道重さゆみのモーニング娘。卒業発表。改めて感じる深いグループ愛と組織マネジメント

ついにこの日がやってきた。それは、

道重さゆみのモーニング娘。卒業

本日行われた、山口県・周南市文化会館のコンサートでの発表だ。在籍期間10年以上、次の卒業者が道重さゆみなのは誰がどう考えても分かっていた事。なので、関心は「その日がいつか」だけだった。

モーニング娘。メンバーの卒業は通常春ツアーで行われる事が多い。なので、今年の春ツアーで無かったことから、今年はないかなぁと思っていた人が多いと思う。僕もそうだ。

ところが内容としては今年の秋ツアーで卒業という事で、サプライズだったが内容を聞いてみるとある意味納得できる部分も多い。そこに現れているのは道重さゆみのモーニング娘。愛だ。

現在のモーニング娘。

今年はモーニング娘。’14として活動しており、シングルは5作連続で1位を獲得。フォーメーションダンスという新たな代名詞といえる武器もある。現在最強のアイドルであるAKB48を超えるほどでは無いが、勢いがあるのは事実。

僕の妻も何故かモーニング娘。にはまってしまったが、その理由ってやはりパフォーマンス力なんだなぁと思う。アイドル好きの旦那がいるため情報は得やすい環境にあったにせよ、あまり興味の無かった人を振り向かせる魅力が、今のモーニング娘。にある事は間違いない。

その中心にメンバーの1人は道重さゆみ。
だからこそ、卒業は今じゃないんじゃないって事はちょっと感じる。

勢いがある時に卒業する理由

卒業にあたりつんく♂から発表されたコメントの中に、以下のような言葉がある。

彼女曰く「『よし!私、今日もかわいいぞ!』というコメントがギャグ化する前に、リアルにかわいいうちに卒業したいんです。」と。
そして「グループが盛り上がってきている『今』卒業したいんです。」という彼女なりの美学もありました

引用元:つんく♂オフィシャルサイト

これが全てなんだろうなと。
そして、この事から改めて道重さゆみの深いモーニング娘。愛を感じる。

近年のモーニング娘。が目標に掲げていることの1つに「紅白出場」がある。
今年はこのまま行けば紅白にも出られたかもしれない。僕が今の娘。に唯一不足してると思う、現世代の代表曲も生まれるかもしれない。

そんな時になぜ?

まあ、そう思いますよね。芸能界という世界を僕は当然詳しく知らないが、目立ってなんぼの世界であると思う。例えば紅白にしても今年出られたら、功績は大きいと多くの人が思うだろう。自分だけの事を考えたら、今のタイミングで卒業するのはマイナスだ。

ただ、モーニング娘。というグループの未来を考えたら少し話は変わる。
今後の方向性をある程度示した上で、勢いがあり復活なんて言われる今こそ次世代に譲る、という考え方は組織マネジメントとして考えたらありだ。というか、理想的とすら思う。

そこには、現在のモーニング娘。における道重リーダーの存在感の大きさと、栄枯盛衰の全てを見たメンバーならではの判断があるように思う。

モーニング娘。のリーダー

かつてのリーダーと道重リーダーの大きく違うところは、いわゆるリーダーとして精神的支柱であると同時に、対外的な広報担当でもあったことだ。

必ずしも全てがそうじゃないがかつてのリーダーは、安倍なつみと中澤裕子・飯田圭織。久住小春と吉澤ひとみ・高橋愛なんて感じで、対外的に目立つメンバーと内部の中心メンバーは光と影みたいに別だった。

それに対して今のモーニング娘。って道重さゆみがその全てを担っている。存在感が大きいが故に、逆にいなくなった時(=卒業)の反動が大きいとも言える。

アイドルというのは必ず栄枯盛衰がある。衰退している時に中心メンバーが抜けるのって凄くでかいんですよ。2005年あたりのモーニング娘。はまさにそれ。

下降線に入ったとは言えまだ全盛期の勢いが残る時期にモーニング娘。に加入し、その後の衰退と停滞期。そして、再び注目を浴びるようになった今と、栄枯盛衰の全てを見てきた道重リーダーだからこその決断とも思える。

終わりに

道重さゆみの卒業はかつての中澤裕子卒業みたいな、インパクトがある。

多分僕のように古いファン方がそういう傾向が強いと思うが、歴史の長いモーニング娘。は昔と今を繋げるメンバーの存在が大きい。それは、グループにとってもファンにとっても。

