iPhone 12シリーズ発表!詳しくはこちら

楽天モバイルオリジナルスマホ「Rakuten Mini」レビュー。軽くてコンパクトは正義?試してみた

rakuten Miniレビュー
SPONSORED LINK

2020年4月に第4のキャリアとして、目玉プラン「UN-LIMIT」を引っ提げてサービス開始した「楽天モバイル」。

楽天モバイルが販売するスマホは、AQUOS・Galaxy・OPPOなど大手キャリア・格安SIMも取り扱っているスマホが大多数

そんな中、2020年12月現在唯一販売されている、楽天モバイル限定のオリジナルモデルが「Rakuten Mini」。

  • 世界最小、最軽量
  • eSIM対応
  • おサイフケータイ(Google Pay)対応

これらが目玉といえるスマホだが、「サブスマホ」として気になっている方が多いかと思う。

チー
ポケットに忍ばせる、「おサイフスマホ」として使うと便利かも

SPONSORED LINK

Rakuten Miniの概要

Rakuten Mini

Rakuten Mini」は、2020年1月23日にMNO楽天モバイル向けのオリジナルスマホとして発売された

MNO楽天モバイルサービス開始

格安SIMと携帯キャリア(MNO)の「楽天モバイル」は何が違う?既存ユーザーの扱いは?違いと移行方法をまとめてみた

世界最小、最軽量

これが最大の特徴。

「コンパクトさ」をアピールしているため、端末スペックとしては高くないし、価格も定価「17,000円(税別)」と安く抑えられている

今回僕は2020年6月17日まで行われていた、「Rakuten Mini本体代が1円キャンペーン」で購入した友人が、本体を貸してくれたのでレビューすることにした。

キャンペーンは2020年6月17日で終了しました

スペック概要としては以下の通り。

ディスプレイ約3.6インチ(液晶)
バッテリー容量1,250mAh
プロセッサSnapdragon 439
内蔵メモリ(RAM)3GB
内蔵メモリ(ROM)32GB
アウトカメラ広角:1,600万画素
インカメラ500万画素
テレビ機能×
おサイフケータイ
急速充電×
ワイヤレス充電×
サイズ106.2(高さ) × 約53.4(幅) × 約8.6(厚み) mm
重量79g

販売価格は「17,000円(税別)」。

スペック的に特筆する点はないのだが、とにかく軽くて、このクラスとしては珍しく「おサイフケータイ」に対応していることが魅力といえる

\ 軽い!わずか「79g」! /

Rakuten Miniをチェック

技適問題は?購入したモデルは「LTE BAND 1」非対応の最新版

誤った技適認証番号

Rakuten Mini」は技適問題で世間を賑わせている。

簡単に解説すると、スマホを含む無線機器を日本国内で販売する場合、総務省の認可を受けて、技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)を表示する義務がある。

無線通信の利用用途は国毎に異なるため、統制をとる必要があるためだ。

Rakuten Mini」ももちろん認可を受けているのだが、認可後に使用する周波数を変更し、変更前に受けた技適マークをそのまま表示していた

現在は再認可を受けています

特にスマホにおける「技適問題」については、そもそも制度としてどうなのかという議論はあるが、ルールはルール。

実際海外メーカーのスマホではこういう事例は珍しくないそうだが、日本の携帯キャリアが販売するスマホで、ルール違反を犯したのが前代未聞だった

対応する周波数などは、以下のページをご覧いただきたいが、「Rakuten Mini」は大きくわけて3モデル存在する。

  1. 製造番号(IMEI)351676110356708以前
  2. 製造番号(IMEI)351676110356716~351676110680487
  3. 製造番号(IMEI)351676110682491以降

僕がレビューしているのは、3番のモデルに該当する最新モデルで、表示される技適マークの認証番号が誤っているモデル

製造番号 誤った技適認証番号

日本においては、全キャリア対応している「LTE Band 1(2.1GHz帯)」が使えないのは痛いが、そもそも他社回線で使うあてもないので、大きな問題にはならない。

