SIMロック解除するならdocomoのスマホがお勧め。2回目以降の解除条件が緩和して最も使いやすいキャリアとなりました

docomo
SPONSORED LINK

2015年5月から遂に全キャリアで開始した、「SIMロック」解除対応。

従来docomoだけが一部端末を対象に有償で対応していたSIMロック解除が、総務省の指導に基づき全キャリア、全端末で可能になるという施策。

この施策に関しては、購入から6ヶ月を経過しなければ解除出来ない、キャリアによっては契約者本人しかできないなど、制限も多かったのだが、この制限の一部を緩和することがdocomoから発表された。

正直一般ユーザーの目から見てもSIMロック解除を、一切の制限無く対応するのは難しいと思うので、この辺が「落とし所」かなと感じる内容だ。

docomoのSIMロック解除については、以下の記事で詳しくまとめています。

【docomo】SIMロック解除の手続き方法。料金・手順など疑問点をまとめました

2016.05.12

SPONSORED LINK

2015年5月の制度開始時点のSIMロック解除対応の概要

キャリアとしては正直やりたくないSIMロック解除。お上(総務省)の指導で渋々対応しているのはユーザーの目から見ても明らかだった。

SIMロック解除で一番恩恵を受ける端末はiPhone。だから、キャリアはこれまでの方針を変えて自社のサービスや通信に最適化した、ガチガチのAndroidスマートフォンを再び訴求するようになってきた。

SIMロック解除の義務化とAndroid端末の関係とは。SIMフリー化で最も便利になるiPhone・iPadの今後を考える

2015.06.29

その結果出てきたSIMロック解除対応は、概要としては以下のようなもの。

  • 2015年5月以降に「発売」した携帯電話・スマートフォン・タブレット
  • 購入から6ヶ月以上経過した場合に、SIMロック解除に応じる
  • 基本的に購入者(契約者)しかSIMロック解除は出来ない(auは現時点では可能と言われている)

正直条件が多い。そして、この中で特にキツかったのが「購入から6ヶ月以上経過した場合」という条件だ。

SIMロック解除をする事で一番メリットを受けるのは、海外渡航時に現地のSIMを契約して、国内で使用しているスマートフォンで使用できるようになることだが、「6ヶ月」という条件が邪魔をしていた。使いたい時解除できなかったら、この制度の意味が無い。

ただ、一方で転売対策という真っ当な理由もあるため、これを一概に否定することも出来なかった。

前回のSIMロック解除から6ヶ月以上経過していたら、解除可能となる

と言うわけで、docomoが「落とし所」として発表したのは「前回の」SIMロック解除から6ヶ月経過していれば、解除可能というもの。

これのポイントは以下だ。

  • 新規・MNPユーザーは、従来通り例外なく6ヶ月経過しなければ解除出来ない
  • 「前回のSIMロック解除」とは2015年5月より前に購入した端末の、SIMロック解除を含む
  • 「前回のSIMロック解除」から6ヶ月以上経過していれば、機種変更での購入直後でもSIMロック解除可能
  • SIMロック解除履歴のカウントは、契約者ベースではなく回線ベース

要するに契約から6ヶ月経過し、「ある程度信頼できる客」と認定されたら、制限は緩めてあげるよって話だ。

「前回のSIMロック解除」に込められた罠とメリット

一見良い施策にも思えるが、実は罠もある。

従来は2015年6月1日に購入した端末は、例外なく2015年12月2日以降でないとSIMロック解除できなかった。今回の変更で、2015年6月1日に「機種変更」で購入した端末で、SIMロック解除を2014年12月31日までに行っていた場合、購入したその日にSIMロック解除が可能となる。仮に3月1日にSIMロックを解除していたら、9月2日以降解除が可能となる。

問題は「前回のSIMロック解除」の部分。
こんなことをやった人が、今までどれだけいるんだって話だ。ちなみに2014年4月以前のSIMロック解除件数は、年間でも12万件程度だったという。

docomoユーザーは5000万契約ほどある。比率にすれば1%程度しかいないわけで、実はメリットを享受できるユーザーは実はそれほどいない。

僕なんかそうだが、制度としては知っていても、SIMロック解除をやったことが無いと言う人は多いし、そもそもこんな制度を知らない人ももっと多い。

ただ、これはあくまでも「初回」の話。
1度でも実績ができるとこの制度変更は大きなメリットがある。

今の携帯は通常2年契約なので、2015年6月1日に購入した端末を、2015年12月2日にSIMロック解除し、2年契約を満了する2017年5月に新たな端末を「機種変更」で購入すれば、前回から半年以上経過しているため、購入直後にSIMロック解除可能となる。

終わりに

というわけで、ないよりはいいし、今後SIMロック解除する人が激増する中で(WEBでやれば無料なので)、この制度変更は長い目で見ると多くのユーザーにとってメリットがある。

機種変更で購入する際の「初回SIMロック解除」はもうちょっと緩和して欲しいとは思うが、まあこの辺が落とし所だとも思う。

できればこの変更は、他のキャリアも追随して欲しいがさてどうなるだろうか。

【docomo】SIMロック解除の手続き方法。料金・手順など疑問点をまとめました

2016.05.12

SIMフリースマホに関する記事

SIMフリー端末は、Android、iPhoneともにメーカー直販で販売されることが多いです。

定番は、Appleストアで購入するSIMフリー版iPhoneですが、現在ではキャリアで購入しても、SIMロック解除することで、SIMフリー化が可能です。

携帯・スマホのSIMロック解除とSIMフリーとはどういう意味?利用者にとってのメリットを解説します

2015.12.12

海外版のSIMフリーiPhone 6s・iPad Air/miniを購入するメリット・注意点とは。価格差より大きなメリットは「シャッター音を消す機能」

2015.11.02

アメリカで海外版SIMフリーiPhoneを購入。技適やシャッター音など国内版との違いをチェック

2016.03.31

【Android】グローバル版スマホXperia(E5823)の欠点。「シャッター音を消す機能」は日本で使えません

2016.08.08

docomo版iPhoneを買います。私がSIMフリー&MVNO(格安SIM)ではなくキャリア版を選択する理由

2015.09.12

SIMロック解除後、格安SIMを契約するなら「UQ mobile」

格安SIMを使うなら、auのサブブランド「UQ mobile」がおすすめです。

SIMのみの契約なら「980円〜」、音声通話込みでも「1,980円〜」で利用できます。

節約だけで格安SIMを選んで大丈夫?主婦/主夫目線で、安さNo.1でない「UQ mobile」を選択した5つの理由

2018.02.15

SIMロック解除まとめと確認方法

SIMロック解除方法は、キャリアや端末(iPhone・Android)によって違います。

その違いや、SIMロック解除後のSIMフリーになったかどうかの確認方法は以下の記事をご覧ください。

【全キャリア対応】SIMロック解除を自分でやる方法は?対象機種・手続・条件・料金のまとめ

2017.12.05

SIMフリーになるとどうなる?iPhoneをSIMロック解除して他社SIMをさしてみた

2017.11.07

SIMフリーのAndroid端末はAPN設定が必要な場合あり!DIGNO Eに他社のSIMをさして通信してみた

2017.11.28

あわせて読みたい

SPONSORED LINK