iPhotoライブラリをネットワークHDD(NAS)に保存する方法

OS X/masOS
SPONSORED LINK

iPhotoライブラリをNASに保存する方法を紹介しようと思う。

基本的にはiTunesと同様なのだが、iPhotoについては若干利用が難しい。

SPONSORED LINK

手順

1.ローカルHDDに保存されているiPhotoライブラリをNASに保存

Macの場合、「ユーザ名/ピクチャ」に保存されているので「iPhoto Library」ファイルを丸ごとコピーする

20110112_1930674.jpg

コピー先はNAS。

20110112_1930675.jpg

2、iPhotoを再起動

iPhotoを一度終了し、「Option」キーを押しながらiPhotoを起動。
すると以下のようなダイアログが表示される。

20110112_1930676.jpg

3、ライブラリファイルを選択

NASにバックアップしたiPhotoライブラリファイルを選択する。
※選択するのは「iPhoto Library」ファイル

20110112_1930676.jpg

これでOK。

終わりに

iPhotoはiTunesと違ってライセンスとかの絡みもないので基本的にはこれでいけるはずだが、大きな問題があってとにかく遅い。サムネイルの表示だけでもえらい時間がかかるし、正直実用には耐えられない。

スピードの速いNASを導入し(家のNASはHDL2-Gというやつで転送速度が遅い)、有線LANならましになりそうだがこのためにNASの買い替えなんてばかばかしいのでできそうにない。

なので、iPhotoライブラリについてはMacBook Airにしてもローカルに保存した方がよさそうな気がする。将来的な増加を踏まえても30GBもあれば十分だろうし、余計なアプリを入れなければ64GBでもなんとかなるかもしれない。

後継モデルが出ないAirMac Time Capsuleは古い?Macユーザーには色褪せない魅力を持つ理由

2014.02.22

MacのTime Machineバックアップにおすすめのハードディスクは?ロジテック製USB3.0 HDD使用レポート

2017.02.07

Macのまとめページ

あわせて読みたい

SPONSORED LINK