そして、僕にとってもかつて熱心に応援していた時代(2000年〜2005年くらい)に在籍していた、最後のメンバーの卒業だ。多分、1年前ならますます興味が無くなっていたと思う。

だが、幸か不幸か今月久しぶりにモーニング娘。のコンサートを見て、かつてのモーニング娘。を超えるパフォーマンスと、いわゆる娘。イズム的なものはちゃんと受け継がれているんだなぁと感じた。なので、道重さゆみ卒業後の事はそんなに心配していない。

ただ、やっぱ寂しい!!!w
6期ではえりりんこと亀井絵里派だったし、今も昔も道重さゆみってそんなに好きだったわけじゃない。さゆみんなんて恥ずかしくていった事もない(えりりんは何回言ったか分からないw)。

でも、好きとか嫌いとかを超える存在なので、ただただありがとうと言いたい。在籍期間は残り約半年。もう1度くらい見にいきたいなぁ、、、

てか、卒業コンサ行かなきゃいけない気がする、、、これを見なかったら後悔する気がするなぁ。

以下、卒業発表コメントの引用。

私、道重さゆみは、今年2014年のモーニング娘。’14の秋ツアーの最終日をもって、モーニング娘。を卒業します。

私は、約二年前にリーダーになった時から「モーニング娘。に恩返しがしたい」と言ってきました。

そんな中、私の力だけではないですが、シングルで5作連続1位をいただけたり、いろんな活動を通して、少しずつ、少しずつ、恩返しができたかな、と感じています。

そこで、つんく♂さんや事務所の方と相談して、今年の秋ツアーのタイミングで卒業という事にさせていただきました。

ですが、まだまだ時間はあるし、もっともっと後輩たちに伝えたい事や、みせたいと思っている事もあります。
ファンのみなさまとも、たくさんの思い出を作りたいと思っています。

そして、ここからが本当の「恩返し」だと思っています。
超超超いい感じのモーニング娘。に仕上げてから卒業し、次の世代にバトンタッチしたいと思っています。

秋までよろしくお願い致します。

2014年4月29日
モーニング娘。’14 リーダー
道重さゆみ

皆様こんにちは、つんく♂です。
現在も仕事のペース配分をしつつ療養させて頂いております。
さて、早速ですが、本日モーニング娘。’14の山口県は周南市文化会館でのコンサート中に本人から発表がありましたように、6期メンバーで現リーダーの「道重さゆみ」が2014年の秋のツアーいっぱいで卒業いたします。

彼女はモーニング娘。の歴史の中で「4118日」(2014年4月29日現在)と、このグループに一番長く在籍してきました。
そして、リーダーとしてもメンバーとしても過去に無い「シングル曲5作連続初登場1位」という記録にも立ち会いました。

6期メンバーは超全盛期もアイドリング期も両方を経験してきた貴重な存在。
そこからのV字回復でリーダーになってからも、いろんな意味で活躍してきてくれました。

確かにグループとしては、9期以降の若手ばかりになるので、少々以上の不安もあります。そして、きっとまもなく入ってくるだろう新メンバーにも教えてやってほしい事もたくさんあります。
しかし、彼女曰く「『よし!私、今日もかわいいぞ!』というコメントがギャグ化する前に、リアルにかわいいうちに卒業したいんです。」と。
そして「グループが盛り上がってきている『今』卒業したいんです。」という彼女なりの美学もありました。

こういうロックな考え方は私的にもすごく大好きで、実際は2年近く今後どうしていくか話しあってきました。
結果、いろんな記録も更新している中、今年が道重にとって一番ベストな卒業タイミングであると思い、この秋の卒業を決定しました。

本人の意思もあり、メンバーにはコンサートステージ上でいきなりの発表ではなく、公表前にメンバーに直接話がしたいということで昨夜伝え、そして、ファンの皆様には地元山口県から発信したいというのもあって、本日のライブ中に発表することとなりました。

卒業までそんなにたっぷり時間があるわけではありませんが、短いわけでもありません。

ここまで作ってきた伝説以上の伝説が残せるようなモーニング娘。に仕上げて、卒業していくこととなるよう、皆様もどうか彼女の卒業までさらなる応援の程、よろしくお願いします!

追伸、
そんな道重リーダーのモーニング娘。’14のメンバーになってみたい方、現在メンバー募集中です!まだ間に合いますよ!
ぜひご参加ください!待ってます!

2014年4月29日
モーニング娘。’14プロデューサー
つんく♂
引用元:公式サイト

↓道重リーダーの存在感が抜群のツアー

SPONSORED LINK

ハロプロに関するお勧め記事

SPONSORED LINK