iPhone 5s、iPhone 5cの発表イベントまとめ(ダイジェスト版)

iPhone 5s/5c/SE
SPONSORED LINK

事前情報の通り、次期iPhoneと呼ばれていたiPhone 5s、iPhone 5cが発表された(今回はsとcは小文字が正式名称)。

予想通りというか何というか、帰宅が25時過ぎだったので、一息ついたら26時という状態で久々に発表会の実況とかを見ていたので、雑感等含めつつ簡単にまとめてみる。

SPONSORED LINK

9/10Appleスペシャルイベントの発表内容

以下の内容が発表された。

  • iOS 7は9/18、開発者にGM版リリース
  • iPhoto、iWorkなどのiOS版が新機種購入者向けに無料化
  • iPhone 5c 発表。カラーバリエーションと継ぎ目のない構成
  • iPhone 5s 発表。指紋認証、64bit対応A7チップにM7、カメラ強化
  • iPhone 5S/5cは9/20発売、日本ではNTTドコモでも発売

まあ内容としてはほぼ全て事前に流れていた情報通りであった。

iPadやMacの発表は無く、例年行われていたiPodシリーズの刷新もなし。イベントとしては1時間弱で、あらもう終わったの?という感じだった。

iOS 7は9/18、開発者にGM版リリース

iOS 7は9/18リリースが決定。

開発者向けにGM版(リリース候補版)が発表後にリリースされた。フラットデザインの採用なので注目度のたかいiOS 7が触れるまであと1週間!

iPhoto、iWorkなどのiOS版が新機種購入者向けに無料化

ある意味サプライズだった発表。

条件付きではあるが、iOS版のiPhoto・iWork(Keynoteなど)が無料化する。その条件とは、

「iPhoto、iMovie、Keynote、Pages、Numbersは、2013年9月1日以降にアクティベートされた、条件を満たすiOS 7対応デバイスを対象に、App Storeで無料でダウンロードできます。」

という事だ。

なので、今後iPhone 5c/5sを購入する人はもちろん対象だし、iPhone 5を購入しても対象になるようだ。

iPhone 5c 発表。カラーバリエーションと継ぎ目のない構成

ScreenSnapz104
ほんとに出てきたいわゆる廉価版iPhoneことiPhone 5c。基本性能はiPhone 5にカメラ機能が強化。

継ぎ目の無いプラスチックボディで、メインはiPhoneでは初めてとなるポップなカラー5色展開(ホワイト、ピンク、イエロー、ブルー、グリーン)。重量は132gと少し重くなるようだ。

また、専用ケースとDockも発表されている(3,080円)。

iPhone 5s 発表。指紋認証、64bit対応A7チップにM7、カメラ強化

ScreenSnapz105
基本的なデザインはiPhone 5と同様の、iPhone 5s。

しかし中味は大幅に進化している。ざっくりとした変更点は以下。

  • 新色ゴールド追加(噂になった128GBモデルは無し)
  • 64bit対応のA7プロセッサ搭載。初代iPhoneからは40倍の性能
  • M7コプロセッサが加速センサー、ジャイロなどのモーションデータを補完
  • カメラ性能強化。大きなセンサーとF2.2採用して画質向上。連写撮影やスローモーション撮影に対応
  • 指紋認証センサ「Touch ID」対応

どちらかと言うと内部の性能向上が中心で、ゲームをしたり写真をよく撮る人向けという感じがする。

が、一番の目玉はやはり指紋認証センサ「Touch ID」。これだけで、僕はiPhone 5s購入を決めた。

また5sでも6色の革製専用ケース(4,080円)、専用Dock(3,080円)が発売される。

iPhone 5s/5cは9/20発売、日本ではNTTドコモでも発売

イベント内ではiPhone 5cは9/13より予約開始、5c/5sが9/20より発売される発表されていた。

が、おそらく5sも13日から予約開始になると思われる。

で、目玉はイベント内でも大々的に発表された日本におけるNTTドコモの取り扱い開始。

数日前から話題になっていたが、これほど大きく扱われた事には驚いた。docomoからは既にプレス発表されている。

iPhone 5cをドコモプレミアクラブ「プレミアステージ」限定でWEB予約を受け付けるなど、長期利用ユーザーと機種変更需要が中心のdocomoならではの施策が発表された。

