Apple Watch Series 6発表!詳しくはこちら

MacBook Pro・Airでディスプレイを閉じたら「スリープ」させたい!「クラムシェルモード」を無効化する方法

クラムシェルモードの無効化
SPONSORED LINK
Y!mobileバナー

2020年3月からメインPCをMac miniから「MacBook Pro 16インチ」に切り替えた。

MacBook Pro16インチで完成した作業環境

MacBook Pro 16インチ 2019購入レポート。専用GPU搭載で4Kディスプレイ3枚への出力も平気!Proならカスタマイズ必須

ただ、大型のノートパソコンなので、基本は持ち歩かず「自宅に据え置き」

  • マウス
  • USBハードディスク
  • 4Kモニタ

など複数の周辺機器を利用しているため、実質的にはデスクトップに近い使い方をしている

僕はフリーランスで自宅作業中心なので、朝から晩までMacを起動しており、スリープなどで終了状態とするのは、長時間の外出と寝るときだけ

この時、僕は「ノートパソコンを閉じる」。
そうすることで、スリープ状態になるのだが、ディスプレイを接続していると都合が悪い……。

チー
クラムシェルモードになってしまうんだよねぇ……。

本来便利な機能だが、僕はいらない。

この記事では、MacBook Pro・Airの「クラムシェルモードを無効化」する方法を紹介しようと思う

SPONSORED LINK

クラムシェルモードとは

クラムシェルモード

「クラムシェルモード」はMac特有の機能というわけでもないが、ノートパソコンの内蔵ディスプレイを閉じた状態で、外付けディスプレイが利用可能となる機能

主に、自宅やオフィスで「デスクトップスタイル」で利用するために使われる機能で、MacBookシリーズは長年この機能に対応している。

  • 東プレリアルフォース」のような、高級キーボードを使いたい
  • マウス・トラックボールを使いたい
  • デスクをスッキリさせたい
  • 1台のパソコンで、モバイルも兼ねたい

という用途に向いており、ハイスペックなMacBook Proユーザで利用する人が多い。

クラムシェルモード

こんな感じでMacBook Proのディスプレイを閉じても、キーボードとマウスを繋げばデスクトップパソコンのように使える。

MacBook Pro・Airのキーボードを使う場合、クラムシェルモードは不要

シザー方式の「Magic Keyboard」

クラムシェルモードは「ディスプレイを閉じた」状態での利用が前提。

つまり、内蔵キーボード・トラックパッドは使えないのだが、使いたい方も多いだろう。

特に、2020年9月現在新品で販売されているMacBookシリーズは、シザー方式の「Magic Keyboard」を搭載しており、これがよくできている

バタフライキーボード」は評判が悪く、外付けキーボードを使う人が多かった。

しかし、

「Magic Keyboard」では、わざわざ外付けキーボードを使うメリットは薄い

というのが、2020年時点における認識。

僕も「Magic Keyboard」に切り替えたくて、「16インチMacBook Pro」を購入したわけで、そうなるとクラムシェルモードはむしろ邪魔になる。

シザー方式の「Magic Keyboard」

MacBook Pro・Airの「Magic Keyboard」は何が変わった?使いやすい?待望のリニューアルで大満足!外付けキーボードはもういらない

「クラムシェルモード」を無効化する方法

クラムシェルモードの無効化

「クラムシェルモード」はデフォルトでは有効化されているのだが、実は「無効化」することが可能

ちょっと面倒なのだが、以下の手順で実施する。

クラムシェルモードの無効化手順
  1. macOS 復元で「macOSユーティリティ」を起動する
  2. ターミナルからコマンドを流す
  3. システム終了後に通常起動する
チー
所要時間としては「10分」程度です

