MacBook(12インチ)ユーザー必携!USB-C Power Delivery対応マルチポート充電器レビュー

これが外観。黒いボディが渋い

2016年4月の発売と同時に購入したMacBook(Early 2016)。

以来仕事の時も、外出の時もほぼ持ち歩き、一心同体って感じで生活している。
薄さと軽さは予想通りの便利さなのだが、特に旅行などで長時間外出する時威力を感じるのが、専用のACアダプタが不要であること

MacBookはUSB Type-Cポートを1基搭載するのみというのが特徴であり弱点でもあるのだが、何と言っても汎用的な充電器が使えるメリットは大きい。

だが、MacBookの充電を最適に行うためには、USB-C Power Deliveryという技術に対応した充電器が必要となる。

MacBookの登場から約1年。ようやくUSB-C Power Deliveryに対応したマルチポート充電器が、4,000円と安価な価格で発売されたので早速購入したので紹介しようと思う。

これ、MacBookユーザーは必携!

USB Power Delivery(USB PD)とは

ポートはUSB-Cが1基、通常のUSBが4基

USB Type-Cでは最大5V/3Aで充電可能と決まっている(従来のUSBでは最大5V/1.5A)。
この為、Nexus 6PやNexus 5Xは3Aでの充電が可能だが、さらに上の規格として存在するのがUSB Power Delivery。

最大20V/5Aの100W充電が可能となり、より高速な充電が可能となる。

ただし、

  • 充電器
  • ケーブル
  • 利用機器

この全てが対応している必要があり、2016年現在の対応機器は実質MacBookのみと言える。

というわけで、USB-C Power Deliveryという機能に対応した充電器を使う、MacBookユーザーとしてのメリット。それは、

純正の充電器と同じ速度での充電(=急速充電)が可能

ということに尽きる。つまり、充電が早い。

また、USB Power Deliveryは充電のためだけの機能ではない。以下で仕様面をざっくり説明する。

USB Power Deliveryの仕様と特徴

スマートフォン、タブレット、Bluetoothヘッドセットなどガジェットなどと言われる電子機器は、急速に増加した。

その結果、機器毎にACアダプタ、ケーブルを持ち歩くという状態となり非常に面倒だったが、ここ数年オールインワン充電器とも言える製品が増えて来た。

これらの機器に共通している仕様は、以下だと思う。

  • マルチポートUSB
  • 接続機器毎に最適な電圧を選択肢急速充電する技術(Anker社だとPowerIQとVoltageBoost)

そして、その中での代表メーカーは今回紹介する機器のメーカーでもあるAnker社。僕も以前購入して使用している。

そして、2015年以降急速に増え始めているのがUSB Type-Cケーブルで利用する、USB Power Delivery(USB PD)というもの。今回の充電器はそれに対応していることが目玉なわけだが、そもそもどういうものなのか。

ものすごく簡単に言うと、

USB Type-Cケーブル1本で100Wまでの給電を可能とする技術

と理解すれば良いかと思う。例えば、従来だと

  • 本体への給電
  • バスパワータイプのUSB機器(=ACアダプタを持たない)への給電
  • DisplayPortやHDMIを経由した外部ディスプレイなどへの映像信号

というのは全て別々のポート、ケーブルで行っていたが、これらを全て1本でやってしまう。100Wあれば、家電でも給電出来る勢い。

つまり、USB Type-CケーブルとUSB Power Deliveryが普及すれば、給電・充電のポートを世界統一仕様に出来てしまう。

夢のような話だが、恐らく3~4年後にはかなり普及していると思われる。

「Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery」開封レポート

というわけで、MacBook(12インチ)の充電用に、USB-C Power Deliveryに対応した「Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery」を購入した。

