー【PR】

Cellularline「OK DISPLAY」貼り付け後のiPhone iPhone XSアクセサリ
SPONSORED LINK

iPhone XSシリーズの液晶保護は何がよいか?

結構悩む方が多いと思う。2018年現在として選択肢は、

  • 保護フィルム
  • 保護ガラス
  • コーティング剤
  • 何もしない

の4種類で比率としてはやはり保護フィルムが多いと感じている。

ただ、僕はガラスとコーティング剤を利用しており、保護フィルムは何年も使っていない。その理由は、

気泡が入りやすく、貼るのが難しい

ことが一番大きい。

今回Cellularline(セルラーライン)の「OK DISPLAY」という保護フィルムのレビュー依頼をいただいたので、早速紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

iPhone XS・iPhone XS Max対応液晶保護フィルムCellularline「OK DISPLAY」の特徴

Cellularline「OK DISPLAY」

今回紹介する、Cellularline「OK DISPLAY」は、ごく普通の液晶保護フィルムだ。

主な特徴は以下。

  • 欧州シェアNo.1ブランド、イタリアCellularline製
  • 透明度が高く、iPhone Xの美しい有機ELディスプレイを再現
  • 取り付けが簡単で、気泡もゼロ
  • 2枚セット

今回はiPhone XS Max用をレビューするが、iPhone XS対応フィルムも販売されており、Amazonでの販売価格は以下のようになっている。

対応モデルAmazon価格
iPhone X/iPhone XS1,280円
iPhone XS Max1,000円

液晶保護フィルムの貼り付けの難しさ

液晶保護フィルムは気泡が入りやすい

製品を紹介する前に、記事冒頭で書いた、僕が最近液晶保護フィルムフィルムを使っていない理由を紹介しようと思う。

その理由は、

気泡が入りやすく、貼るのが難しい

ということだ。

ガラスの方が貼り付けは難しくない?

そういう意見もあるだろう。

実際、最初はガラスを貼るのは難しかった。貼り直しができないというのがその理由だ。

ただ何度もやっていくうちに、気づいたことがある。

チー
ガラスの貼り付けは、位置合わせが全て

位置さえちゃんと合わせれば、大ハズレしないし、貼り直そうとしなければ、気泡も入らない

逆に、フィルムは本当に気泡が入りやすい。

ただ、最近は「バブルレス」など、気泡が入らないことをウリにしているフィルムが多い。

「OK DISPLAY」もそのようにアピールしているが、実際のところどうなのかは気になっていた。

開封レポート

Cellularline「OK DISPLAY」パッケージ Cellularline「OK DISPLAY」パッケージ裏面

簡単な開封レポートを。
いたって普通のもの。

初期ロットのため「iPhone X Plus」と記載されていますが、使用上の問題はありません
Cellularline「OK DISPLAY」の中身 保護フィルムは2枚入っている

ケースが非常にあけづらく苦労したが、中身はこんな感じだ。

レビュー用なので丁寧に取り出しましたが、ハサミでケースを切って取り出す方が楽だと思います

同梱品は以下。

  • 液晶保護フィルム「2枚」
  • ホコリ除去用のシール
  • クリーニングクロス
  • マニュアル
日本語非対応のマニュアル

マニュアルは日本語対応していないが、保護フィルムなので迷うことはないと思う。

Cellularline「OK DISPLAY」を貼り付け

早速貼り付けてみる。

以下のような流れで行う。
結論から言えば、気泡はたくさん入ったが、簡単に除去できた!

