iPhone 6s・7・8用Apple純正シリコンケース(正規品)長期利用レビュー。ホコリや経年劣化はあるけど、耐久性抜群コスパの高いケースです

iPhone 6sアクセサリ
SPONSORED LINK

iPhoneを使う上で、必須のアクセサリと言えるのがケース

特に2014年に発売したiPhone 6からは、ラウンドフォルムになったことで滑りやすく・落としやすいという欠点を抱えることになった。

iPhone 5sまでは裸(ケース類を何も付けない)で使う人も多かったものの、iPhone 6以降かなり減ったのはそういう事情があるのだと思う。

僕はiPhone 6sの時は手帳型ケースを使ったりしたが、iPhone 7以降は普通のケースに戻し、特にApple純正ケースをよく使ってる。

しかし、これまでレザーケースを使うことが多かったが、今回はシリコーンケースを購入

半年程度使ってきたので、その状態を長期利用レビューとして紹介しようと思う。

結論から言うと、シリコンケースはグリップ性が高くなる上、汚れにくいため凄くいいケースだった。

SPONSORED LINK

iPhone用Apple純正シリコーンケース(正規品)について

iPhone 6s用

iPhone用Apple純正シリコーンケースは、iPhone 6の時代から登場したApple自身が販売するケースだ。

この記事では2015年当時最新だった、「iPhone 6s」用をレビューするが、2019年現在も質感などは変わっていない

に対応するケースが2019年時点では販売されている。

その他の純正ケースは、レザーケースなど大きく分けると5種類ある。

種類価格(税別)対応モデル
シリコーンケース3,800円〜
  • iPhone 7・8
  • iPhone 7 Plus・8 Plus
  • iPhone X・XS・XS Max
レザーケース5,800円〜
  • iPhone 7・8
  • iPhone 7 Plus・8 Plus
  • iPhone X・XS・XS Max
レザーフォリオ(手帳タイプ)10,800円〜
  • iPhone X・XS・XS Max
Smart Battery Case(バッテリー内蔵タイプ)14,800円〜
  • iPhone X・XS・XS Max
クリアケース4,500円
\ 新色も送料無料 /

Appleストアをチェック

購入時の不安は「汚れやすさ」と「ホコリの吸着」

2015年12月から利用した、iPhone 6s用Apple純正シリコンケース。

購入時に書いた記事で、以下のようなことを書いていた。

今回購入したシリコーン製は、マットで滑りにくい質感 が特徴だ。

つまり、引っかかりやすいわけで、それは同時にホコリなどの汚れも吸着しやすい。手垢も付きやすいだろう。

iPhone 6s・7・8用Apple純正シリコンケース(正規品)開封レビュー。レザーとの違いや気になることをチェック

2015年12月8日

つまり「汚れ」が一番気になっていた。

Apple純正iPhoneケースに関しては、苦い思い出があった。
初代モデルという位置付けの「iPhone 5sようレザーケース」は、とても汚れやすかったからだ。

Apple純正iPhone 5/5s用ケースの欠点は汚れが目立つこと。その状態を公開します

2014年1月4日

iPhone 6以降のレザーケースはマシになったが、それでもレザーであるが故に臭いの染みつき、手垢は気になった。

iPhone 6/6Plus用「Apple純正レザーケース」長期利用レポート。今回は汚れが目立ちません!