終わりに

とりあえずiPhone 5s ゴールドで!w

iPhone 5s/5cよりも国内ではdocomoの取り扱いと、それに伴うau・SoftBankの対応の方が注目かもしれない。3キャリアそろい踏みで、競争のフィールドは通信回線という次のステージに移る。

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

今一番コスパの高いモデルは「iPhone 8」

iPhoneの最新モデルは、iPhone XS・iPhone XRですが、10万円程度と値段が高くなっています。

2017年モデルのiPhone 8は値下げされ、コスパが良いので、最新モデルにこだわりが無い方にはおすすめです!

iphone8kai

iPhone XSと8を今買うならどっちがいい?違いを比較してみた。コスパが高いお勧めは「8」

2018年11月24日

iPhone 5s後継となる、4インチiPhoneの最新モデル「iPhone SE」はUQ mobile・Y!mobileなどサブブランドを中心とした、格安SIMで幅広く販売されています(大手キャリアはdocomoを除き完売です)。

docomo版および格安SIMではSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です(Appleは販売終了)。

契約はオンラインショップがお手軽です!

どこにでも指が簡単に届く

iPhone SEレビュー。4インチiPhoneの魅力は手のひらに収まる「機動力」

2017年4月19日
パパンダさんはUQに

節約だけで格安SIMを選んで大丈夫?主婦/主夫目線で、安さNo.1でない「UQ mobile」を選択した5つの理由

2018年2月15日

新生活に向けてスマホを「学割」で買おう

新生活(進学・就職・引越しなど)に伴い、スマホやタブレットを買うなら、「学割」をうまく使うと通信費用が安くなるので購入時期としては一番おすすめです。

「学割」と聞くと、中学生・高校生・大学生くらいが思い浮かびますが、「25歳以下」なら適用対象なのでわりと簡単に使えますよ。

チー
我が家では、小学生になる子供用に「学割」でスマホを買ったよ。キッズ携帯より断然やすい、「月280円」回線!
小学生の子供にドコモの学割でiPhoneを購入した理由

小学生1年生になる子供に、ドコモの学割でスマホを購入。キッズ携帯より安い月額280円と位置情報サービス(GPS)が決め手

2019年1月21日
\ ドコモの学割は最大13ヶ月間1,500円引き /

ドコモオンラインショップをチェック

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

ドコモは店頭が非常に混み合っており、購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
メリットは以下です。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ。
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

最新キャンペーン

ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN 」
ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN 」

ドコモオンラインショップ「SPECIAL CAMPAIGN」開始。Xperia・Galaxy・iPhone・iPad人気モデルが安く買えるチャンスも!?【2019年5月31日まで】

2019年2月1日

docomoユーザー必携!dカード GOLD

docomoでiPhoneを買うなら、利用料金の10%がポイント還元される、「dカード GOLD」の契約をおすすめします。

dカード GOLDはドコモユーザー必携

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元で年会費の元がとれます

2016年8月22日
\ 入会キャンペーンあります /

「dカード GOLD」を申込む

パパンダ
え~。でも年会費が1万円もするし、高いじゃん。普通のdカードで充分だよ
チー
高いといっても、毎月の携帯利用料金の10%がポイント還元されるんだから、持ってて損はないカードだよ
パパンダ
確かにそうだけど、いきなり年会費1万円はハードル高いし、まずは年会費無料のdカードでいいや。

普通のクレジットカードとして十分使えるし
\ 初年度・2年目以降もカード利用で年会費無料 /

「dカード」を申込む

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年2月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK