docomo with対象機種に「iPhone 6s」を追加!サブブランドに対抗するドコモの戦略

docomo withにiPhone 6sが追加 ドコモオンラインショップ
SPONSORED LINK

2017年6月からドコモが開始した、期間の縛りがなく毎月1,500円引きとなる「docomo with」プラン

docomo withで携帯料金は安くなった?日割りの適用有無・料金明細をまとめてみた

2017.08.30

他の大手キャリア(au、SoftBank)が、安価なスマホや料金プランを、自社が運営するサブブランド(UQ mobile、Y!mobile)で実現するなかで、サブブランドを持たないドコモがとった苦肉の策とも言えた。

端末料金を4万円以下にするという縛りがある中で、提供されるスマホはAndroid中心だ。

  • 日本ではiPhoneユーザーが多い
  • 他社サブブランドは、iPhone 6s・iPhone SEを目玉としている

状況なので、ドコモもiPhone 6sを対象に加えるのでは、と噂にはなっていた。

そして、2018年9月1日からiPhone 6s(32GB)がdocomo with対象スマホに加わることに!

これはかなり大きなインパクトがあると思う。

SPONSORED LINK

docomo withシリーズはAndroid中心

「LG style L-03K」レポート

2017年6月から開始した「docomo with」シリーズは、対象機種を購入することで毎月1,500円引きがずっと継続するというサービスだ。

従来、月々サポートや端末購入サポートなど、2年契約を前提とした端末購入が中心だったが、同じスマホを長く使う人には不公平感があったので、それを解消する目的もあった

ドコモの端末購入サポートとは?月々サポートとの違いを知って機種変更でスマホを安く購入しよう

2017.03.06

だが、「元を取る」と考えた場合、2年〜3年では回収できないと、利用者にとってのメリットが見えづらいため、

端末価格は3万〜4万円のみとなっていた

このため、以下の縛りが発生していた。

  • Android中心
  • Androidのミドルクラス(1年ほど前のスペック)
  • メーカーが限定される

といった感じだ。

周りをみれば分かるが、日本では圧倒的にiPhoneユーザーが多い。

UQ mobile・Y!mobileも基本的にAndroid中心で売り込んでいるが、目玉スマホはiPhoneとなっており、iPhoneの商品価値はまだまだ高い

今回それが実現したわけで、ドコモとしては悲願と言えるのかもしれない。

docomo with「Galaxy Feel SC-04J」を買ってみた。ずっと1500円割引なiPhoneそっくりスマホ

2017.06.24

スマホの機種変更が面倒なら永年割引の「docomo with」を導入しよう。中古・格安スマホへ移行してもお得です!

2018.07.06

docomo with「iPhone 6s」の価格と元を取る方法

iPhone 6s

docomo with「iPhone 6s」は、

  • ストレージが「32GB」のみ
  • iPhone 6s Plusは対象外

という感じで、モデルが限定されている。

docomo withのiPhone 6s販売価格

販売価格は「42,768円」だ。

docomo withでは2年縛りなどの考えや割引はないため、分割払い・一括払いの違いはあっても、均一価格となっている。

docomo withで割引されるのは毎月「1,620円(税込)」だ。

このため、

27ヶ月(2年3ヶ月)以上保有し続けると得になる

2年弱という期間は、2018年現在のスマホ寿命を考えたら、十分な期間だろう。

実際iPhone 6sは、2015年9月に発売したスマホだ。docomo with対象機種になる、2018年9月時点で発売から3年経過したスマホということになる。

2015年9月の発売時は10万円程した

参考までに2015年9月の発売当時、同じドコモで購入すると「約10万円」だった
相当安くなっていることは分かるかと思う。

2018年9月に購入すると、元をとる頃には、発売から5年以上経過することになるが、普通に使うには十分な性能と思われる。

格安SIMの人気機種「iPhone 6s」の評価とおすすめポイントは?メリット・デメリットのまとめ

2015.12.26

iPhone 6sは発売から3年以上経過しても「十分使える」

3年前の機種を、4万円も払って購入することに抵抗がある方もいるかもしれない。

だが、2018年時点で僕もiPhone 6sを持っているが、普通に使う分には遅いと感じることはない

普通というのは、

  • WEBを見る
  • Twitter・FacebookなどSNSチェック
  • メール、LINEなどのコミュニケーション
  • Evernoteなど一般的なアプリの利用

あたりでの利用を想定している。
さすがに、高度なグラフィック表示を行うゲームや、カメラ性能という意味では、最新モデルと比較すれば見劣りする。

特にカメラに関して言うと、iPhone 6sの後継モデルに当たる、iPhone 7以降はデュアルカメラを搭載しており大幅に画質が向上している(Plus系とiPhone Xのみ)。

スマホはカメラがメインという人も多いと思うので、その辺りはトレードオフになることは覚悟して欲しい。

だが、画質的に大きく見劣りすることはないと思う。

iPhoneのデュアルカメラの使い方は?「ポートレートモード」の仕組みと作例を解説

2018.04.14

HUAWEI nova 2 カメラレビュー。デュアルカメラの画質をiPhone 6s・iPhone Xポートレートモードと比較したよ

2018.05.02

終わりに

docomo withにiPhone 6sが追加

ドコモはサブブランドを作らないのか?

という話は頻繁に出てきていたし、個人的には「docomo with」が実質的にその位置付けだと僕は思っていたが、これで答えが出た気がする。

ドコモはサブブランドを作らない

ドコモの本音としては、iPhone Xなど最新モデルを売りたいだろうし、Appleとしても同じ思いだろう。

だが、スマートフォンの進化も一段落して、価格が高い最新モデルを求める人ばかりではなくなってきた

敢えて、廉価版を作るよりは、かつての最新モデルを値下げして販売する方が、色々効率的なんだろうなと感じた。

2015年最新モデルが、3年経ってもまだ普通に使えて、しかも売れるというのがすごい話で、iPhoneの底力を見た気がする。

スマホは3年ほど使いつづけるけど、とにかくiPhoneがいい!

という方には、最適な選択肢になるかと思う。

ちなみに、購入は手数料や頭金が発生しない、ドコモオンラインショップでの購入が圧倒的にお得なので、是非利用して欲しい。

格安SIMの人気機種「iPhone 6s」の評価とおすすめポイントは?メリット・デメリットのまとめ

2015.12.26

通話定額なしで980円。ドコモ「シンプルプラン」の他社にないメリットとしたたかさ

2017.05.06

docomo withで携帯料金は安くなった?日割りの適用有無・料金明細をまとめてみた

2017.08.30

docomoユーザー必携!dカード GOLD

docomoユーザーなら利用料金の10%がポイント還元される、「dカード GOLD」の契約をおすすめします。
詳しくは以下の記事をごらんください。

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元で年会費の元がとれます

2016.08.22

ドコモカテゴリートップ

20年以上ドコモを契約している管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、ドコモカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

あわせて読みたい

SPONSORED LINK