2014年12月28日

マットな質感のシリコンケースは、更に汚れやすいのではないかと心配していた。

6ヶ月使用しても汚れや経年劣化はほとんどない

6ヶ月使用後のApple純正シリコンケース

6ヶ月使用後のApple純正シリコンケース

というわけで、6ヶ月使用した後のシリコンケース(ラベンダー)はこんな状態だ。

端末は「iPhone 6s」。

正面から見ると何も変わっていないように見える

正面から見ると何も変わっていないように見える

僕も正直驚いているのだが、汚れとかは全く目立たない

角は欠けてしまったが、気になるレベルではない

角は欠けてしまったが、気になるレベルではない

両方とも欠けたので比較的弱い部位と思われる

両方とも欠けたので比較的弱い部位と思われる

ただ、角のあたりだけシリコンが欠けてしまった。これには理由があって、僕がケースをわりと頻繁に付け外しをするから。

気分で変えることもあるし、レビュー依頼を受けて外す事もある。

さらに言えば、SIMロック解除したため、お試しで他社のSIMを挿すこともある。

なので、付けっぱなしにしておけば、このような事もほぼ起こらない。

カメラ周りも問題なし

カメラ周りも問題なし

iPhoneを取り外すと欠けていることがよく分かる

iPhoneを取り外すと欠けていることがよく分かる

こちらは左側

こちらは左側

ボタン周りは全く問題なし

ボタン周りは全く問題なし

他の部分も角を除けば気になることは何もない。

DSC01465
DSC01460

上記2枚の画像は購入直後(新品状態)のシリコンケースだが、ほぼ状態としては変わっていない。

素材的に、経年劣化も懸念していたが、ビックリするほどの耐久性だった。

\ 新色も送料無料 /

Appleストアをチェック

SPONSORED LINK

iPhone用Apple純正ケースはレザーとシリコーンどちらが良いか

レザーケース

長年、iPhone用Apple純正ケースは、レザーケースとシリコーンケースの2種類がある

「どちらがよいのか?」悩ましい面はあるのだが、2019年現在はレザーケースをおすすめしている

理由は、レザーケースのボタンは「金属加工」されていることで、元々の強みである手触りの良さを含めると、総合的な魅力が増した。

Apple純正iPhoneレザーケースレビュー

iPhone X・XS・XS Max用Apple純正レザーケースレビュー。他者製品と比較したすごさは「iPhoneの魅力を再認識できる」こと

2019年4月5日

とはいえ、欠点はやはり価格なので、長所と短所をまとめると以下のようになる。

比較観点レザーケースシリコーンケース
価格高い安い
グリップ性×
手触りの良さ×
ボタンの押しやすいさ×
汚れやすさ×
カラーバリエーションの多さ11種類15種類

僕の主観でまとめれば、

  • グリップ性重視で、落とすのを防ぎたい、長く使いたいなら「シリコーンケース」
  • 手触りの良さなど、iPhone本来の質感を重視するなら「レザーケース」

ではないかと思っている。

\ 新色も送料無料 /

Appleストアをチェック

終わりに

レザーケースと比較すれば安いが、Apple純正ケースはやはりお値段が高い。

シリコーンケースは「3,800円(税別)〜」という価格帯なので、Amazonなどで今や1,000円でもかなり高品質なケースが購入できるなかで、ものすごく高いと思う

純正ケースの魅力は、価格で比較すると絶対に分からないだろう。

シリコーンケースは、素材的にグリップ性能が上がるのが魅力だが、もう1つ加えると薄くて軽いのでiPhoneが持ちやすくなることがある。

これは、文章や写真ではなかなか伝えづらいので、Appleストア足を運ぶ機会があれば触ってみて欲しい。

Appleストアでは実物が展示されており、自分のiPhoneをはめて色合いなどもチェック出来る。

とはいえ、品質はお墨付きなので、安心して購入いただけたら!

\ 新色も送料無料 /

Appleストアをチェック

Apple純正iPhoneケースのレビューを、初登場したiPhone 5sの頃から使用して、書き続けています。

チー
純正ケースは高いので誰にでもおすすめはできないけど、フィット感や手触りは抜群!

Apple純正iPhoneケースに関する記事

applecase

【2019年版】Apple純正iPhoneケースはレザー・シリコン・クリアどっちがいい?実際に使った感想、他社ケースと比較したメリットを語り尽くすレビュー

2019年4月11日
チー
どちらかに迷ってて、予算に余裕があるなら「レザーケース」がおすすめ!ボタンが金属加工されていて押しやすいよ
Apple純正iPhoneレザーケースレビュー

iPhone X・XS・XS Max用Apple純正レザーケースレビュー。他者製品と比較したすごさは「iPhoneの魅力を再認識できる」こと

2019年4月5日
iPhone 11 Pro用Apple純正レザーケースレビュー

iPhone 11 Pro用「Apple純正レザーケース」レビュー。5,800円の高級ケースの魅力は手触りと経年変化

2019年10月25日
Apple純正クリアケースレビュー

iPhone 11用「Apple純正クリアケース」レビュー。高いけど他社ケースと比較して何が違う?黄ばみ対策は?購入してみた

2019年10月7日

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年11月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK