iPhoneを裸で使いたい人にお勧め。Spigen「スタイルリング(STYLE RING)」レビュー【PR】

近年のスマートフォンは大型化がトレンド。
iPhoneもiPhone 6以降大型化したし、Androidも今や5インチくらいの液晶を搭載するのが通常だ。つまり、デカい。閲覧性は高まるが、その分手で持ちにくくなるため 落とすリスクが高まる

僕も実際よく落とした。その対応策としてケースを使うのが一番だが、特にiPhoneユーザーはケースを付けない事にこだわりを持つ人も多い。そんな人にお勧めなのが、スタイルリング(STYLE RING)という商品。簡単に言えば、スマホの裏側に輪っかを付けてそれでホールド性を高めようというものだ。

同種の製品として「BUNKER RING」というものがあるが、基本的に同じと考えたらよい。

今回メーカーであるSpigen社からレビュー依頼をいただいたので紹介しようと思う。なお、今回は装着するスマホとしてiPhoneを使用しているが、iPhone以外のスマートフォンでも利用は可能だ。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen社「スタイルリング」の特徴

DSC01434
スタイルリングは以下のような特徴をもつ製品だ。

  • スマホのホールド性を高めて落下と破損を防ぐ
  • スタンド
  • 車載ホルダー

特徴的なのは車載ホルダーとしての機能を有していることだろうか。最近Spigen社は車載ホルダーを多く販売しているが、その流れに乗ったものなのだろう。

販売価格は定価2,000円、実売価格はAmazonで1,500円程度だ。そんなに高い製品ではない。

開封レポート

簡単に開封レポートを。といっても紹介する事はほとんど無い。

DSC01431
箱はこんな感じで、

DSC01433
中には以下が入っていた。

  • 本体
  • 車載用のホルダー
  • 正規品のシリアルナンバー
  • 説明書

DSC01434
スタイルリングの本体。

DSC01435
これが裏側。両面テープで接着する方式だ。

DSC01436
そしてこれが、車載用のホルダー。リングを引っかけるイメージ。

スタイルリングを装着して使ってみた

早速手持ちのiPhone 6sに装着してみた。

DSC01437
製品の性質上これは 裸でiPhoneを使う人向け となるため、ケースは装着しない状態とした。ポイントはAppleロゴを隠さないようにすることw

裏面の写真にもそんな感じになっていて、会社そのものがAppleファンというSpigen社らしいなと思った。

DSC01438
iPhone 6s/6s Plusに装着するとこんな感じ。

DSC01439
右手で持った場合だが、

DSC01440
DSC01441
こんな感じでホールドされる。両面テープの粘着力どこまで強いかが若干不安ではあるが、この状態で落とすことはまず無いと思う。

DSC01442
DSC01443
左手で持ってもホールド感は良好。

DSC01444
DSC01445
スタンドとして使えるのも地味に嬉しい部分だ。

車載ホルダーとしてスタイルリングを使ってみた

スタイルリングのもう一つの目玉とも言える、車載ホルダー機能。

DSC01446
この黒いフックを車の任意の場所に貼り付ける(接着は両面テープ)。

DSC01448
これよく考えられてるなと思ったのが、接着面は ゴムで出来ていること 。車のダッシュボードなどは平らな部分は案外少ない。微妙に丸みを帯びていたりするもので、それが原因でちゃんと固定できないことは非常に多い。僕もこの形状を見た時、絶対落ちるなと不安に感じた。

これなら接着面にきちんとフィット出来るため安心感が強い。しかし、経験上車内が暑くなる夏場は、これでもかなり厳しいと思うが。

DSC01451
DSC01452
設置後はこんな状態。iPhone 6s/6s Plusは143gと結構重い。だが問題無く固定された。

終わりに

iPhoneにケースを付けないというこだわりを持つ人は結構多い。だが、iPhone 6以降の全体的に丸みを帯びた形状は、本当に滑りやすく・落としやすいため、裸で持つ事はお勧めできない

そんな人にとって1つの対処法としてお勧めできるのが、今回紹介したようなリングを装着すること。これならケースの方がいいって思う人もいるだろうが、特に車に乗る人にはお勧めだと思う。

SPONSORED LINK

スマホの車載グッズに関する記事

SPONSORED LINK