チー
そのうちソフトウェアアップデートで修正されるらしいので放置

開封レポート

パッケージ Rakuten Miniパッケージ

簡単な開封レポートを。

意外と(?)といっては失礼かもしれないが、価格の割に上質なパッケージ

開封

蓋を開けると、本体がドーンとお目見え。

同梱品

同梱品は以下。

Rakuten Miniの同梱品
  • 本体
  • ACアダプター
  • USB Type-Cケーブル
  • 3.5mmイヤホン変換アダプター
  • ユーザーガイド

近年のAndroidスマホは、10万円ほどするハイスペックモデルでも、USBケーブルや充電器を同梱しないモデルが多い

しかし、Rakuten Miniは1万円台で購入できるスマホなのに、充電器・ケーブルなどアクセサリを全て同梱していくれているのは嬉しいポイント。

チー
初めてスマホを購入する「初心者」にも優しい作りにしたんだろうな
本体前面 Rakuten Mini裏面

本体をチェック。
「Rマーク」が新鮮(笑)

四方からチェックしてみる。

上部 下部

充電端子は「USB-Type C(USB-C)」を採用している。

左側面 右側面

ボタン類は右側に集約されている。

シングルカメラ

カメラは「シングルカメラ」。

生体認証については「顔認証」に対応している。

手のひらに収まるコンパクトさ

手のひらに収まるコンパクトさが最大の特徴。

各種スマホと比較
左から以下
・Rakuten Mini
・iPhone SE 第2世代
・iPhone 11 Pro
・AQUOS R5G

iPhone 11 Pro」など手持ちのスマホと比較すると、どれほど小さいかが分かると思う。

チー
ビックリするくらい小さくて軽い!
\ 軽い!わずか「79g」! /

Rakuten Miniをチェック

「Rakuten Mini」のここが凄い!

