令和時代をあなたはどうやって生き残りますか?第25回岡山ブログカレッジ開催レポート

岡ブロ講師のやぶなおさん 岡山ブログカレッジ
SPONSORED LINK

2019年5月19日は25回目となる、岡山ブログカレッジ(通称:岡ブロ)を開催しました。

第25回岡山ブログカレッジ

先が見えない令和時代の生存戦略。第25回岡山ブログカレッジは5月19日に倉敷美観地区「カモ井」で開催

2019年4月30日

今回のテーマは、

先が見えない令和時代の生存戦略

ということで、岡ブロ運営メンバーの「やぶなおさん」が講師を担当しました。

  • 不登校だった学生時代
  • 普通の落ちこぼれでFラン大学へ進学するも、かわいい彼女ができて人生が好転
  • 大企業に就職しようと頑張るも失敗
  • その後営業職で就職したが、うつ病寸前になり退職
  • ブログで情報発信し一定の成果を収めるも、どこか満たされない日々……

そんな彼の歩みから、これから大切にしたいことを「20代の生存戦略」として紹介してもらいました。

この記事では第25回岡ブロの様子・感想をレポートします。

チー
今回は若者の発表ということで、キャッキャした雰囲気になると思ってたら、前半が本当にくらくて焦ったよね(笑)
岡ブロ参加者向けのFacebookグループを作成しており、ここでは講演の動画やスライド資料も公開しています。

SPONSORED LINK

第25回岡山ブログカレッジの様子

第25回岡ブロ

今回の参加者は9名で、運営メンバー・講師を合わせると13名での開催でした。

内訳は以下のような感じです。

都道府県人数
岡山県11名
広島県1名
愛知県1名

岡ブロは運営メンバーが30代中心ということで、20代以下の参加者は少ない傾向があります。

それを変えて行くべく、20代のやぶなおさんを新しい運営メンバーに迎えました。

人数は少ないですが、4名が若者だったので、参加者の年齢層はいつもとはかなり違っていて、「さすが、やぶなお先生!」と思いましたね(笑)

「若い時の苦労は買ってでもせよ」は本当?

会社に行きたくなるなる

若い時の苦労は買ってでもせよ

ということわざがあります。

僕も20代くらいの頃によく言われました。特に、就職してからよく言われましたね

最近は「パワハラ」とか「いじめ」と同じ文脈で捉えられていますが、僕はこの考えある程度正しいと思っています。

チー
若い頃の「挫折」は、絶対将来に活かせる

そう思っているからです。

講義の前半は、やぶなおさんの今までの人生を振り返るような内容でした。

  • 不登校だった学生時代
  • 普通の落ちこぼれでFラン大学へ進学するも、かわいい彼女ができて人生が好転
  • 大企業に就職しようと頑張るも失敗
  • その後営業職で就職したが、うつ病寸前になり退職
  • ブログで情報発信し一定の成果を収めるも、どこか満たされない日々……

ポイントは2つあったと思います。

会社やめたいがきっかけ ネットにあるきらびやかな言葉

パッとしない学生時代、就職後にうつ病になったこと、の2つです。

なんとなく僕と似てる感じするんですけどね。

人生のターニングポイント
チー
学生時代に、

めっちゃかわいい彼女

はいなかったけど!!!

やぶなおさんが凄いなと思うのは、こういう「挫折」を味わったとき、普通に落ち込むまではみんなと一緒ですが、そこから小さな行動を始めることです。

なかなかできないですよ。ただ、できる人は強いとも思います。

若い時の苦労は買ってでもせよ

というのは、こんな人にピッタリの言葉ですね。

若い頃の「苦労」は時間が経てば大したことじゃなくなる

人生曲線

講義の後半で、人生曲線を書くワークがありました。

僕は2019年6月現在で39歳です。

僕の人生は大きく分ければ、以下のように分類されます。

  • 学生時代の10代まで
  • 社会人になって独身だった20代
  • 結婚し子供が生まれた30代

10代の頃に一番へこんだ出来事といえば、テストで点数が悪いとか、女の子に振られたとか、そんな話が多いですが、今にして思えば極めてどうでもいい話です。

20代の頃、最初に就職した会社は、今で言う「ブラック企業」でした。

結果半年で会社を辞めました。
大企業に就職したり、悩みながらもちゃんと働いている学生時代の友人と比較して、落ち込んだりもしましたが、これも今にして思えばどうでもいい話です。

