「Xperia Tablet Z」を触って感じた、手に馴染むiPadの魅力

先週の事だが家電量販店に行った時、「Xperia Tablet Z」のモックがあったので触ってみた。
「Xperia Tablet Z」は前評判も高く、もはやiPadが勝るところはないんじゃないかと思うくらい完成度も高そうで、購入しようかと悩んでいた。

「Xperia Tablet Z」が注目される中、次期iPadの発売はやはり夏以降なのか


確かに質感は高かった。だけどどうしても気になる事があった。それは手に持った時に感触だ。

「Xperia Tablet Z」の魅力

何と言っても薄くて軽い!
IMG_0594
IMG_0597
持ち上げた瞬間の軽さにまずは驚いた。
初代iPadを初めて触った時の印象って、見た目は軽そうなのに持ち上げると意外に重いというものだった。「Xperia Tablet Z」はその逆で、見た目よりもずっと軽く感じる。そして、薄い。まるで板のようだ。
画面も非常に美しくて、Retinaディスプレイほどではないが全く気にならないレベル。

IMG_0595
IMG_0596
また、ちょっと驚いたのが横向きにした時のアイコン配置。
まるでWindowsのタスクバーのように左下にメニュー表示ボタン、右下に時計やバッテリー残量などのシステムアイコンが並んでいる。Windowsユーザーには親しみ安い画面構成かもしれない。

「Xperia Tablet Z」の欠点

これはかなり主観が入るが、薄くて軽くてまるで板のようであるが故に気になったことがある。それは、特に裏面の角。手に持ってもその角が引っかかる感じがして、若干持ちにくい。

横向きで立てかけるようなクレイドルがあるように、「Xperia Tablet Z」はデジタルフォトフレームや動画ビューアーとして使う事も想定していると思われ、そういう場合にはいい。ただ、手に持つとどうしても違和感を感じてしまうのだ。

iPadの魅力を再認識

最初iPadも似たようなもんだろうと思った。なのでその後iPadを触ってみたが、そんなことはなかった。何のことはない、iPadの裏面は角が丸く加工されている。それによって手に引っかかる感じもなく持ちやすかった。ちなみにAndroidでもNexus 7も同様の作りだった。

「Xperia Tablet Z」はデザイン性をかなり重視している端末というのは、見ただけでもよく分かる。ただ、これを長く使うかと言えばそうならないような気がしてしまった。ただ、どうしても気になるのはiPadの圧倒的な重さ。薄さはともかく、重さだけは次期モデルで本当にどうにかして欲しい。

ちなみに「Xperia Tablet Z」は嫁も一緒に見ていたのだが、これだったらiPadの方がいいという話で、我が家のタブレット計画はやはり次期iPad狙いという事に決まったw

SPONSORED LINK