Rakuten mini レビュー

以降は僕の感想を中心に紹介しようと思う。

コンパクトさを追求した「ニッチなモデル」なので、普通のスマホと比較したらツッコミどころが多すぎるし、スペック比較に意味はない

それでも、僕が触ってみて「Rakuten Mini」の良いなと思ったポイントは、以下の2点だ。

Rakuten Miniのよいところ
  • とにかく軽い
  • おサイフケータイ(Google Pay)に対応

とにかく軽い

手のひらに収まるコンパクトさ

Rakuten Mini」の重量はわずか「79g」

今どきは200グラムを超えるスマホも珍しくないので、とにかく軽い。

軽い以外の感想が思い浮かばないが、「Mini」の名は伊達じゃない。

\ 軽い!わずか「79g」! /

Rakuten Miniをチェック

おサイフケータイ(Google Pay)に対応

おサイフケータイ対応

軽量コンパクトかつ安価なスマホは、多くの機能が削られる。

この辺りはよく削られる機能。

急速充電には非対応

2019年以降のスマホは、「18W程度」の急速充電にほぼ対応しているが、Rakuten Miniは従来通り「5W」

ある程度割り切られているわけだが、「おサイフケータイ(Google Pay)」を残していることには驚いた

スマホより、複数枚のカードが収納できる「キャッシュレス決済専用端末」として使う用途を意識しているのかなと感じる。

Google Pay

日本版Google Payってなに?Pixelしか使えない?おサイフケータイやApple Payと何が違うのかを比較してみた

\ 軽い!わずか「79g」! /

Rakuten Miniをチェック

「Rakuten Mini」のここがイマイチ

Rakuten mini レビュー

Rakuten Mini」を使って、イマイチと感じた点ももちろんある。

ただ、画面が小さい・処理スピードが遅いなど「スペック批判」は割愛する

感じたことをまとめると、以下のような感じだ。

AQUOS R5Gのイマイチなところ
  • eSIM対応で汎用性が低く、SIM差し替えで手数料が発生する
  • 「コンパクトなスマホ」の使いどころが見えない

eSIM対応で汎用性が低く、SIM差し替えで手数料が発生する

SIM差し替えで手数料が発生する

Rakuten Mini」は物理的なSIMカードではなく、「eSIM」という仕組みで通信契約情報を判定している。

「SIMカードを挿す」という操作が不要なことはメリットだが、日本では楽天モバイルIIJmio以外はeSIM導入に積極的でないため、サービスの認知度が低い

このため、どうしても僕のような「ガジェットに詳しい人向け」なスマホになってしまう。

というのも、eSIM最大のデメリットは、機種変更など利用端末を変更する作業の繁雑さ

物理的なSIMカードの場合、SIMロックという別の問題が発生するケースはあるが、基本的にはカードを差し替えれば、別のスマホですぐに使える

SIM差し替えで手数料が発生する

しかし、eSIMの場合、「SIM再発行手続き」が必要になる上、しかも「3,000円(税別)」と有料

料金そのものは、他社と比較しても「普通」なのだが、SIMを差し替えるたびに手数料が発生するのは面倒といわざるを得ない……。

チー
eSIMが日本で普及するのは、まだまだ時間がかかるかな……。

eSIM(イーシム)とはどんなもの?日本国内で使える?Apple Watch・iPhoneで使ってわかったことを徹底解説

「コンパクトなスマホ」の使いどころが見えない

手のひらに収まるコンパクトさ

Rakuten Mini」はその名の通り、コンパクトなスマホ。

しかし、2020年現在のスマホは6インチ程度のディスプレイを搭載するのが主流だ。

スペック比較は無意味だが、「コンパクトなスマホ」の使いどころが見当たらない。

僕のような「ガジェットオタク」は、「サブスマホ」として使う用途もあるだろう。ただ、この地点で利用用途として、ずれているとも思う。

確かにコンパクトだが、これを「メインスマホ」として使う時、何がメリットになるのか僕には分からないのが難しいところ……

結局ところ、「安く買えるからお試しで」という感じで買っている人が多いように感じる。

\ 軽い!わずか「79g」! /

Rakuten Miniをチェック

終わりに

Rakuten mini レビュー

楽天モバイル初のオリジナルモデル「Rakuten Mini」は、安価なわりに必要な機能は押さえており、思った以上に使える。

ただ、スマホも含めて「大画面でリッチな情報表示」が当たり前になってきた現在、小さなスマホの強みを活かすシーンがどれだけあるのかが僕にはちょっと見えなかった。

電話したり、メッセージを見る程度

という方には、ポケットに収まるスマホとして便利なのではないかと感じた。

\ 軽い!わずか「79g」! /

Rakuten Miniをチェック

第4のキャリア「楽天モバイル」はお得?

2020年4月に、第4のキャリアとして登場した「楽天モバイル」は以下のような特徴があります。

楽天モバイルの特徴
  1. 料金プランは「UN-LIMIT」1種類
  2. 1年間は無料
  3. 楽天エリアはデータ無制限、パートナーエリアは月5GBまで無料
  4. Androidなら国内通話・SMS・留守番電話オプションが無料
MNO楽天モバイルサービス開始

格安SIMと携帯キャリア(MNO)の「楽天モバイル」は何が違う?既存ユーザーの扱いは?違いと移行方法をまとめてみた

ゆりちぇる
楽天モバイルは「1年間無料」がとにかく凄い!
楽天モバイルの最新キャンペーン
  1. Rakuten UN-LIMIT Vプラン料金1年間無料キャンペーン
    プラン料金2,980円/月が先着300万名対象で1年間無料!
  2. Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みでだれでも8,000ポイントもらえるキャンペーン
    SIMのみの乗り換えで、8,000ポイント還元!
  3. Rakuten UN-LIMIT V+製品購入でポイント還元キャンペーン
    「Rakuten UN-LIMIT V」の申込みと対象スマホ購入で最大20,000ポイント還元!
\ プラン料金2,980円が1年無料! /

楽天モバイルをチェック

楽天モバイル ゆりちぇるアイキャッチ

【2020年11月最新】最大5万以上もおトクになる!?楽天モバイルのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって契約した、通信サービスを紹介しています。
契約している通信サービス

インターネット無しでは仕事も生活も出来ません。こだわって決めた、おすすめのモバイル・固定回線サービス一覧【2020年11月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!