macOS 復元で「macOSユーティリティ」を起動する

macOSユーティリティ

まず、macOSを「システム終了(シャットダウン)」する。

その後、macOS 復元機能を起動する。

Macの電源を入れて、その直後にキーボードの以下のキーを組み合わせて押し続けよう

Command+Rキーを押す
押下するキー
command (⌘) + R
チー
起動画面が表示されたら、手を離してOK!
管理者パスワード

その後、Macの管理者のパスワードを求められることがあるので、入力する。

macOSユーティリティ

「macOSユーティリティ」の画面が表示されたら完了。

ターミナルからコマンドを流す

ターミナルを起動する

その後、左上のメニューから以下を選択する。

メニュー選択
ユーティリティ → ターミナル

ターミナル画面が表示されたら、以下のコマンドを入力する。

入力するコマンド
nvram boot-args=”niog=1″
チー
コピペができないので、一文字も間違わず正確に入力しよう!
コマンドを入力

入力できたら「Enterキー」で確定したら完了だ。

特に実行結果のようなものは返ってこない。

システム終了後に通常起動する

ユーティリティを終了する

ここまでで、クラムシェルモードの無効化は完了。

「macOSユーティリティ」を終了しよう。

カバーを閉じると電源が落ちる

これで、MacBook Proのディスプレイを閉じると、クラムシェルモードではなく「スリープ」するようになる

【注意点】NVRAMリセットを行うと元に戻ります

ちなみに1つ注意をして欲しいのが、Macのメンテナンスとして「NVRAMリセット」を行うと、クラムシェルモードの無効化は解除されてしまう

この場合、再設定が必要になるので注意して欲しい。

終わりに

クラムシェルモードの無効化

というわけで、MacBook Pro・Airのクラムシェルモードを無効化する方法を紹介してみた。

特にMacBook Proを使っている方で、デスクトップPC的な使い方をしている方は、是非試してみて欲しい。

スリープを無効化して快適に利用できる作業環境

MacBook Pro・Airでスリープを無効化し、ディスプレイを開いたらすぐに使えるようにする方法

MacBook Pro/Airは、Appleストアや家電量販店で販売されています。

購入後のカスタマイズは不可能なので、スペック選定は慎重に行ってください。

ノート型のMac
チー
僕は2020年9月現在は、「16インチMacBook Pro」をメイン、「MacBook Air」をサブに使用しています。

2020年モデル以降は評判の悪かった「バタフライキーボード」を廃止し、全てが変わった「Magic Keyboard」を採用しよくできているので、旧モデルはおすすめしません

Macはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
Macは10万円以上する高い買い物だし、「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、特に「dポイント」が使えたりするので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2020年9月時点の「2020年モデルのMacBook Air」販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税込)値引き実質価格
Apple Store256GB115,280円-115,280円
512GB148,280円-148,280円
Amazon256GB115,280円1,153ポイント114,127円
512GB148,280円1,483ポイント146,797円
ビックカメラ.com256GB115,280円5,764ポイント109,516円
512GB148,280円7,414ポイント140,866円
チー
Macの場合、CTO(カスタマイズオーダー)したい人も多いと思うので、その場合Apple認定整備済製品を狙うのもあり!
\ 整備済製品はApple Storeだけ /

Mac整備済製品をチェック

  • 送料無料
  • メーカー保証1年あり
  • 最大15%引き

また、店頭モデルを購入する場合、SoftBank・Y!mobileユーザーは条件を満たせば、Yahoo!ショッピングで買うと「最大20%還元」なのでお得だと思います

Macを買うならどこがお得なのかを考察

Macはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazonで比較してみた

MacBookのメモリ増設について

MacBookはカスタマイズができないので「16GBメモリ」を推奨していましたが、近年のモデルはストレージ(SSD)が高速なので、以前ほど大容量メモリの必要性は下がりました。

チー
ただ、迷ったときは、「メモリを16GB」に増設しておくとかなり快適に使えます!

MacBook Proはメモリ16GBへ増設がおすすめ!メモリ不足に悩まされた体験と後悔の記録

一緒に使いたいおすすめアクセサリ

チー
僕がMacBookユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。

特にThunderbolt 3」対応製品はチェックしてみて欲しい!
Thunderboltを推進するのはApple

Thunderbolt 3とUSB Type-C(USB-C)は何が違う?高いけど使うメリットは?MacBookがより便利になる「ワンケーブルソリューション」が魅力

RAVPower 「RP-PC112」レビューゆりちぇるアイキャッチ

RAVPower「RP-PC112」レビュー。世界最小・最軽量サイズのUSB-C急速充電器!MacBook Proの純正アダプターと徹底比較【PR】

MacBookシリーズのまとめ記事

MacBook Pro16インチで完成した作業環境

MacBook Pro 16インチ 2019購入レポート。専用GPU搭載で4Kディスプレイ3枚への出力も平気!Proならカスタマイズ必須

MacBook Airスペースグレイ

MacBook Air 2018購入レポート。カスタマイズは必要?メモリ8GBの「吊るし(店頭モデル)」を買ってみた

【レビュー】12インチMacBook(Early 2016)は最高評価!1年以上使い続けた感想のまとめ

2007年以来のMacユーザーである管理人が、これまで書いて来たMac関連レビューを、Macカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年9月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!