iPhone 5c/5sで対応する新技術「Optimized Handover」とは?

iPhone 5s/5c/SE
SPONSORED LINK

iPhone 5c/5sでは、特にauがメインで構築しているLTEバンド800MHz帯(バンド18)に対応している事が話題だが、もう一つ注目の新技術が対応される。

「Optimized Handover(オプティマイズド ハンドオーバー)」というものだ。

SPONSORED LINK

「Optimized Handover」とは

詳しい事は以下のサイトをご覧いただきたいが、

簡単に言うと、LTEから3Gに切り替わる際、3G側を先に掴んでおくことで切り替えをスムーズにするという技術らしい。

auではLTE→3Gのみでこの技術が導入されているが、docomoにおいては3G→LTEにおいても導入されているそうだ。

ちなみにSoftBankは現時点で対応していない模様。

iPhone 5c/5sでの対応は?

この辺りの情報は正確につかめていなかったが、対応している事は間違いななさそうだ。

ちなみにiPhone 5において「Optimized Handover」は非対応だ。

昨年KDDIの田中社長がドヤ顔で発表していたのに、肝心のiPhone 5は非対応と聞いてずっこけた事はよく覚えているw

au版iPhone 5で特に問題となった「パケ詰まり」と呼ばれる現象は、LTE→3Gの切り替え時に発生しやすいというのは、詳しい技術的な事は分からなくても、実感としては間違いなくある。

そういう部分が軽減されるであろう、「Optimized Handover」にはかなり期待したい。

正直できる事なら、iPhone 5でも対応して欲しいくらいだ。

終わりに

「Optimized Handover」という技術は注目ポイントではあるが、これがあるから今回auやdocomoがお勧め!と言いたいわけじゃない。

事実として「Optimized Handover」に対応していない、SoftBank版iPhone 5においてパケ詰まりは少なかったようだし、こういう技術があれば何でも上手くいく問題ではないと言うことを、au版iPhone 5を使う事で思い知らされた。

昨年の今頃「auのネットワークはなんか凄いらしい」と思って、変えた人は多いと思うし、僕もその一人だ。

だが、ネットワーク制御って水物で、ここはシステムだけでどうにもならない部分が多いのだろうと言うことを、使えば使うほど感じた。

正直もうこういう技術用語で右往左往するのはやめようと、心に決めた。

ただ、au版iPhone 5というのはそういう意味でも中途半端な端末だったという事が、より明確になって使っている人間としては少し寂しくなる。

2GHz帯のLTEは混雑エリアへのスポット。au版iPhone 5は過渡期端末に

2013.05.01

そういう事が分かっていて、特にここ数ヶ月でau版iPhone 5を購入した人には、何らかの補償は必要なのではないかだろうか。

下取り金額増額や、クーポンでもまだ甘いとすら思う。

IMG_3032
こんなクーポンが僕の元にも届いたが、1年近く使った人はまだいいと思うのです。

キャリアもユーザーもお互いLTEという新しいサービスを使って見ないと分からない面もあるし、色々混乱してた面もあると思うので。

しかし、特に春以降購入したような人は、不完全な端末である事を伝えられた上で、納得して購入したのだろうかと危惧してしまう。

まあおそらくそんな事はないだろう。
今回の「iPhoneはプラチナバンドLTEに対応して凄いです!」と息巻くauを見て、ちょっとそんなことを思ってしまった。

ここ数ヶ月で購入したのは、MNP一括0円で投げ売りされたのを購入した人ばかりではないと思うんだけどなぁ、、、

iPhone 5s後継となる、4インチiPhoneの最新モデル「iPhone SE」はAppleやUQ mobile・Y!mobileなどサブブランドを中心とした、格安SIMで幅広く販売されています(大手キャリアはdocomoを除き完売です)。

AppleではSIMフリー版が、格安SIMではSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

格安SIMの契約は、オンラインショップがお手軽です!

iPhone SEレビュー。4インチiPhoneの魅力は手のひらに収まる「機動力」

2017.04.19

節約だけで格安SIMを選んで大丈夫?主婦/主夫目線で、安さNo.1でない「UQ mobile」を選択した5つの理由

2018.02.15

あわせて読みたい

SPONSORED LINK