貼り付けの流れ
  1. クリーニングクロスで画面をキレイに拭き上げ、ホコリを除去する
  2. フィルムの1番をはがす
  3. iPhoneにフィルムを貼り付ける
  4. フィルムの2番をはがす
  5. 残った気泡を押し出して除去する
メンテナンスグッズ 汚れを落とす ホコリを落とす

まずは、iPhoneをクリーニングクロスで画面をキレイに拭き上げ、ホコリを除去する。

1版のフィルムを剥がす 慎重に貼り付ける 貼り付け完了

その後、位置合わせをして、1番のフィルムをはがし、保護フィルム本体を貼り付ける

2番のフィルムを剥がす

貼り付け終わったら、2番のフィルムを剥がす。

この時、全部剥がしてしまわないように注意が必要です
気泡だらけのiPhone

久しぶりのフィルム貼り付けということで、自分でもビックリするくらい下手くそだった(笑)

こんなに気泡があったら、普通失敗で貼り直しなのだが…

地道に気泡を取り除く

地道に気泡を除去していくと……

気泡が除去できた

キレイになった!

「気泡ゼロ」の宣伝文句にウソはないと思った。

ただ、誤解のないように補足すると、

気泡が入らないのではなく、入っても簡単に除去できる

と理解して欲しい。

使った感想「薄いので下からのスワイプが操作しやすい」

Cellularline「OK DISPLAY」貼り付け後のiPhone

久々に使用した液晶保護フィルムだが、指滑りなどは、裸の状態での利用、保護ガラスには劣る。

だが、メリットもある。

フィルムは「薄い」

ということだ。

iPhone X以降は、ホームボタンが廃止され、従来のホーム画面に戻る操作は、「画面下側からのスワイプ」に変わった。

ガラスでは引っかかる感じがあるから、好きじゃない

そのように語り、最初は保護ガラスを使っていたが、結果としてコーティング剤を使うか、何もつけなくなる人は多い

実は僕もそうだ。

そういう意味で、保護フィルムは少し見直した面がある。

iPhone Xでは引っかからないので、使いやすい

透明感は、メーカーお墨付きのモノで保護フィルムを貼ったとは思えないくらいクリアだ。

終わりに

iPhone Xは全面ディスプレイなので、やはり画面の状態は気になる。

しかも、iPhone XS Maxに関して言えば、10万円以上するわけで、長く使うことを意識して購入した方も多いと思う。

ただ、大事に使うために、利便性を落としては台無しだ

画面保護はできれば行った方がよいと思うので、

  • 保護フィルム
  • 保護ガラス
  • コーティング剤

何でもよいが、どれか使って欲しいと思う。

保護フィルムを使う場合には、品質が高いわりに2枚で1,000円程度とお手軽なCellularline「OK DISPLAY」は、有力な選択肢になると思う。

また、最後になるが、

液晶保護フィルムは1ヶ月程度で貼り替えて欲しい

保護フィルムのコーティング効果は高いものでも1ヶ月程度なので、清潔さを保つ意味でも定期的に貼り替えることで、より快適に利用できると思う。

CellularlineブランドのiPhone XS製品レビュー

Cellularlineの製品は他にも以下の製品をレビューしています。

落として画面が割れるのが怖い方に使って欲しい。CellularlineのiPhone XS Max対応ケース「TETRA FORCE SHOCK TWIST」レビュー【PR】

2018.09.27

スーツでも似合う本革仕様の手帳型ケース。CellularlineのiPhone XS Max対応ケース「SUPREME」レビュー【PR】

2018.09.28

スタンド機能付きの高機能手帳型ケース。CellularlineのiPhone XS Max対応ケース「Book Agenda」レビュー【PR】

2018.10.04

iPhone XSはAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー版が、キャリア版はSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

スマホをネットで買うメリットは?ドコモオンラインショップは新規契約・MNP・機種変更の事務手数料が無料!

2014.09.27

ドコモでiPhoneを買うのは安い?「SIMフリー+格安SIM」とどっちがお得かを料金比較

2017.11.14

iPhone XS Max買いました

iPhone XS Max ゴールド開封レビュー。iPhone 8 Plusとのサイズ・カラー比較もあるよ

2018.09.23

ドコモでiPhone XSを一番お得に買う方法は?オンラインショップ利用とクーポン割引で最安値を目指せ!

2018.09.13

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

あわせて読みたい

SPONSORED LINK