運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

Apple Pencilに対応した低価格な第6世代iPadが登場。子供の教育アイテムとして注目

第6世代iPad
SPONSORED LINK

2018年3月27日(日本時間は28日)にAppleが教育向けイベントを開催した

例年この時期は、iPadの新モデルが発表されることが多いので、内容はiPad関連と予想されていた。

そして、発表された製品は、

第6世代iPad(2017年3月に発売された低価格なiPadの後継モデル)

ということで、大きな話題になるレベルの製品ではないが、

Apple Pencil対応

が目玉の、よく考えられた製品だと感じた。

簡単に紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

第6世代iPadの概要

第6世代iPad

今回Appleが発表したiPadは、2017年3月から発売されている低価格なiPad(第5世代)の後継モデルとなる。

基本的なスペックに差はないが、

Apple Pencilに対応

これが最大のトピックだ。
もう1点、チップが「A10 Fusion + M10」にアップグレードされたというトピックはあるが、それ以外は何も変わらない。

  • Wi-Fiモデルは37,800円(32GB)〜
  • ストレージは、32GBと128GBのみ
  • 反射防止コーティングは『なし』
  • Smart Keyboardに『非対応』

あたりは従来モデルと同様となる。

10.5インチiPad Pro・第5世代iPadとの比較

iPad Pro10.5インチdocomo版
iPad Pro10.5インチdocomo版

僕が気になる部分だけをピックアップして、機能比較してみる。

対象は以下。

機能名 iPad Pro 10.5inch iPad(第6世代) iPad(第5世代)
チップ(CPU) A10X/M10 A10/M10 A9/M8
リアカメラ 1200万/ƒ1.8 800万/ƒ2.4 800万/ƒ2.4
フロントカメラ 700万/ƒ2.2 120万/ƒ2.2 120万/ƒ2.2
Apple Pencil ×
Smart Connector × ×
高さ×幅×厚さ 250.6×174.1×6.1 240×169.5×7.5 240×169.5×7.5
重さ(Wi-Fi版) 469g 469g 469g
重さ(LTE版) 477g 478g 478g
価格 69,800円〜 37,800円〜 37,800円〜

こうして見ると、Apple Pencilに対応したことを除いて、ほとんど変わらないんだなぁと思う。

だが、この意味は大きいと個人的に思っている。

低価格iPadのApple Pencil対応は教育用に最適

Appleは教育分野でiPad活用を狙っている

今回のiPadは教育向けのイベントで発表された。

つまり、ターゲットはズバリ、

  • 教育機関での利用
  • 生徒が使う

となる。

iPadなので一番多いのは大学かもしれないが、僕は小学校など初等教育で大きな意味をもつと思っている

僕は今2児の父親だが、子供のお絵かきやICT教育にiPadを使いたいという意思を以前から持っている。

実は、近い将来子供に譲ることを想定して2017年10月にiPad Proを購入したのだが、iPad Proを購入した理由のほとんどはApple Pencil対応だった

自由に書き込めるってすごいことだと思うんですよね。

遊びも勉強もiPadを使えばできる、というのはある意味理にかなっているし、コンピューターに慣れる意味でも最適と考えている。

Smart keyboardには非対応

そして、iPad Proもう1つの目玉機能は、Smart Keyboard対応だと思うが、

  • キーボードを使うならiPad Proをおすすめ
  • さらに使い込むならMacを

という意図も見える。

iPadとApple Pencilを合わせて5万円

このインパクトは結構大きいと思う。

iPad Proおすすめの容量は?