Amazon価格は3,999円。ちょっと高いがUSB-C Power Deliveryに対応した充電器としては安価。

Anker社の製品ではお馴染みの箱

Anker社の製品ではお馴染みの箱

ガジェット好きの方お馴染み、Anker社の充電器のパッケージはとてもシンプル。

箱を開け時の雰囲気もよく似ている

箱を開けた時の雰囲気もよく似ている

箱を開けてもほぼ他の製品と同じパッケージ。

これがコンセント。かなり太いケーブル

これがコンセント。かなり太いケーブル

コンセントの接続は背面の端子から

コンセントの接続は背面の端子から

これがコンセント。
見ての通りかなり太い。

これが外観。黒いボディが渋い

これが外観。黒いボディが渋い

反対側から

反対側から

コンセントと合わせると結構大きい
つまりこれは持ち歩くのにはあまり向いておらず、

  • 自宅や職場に常設
  • 旅行時はキャリーバッグに入れて、ホテルなど宿泊先で使う

というのが基本的な使い方になる。

ポートはUSB-Cが1基、通常のUSBが4基

ポートはUSB-Cが1基、通常のUSBが4基

ポートは、

  • USB-C Power Deliveryに対応したUSB-Cポートが1基
  • PowerIQとVoltageBoostに対応した通常のUSBポートが4基

基本的にこれ1台でiPhoneなどのスマートフォン、iPadなどのタブレット、その他様々な機器が同時に急速充電可能。

Anker社製の5ポート充電器との比較

Anker社製の5ポート充電器との比較

サイズ感を比較

サイズ感を比較

参考までにAnker社の5ポート充電器と比較すると、こんな感じ。

小型端子のUSB-Cが付いたのに、本体は大きくなっている。扱う電力が大きくなった弊害とも言えるが、基本的据え置きなので大して気になるものでもない。

SPONSORED LINK

MacBookを充電してみた

MacBookとの接続状態

MacBookとの接続状態

この充電器はUSB-C Power Deliveryに対応している事が最大の特徴。

Apple 29W USB-C電源アダプタ

Apple 29W USB-C電源アダプタ

MacBook付属のApple純正品である「Apple 29W USB-C電源アダプタ」は、5,800円もする。MacBook Pro・MacBook AirはMagSafeという独自企画のACアダプタを採用しており、これはこれで便利だがやはり高い。

USB-Cは汎用ポートなので、安価で高性能な充電器が利用出来ることが最大の特徴。

USB-Cケーブルを接続

USB-Cケーブルを接続

MacBookとの接続状態

MacBookとの接続状態

バッチリ充電されている

バッチリ充電されている

早速使ってみたが、きっちり急速充電が出来た。

MacBookは汎用充電器を使ってこそ便利

これが外観。黒いボディが渋い

僕はMacBookを2016年4月に購入し、以来2度遠出をした。

1回目は℃-uteのコンサートを見るための広島、2回目はわーすたのイベントを見るための名古屋だ。こういう時、充電器は出来れば増やしたくない。
※広島の時はこの充電器は未発売

荷物も増えるし、何より準備が面倒&紛失などのリスクも高まるからだ。その点、MacBookを持つようになってからこの悩みが消えた。

とりあえずUSB Power Deliveryに対応した、汎用充電器を1つ持っていけば、

  • MacBook
  • iPhone
  • iPad
  • Android
  • デジカメ(SONY RX100M3
  • Bluetoothヘッドセット
  • モバイルバッテリー

など数々のガジェットを、1つで充電出来る。もちろんこれら全てを同時に充電する事なんてほとんど無いが、準備が恐ろしく楽になったことが最大のメリット。

これ、使って見ないとなかなか分からないメリットですね。
MacBookの軽さは誰でも分かることだが、汎用ポートになったことで荷物が減ることのメリットはあまり考えた事がなかった。

終わりに

僕はPC・Macをよく使う人間なので、いくらMacBookが便利でも、これをメインパソコンにしようとは思わない。

外出用のモバイルPCと割り切っているのだが、そう考えるとMacBookは本当に便利だ。

店頭で触った程度の印象だと、一番気になったのはUSB-Cによる充電で、ケーブルが簡単に取り外せるMag-Safeじゃないことの方が問題と思っていた。

だが、これは間違っているかなと思った。

そもそも充電しながら使う事自体がナンセンスで、MacBookはiPhoneなどと同じで基本はバッテリー駆動、1日の最後に充電。これが基本的な使い方なんだと思う。

そう考えたら、充電器はiPhoneなどと共有化してしまうのは非常にメリットが大きく、MacBookユーザーならとりあえず1つ持っておけば間違いないと感じた。

実売4,000円と少し値ははるがお勧めです!

USB-C Power Delivery対応のケーブルについては以下の記事をチェック!

USB-C Power Delivery対応の充電器を入手したら、次はケーブルも購入しましょう。USB-C Power Delivery対応ケーブルで無ければ性能が発揮できません。

以下の記事で紹介するケーブルは、Apple純正品(3,500円)と比較すれば、2,000円程度と安価に購入出来ます。

12インチMacBook急速充電対応のお勧めケーブルと注意点。エレコム「USB3-CCP05NBK」レビュー

2016.07.12

SPONSORED LINK