むしろ今は「良い経験ができた」とすら思ってます。

生死に関わるものじゃなければ、なんとかなる

そう思えば、案外気楽になると思いますよ(笑)

令和時代の成長戦略

自由なワークスタイル

やぶなおさんは、ブログでの情報発信で一定の成果得て、「理想の生活」を手にしました。

「自由がある理想の生活」だったそうですが、ある日思います。

理想の生活中に生まれた疑問

気がつけば堕落していく日々のなか、再び悩み、一つの答えを出しました。

生き方に迷った

その後、彼なりの戦略を考えます。

やぶなお流生存戦略

20代らしい、未来志向の戦略で素敵ですよね。

30代・就職氷河期世代の成長戦略は?

会社員を辞めました

しかし、20代と30代ではやはり考え方は違います。それは、積み上げたスキルもあるでしょうが、歩んで来た「時代」が違います。

一例を挙げれば、2019年現在30代後半〜40代前半の人は、「就職氷河期世代」です

どんなにいい大学に入っても、就職するのがとにかく難しかったです。だから、僕もそこから落ちこぼれたんですけどね(笑)

今の20代は逆です。
選り好みしなければ、就職先はいくらでもあります。僕らは選り好みしなくても、就職が難しかったんです。

なので、社会や会社に対するスタンスは、「ドライ」な人と、必死にしがみつく人がはっきり分かれます

僕は会社をやめた時、以下のような記事を書きました。

ピープルソフトウェア株式会社

ピープルソフトウェア株式会社を退職しました。これから就職・転職する方に伝えたいことと、僕が会社員を卒業する理由

2018年8月1日

実はこれかなり驚かれたんです。

「やめた会社を褒めるとか、よくやるねぇ」とか、かなり言われました。同年代のドライな人に。

ですが、僕は安直かもしれませんが「人との繋がり」は大切にしたいので、「良いものは良い」と言いたいわけです(悪いものを悪いと言うかは、状況によりけり)。

仕事で常に意識している3つのこと

仕事で意識していること

今僕はフリーランスですが、会社員時代も含めて、「仕事」を考えるとき、常に3つを意識しています。

  • これから人口は減り続ける
  • IT化が進み、「人」がやるべき仕事を選ぶ必要がある
  • スピード感はドンドン上がって行く

ということです。

ほとんどの仕事が「AI」にかわる

なんて単純な話じゃあありません。例えば、人が減るなら、会社の従業員も減ります。雇用も難しくなります。

めんどうなことは、やりたくない。やるべきことに集中したい。

これは誰もが考えることでしょう。
ITによる効率化は、そういう切り口で説明します。機能や価格はその後です。

仕事もそうです。
例えばブロガーが多く携わっている「ライター業」は、単純なニュース記事なんて、AIが担うようになるのは時間の問題でしょう。

では、ライター業がなくなるかと言えば、それもありえません。

「人」が書く意味があるのか?

意味のあるものなら、これからもきっと残ると思います。
そこにはやはり、「情熱」のようなものが必要なんじゃないでしょうか。

ブログで迷ったら「情熱に従え」→迷って「わーすた」の記事書いてました。第2回岡山ブログカレッジ開催レポート

2017年5月25日

59歳で即位した天皇陛下が、上皇陛下と同じく85歳までの在位だったとして、令和時代は26年続きます。

令和時代が終わるとき、僕は65歳なので、そろそろ第1線を退く頃でしょうか。

与えられた仕事や今までと同じことをやっていたら、令和時代は生き残れない

これを肝に銘じて、生きていこうと思います。

終わりに

2019年度の年間テーマは「働き方」ということで、今回20代の働き方と戦略を紹介しました。

次回は「30代」の働き方です。

これは今の僕自身にも当てはまるわけで、2019年9月で40歳になりますが、「色々あったなぁ」というのが正直な感想……。

30代は色んなことがある

これはほぼ万人に共通することでしょう。

次回の講師をつとめる、パパンダさんもその一人です。

  • 男性として育休を取得した
  • その後、ブログ記事で体験談を書いたらバズった
  • 退職後フリーになり、WEBライターを始めた

「これらの行動の根底には何があったのか?」、次回はそんな話です。

是非遊びに来てください。

参加者のレポート記事

参加者のレポート記事を紹介します。

講師

参加者

運営メンバー

あわせて読みたい

SPONSORED LINK