終わりに

Apple Pencil対応はiPadの位置付けを変えるか

iPadはただのデカいiPhone

近年はそういう印象が強かったし、Apple製品に限らず、スマートフォンの大画面化&高性能化でタブレットの存在感は薄くなっていた。

特にAndroidの世界では、タブレットは絶滅間近といっても過言ではないと感じている。

ただ、最近は、

画面が大きい

という特徴を活かしたアプローチが増えて来ていると感じていて、市場規模としては大きくないが、ようやく差別化に成功してきている印象がある。

Apple Pencilを使った、手書きノートとしてのiPad

は僕自身も使っていて確かに便利で、これは大画面ならではの利便性だ。

  • iPad Proはさすがに高い
  • キーボードは不要
  • Apple Pencilを使いたい

という方には最適なモデルになるかと思う。

Apple Pencilは必要か

「iPad」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

Wi-Fi+Cellular版はAppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除できます。

キャリアで購入するなら、契約事務手数料が「無料」のオンラインショップがおすすめ!

取り扱い店舗 Wi-Fi版 Wi-Fi+Cellular版
Apple Store
大手キャリア ×
Amazon ×
家電量販店 ×
チー
2020年9月18日に第8世代iPadが発売しました。第7世代は在庫処分モードですが、僕は第8世代をおすすめします!
iPad 第8世代発表

iPadのデータSIMは1年間無料の「楽天モバイル」

楽天モバイル

チー
Cellular版iPadのデータSIMは、1年間無料でauエリアが使えて、設定も簡単な「楽天モバイル」がおすすめ!
\ 1GBまでなら無料 /

楽天モバイルをチェック

iPadには楽天モバイルがおすすめ

iPadはどのモデルのコスパが高い?

チー
iPadは種類が多いんだけど、どれを買うのが一番いいかなぁ?
ゆうた
iPad仕事術」で推奨するのは、「Wi-Fi+Cellular版のiPad Pro」だけど、一般的には一番売れ筋の「Wi-Fi版第8世代iPad」で十分だと思いますよ

正直ショック受けるくらい、処理スピードに差がない割に、値段はProの半額以下ですからね。
iPad V.S. iPad Pro
チー
無印iPadを買うんだったら、ビックカメラAmazonで買うのが無難かな。

あと、SoftBank・Y!mobileユーザーは条件を満たせば、Yahoo!ショッピングで買うと「最大20%還元」なのでお得!
2021年7月時点のiPad 第8世代 32GB販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗 タイプ 定価(税込) 値引き 実質価格
Apple Store Wi-Fi 38,280円 - 38,280円
Wi-Fi + Cellular 54,780円 - 54,780円
Amazon Wi-Fi 38,280円 383ポイント 37,897円
Wi-Fi + Cellular - - -
ビックカメラ.com Wi-Fi 38,280円 383ポイント 37,897円
Wi-Fi + Cellular 54,780円 548ポイント 54,232円
ドコモオンラインショップ Wi-Fi - - -
Wi-Fi + Cellular 55,440円 - 55,440円
auオンラインショップ Wi-Fi - - -
Wi-Fi + Cellular 57,600円 - 57,600円
SoftBankオンラインショップ Wi-Fi - - -
Wi-Fi + Cellular 54,720円 - 54,720円
iPadはどこで買うのが安い

現役社長ゆうたのiPad仕事術

現役社長ゆうたのiPad仕事術

iPad Proを仕事で使いまくる「ガチiPadユーザー」で、「株式会社松本鉄工 代表取締役」のゆうたさんが、仕事に役立つiPad活用術を紹介する連載記事を、2019年3月から公開しています。

ゆうた
iPadは「でかいiPhone」と思ってませんか?

iPadOSに対応したiPadは、パソコン無しで仕事できるポテンシャルがあります。以下の機能を活用すると、凄く便利になりますよ!
iPad仕事術完全版

iPadのおすすめアクセサリ

ゆうた
iPad仕事術で必須となる、アクセサリは以下です。

あるとないとでは大違いなので、是非合わせて購入してみてください!
iPad仕事術の推奨アクセサリ
\ ガチiPadユーザーのレビュー /

現役社長ゆうたのiPad仕事術を読む

ゆうた
正直iPad仕事術は、文章だけで伝えるのが難しい機能もあるので、操作している様子を撮影して、動画で解説も行ってます。よかったらチャンネル登録しておいてくださいね。
\ 動画でも解説中 /

YouTubeチャンネルをチェック

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!