「AQUOS PAD SH-08E」を初Androidの第一候補に決めた理由

AQUOS
SPONSORED LINK

今年はAndroid端末を何か1つ買おうと決めている。
その筆頭は次期Nexus 7だったのだが、Google I/Oでは発表されず噂では今月下旬に発表&発売されるとか、、、。Androidは次から次へと製品が出てくるので、勢いで買わなかったら中々手が出せない。

7月下旬ならもう一つ興味のあった端末が、有力候補に挙がってくる。docomoから発売される唯一の夏モデルタブレット「AQUOS PAD SH-08E」だ。これが気になる理由などを紹介してみる。

SPONSORED LINK

「AQUOS PAD SH-08E」の簡単なスペック紹介

「AQUOS PAD SH-08E」は昨年から盛り上がっている、7インチの小型タブレットに分類される。ライバル端末としては、iPad mini・Nexus 7・Kindle Fire HD辺りとなる。ただ、他の端末にない魅力が「AQUOS PAD SH-08E」は満載なのだ。

  • 1920×1200ドットの高解像度IGZO液晶搭載
  • 防水機能
  • 285gという圧倒的な薄さと軽量さ
  • フルセグ受信可能

防水機能は同世代である「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」がmicroUSB外部接続端子をキャップレス構造(防水端末にありがちな蓋がないのに防水機能がある)を採用しているのに、AQUOS PADは搭載していないことが少し不満。

だが、7インチタブレットでは防水端末が案外少ないだけにこれは大きな魅力。ただやはり一番大きいのは、IGZOとフルセグだ。

IGZOの威力を体験してみたい

img_top_09
昨年辺りからシャープの切り札となる技術だとか、iPhoneなどApple製品に搭載されるか、などとにかく話題になることの多いIGZO液晶。まあ、今でこそ革新的な液晶と言われているが、数年後には他社がキャッチアップするだろうからその寿命は長くないと思っているものの、やっぱり気になる。

IGZOの特徴は圧倒的な省電力性能と高画質さと言われる。それに伴い、端末の薄型化にも寄与するとも言われ、まあ話だけ聞けばいいことずくめ。実際IGZO液晶搭載のスマホやタブレットを持っている人の話では、バッテリー持ちはめちゃくちゃいいと聞くが、やっぱり自分で使ってみないと分からないですよね、、、

ガジェットヲタクの関心をものすごくくすぐる、そんな端末だw

フルセグ受信可能

img_top_05
僕はテレビを見ることがほとんどない。だが、全く見ないわけでもない。
また、我が家にはテレビが1台あるだけなので、寝室で見たいことがあってもできない。ポータブルテレビのようなものがあれば、それが理想だと思っていた。専用機器を今時買うのはナンセンスなので、そろそろスマホやタブレットにフルセグが搭載されないかなぁと思っていたら、今年から一気に増えてきたw

使用頻度は決して高くないだろうが、フルセグ受信機能は個人的にものすごく魅力的なのだ。

どうやって買うか

「AQUOS PAD SH-08E」の発売予定は7月下旬。そろそろ発売日や価格が決まりそうな感じなので、出来れば発売日に買いたい!!

が、そこには小遣い制のお父さんという現実が立ちふさがる、、、w
「AQUOS PAD SH-08E」は通信契約とセットにせざるを得ないので、端末代だけ考えていればいいというわけにも行かない。ランニングコスト含めた費用で計算する必要がある。その為に出来る事は、、、

docomoポイント一括購入

これしかないですねw
ポイントマニアの真骨頂。僕は5年程前からdocomo端末購入は全てポイントで買ってきた人間。6万円程するガラケーをポイント一括で購入して、よく店員さんに驚かれたものだw

今年も既にその準備は進めているのだが、そうなると購入は最速でも9月くらいになってしまいそう。ブロガー的にはかなりイタイのだが、こればかりは致し方ない、、、そう言ってたら、Xperia Ultraが発表されたりしそうだが。

ちなみに、docomoポイントをなんでそんなに沢山ためられるの?と思う人も多いかもしれない。docomoポイントの錬金術についてはまた後日紹介しようと思う。

Androidは様々なメーカーが販売していますが、日本で人気が高いのは長らくSONY「Xperia」・シャープ「AQUOS」・サムスン「Galaxy」の3本柱でした。

しかし近年は、中国メーカーの進出が増え、安くて高性能な高コスパモデルが増えたので勢力図が変わりつつあります

チー
僕のイチオシはGoogle「Pixelシリーズ」ですが、ちょっと高いのが欠点です……。

当ブログではドコモ版の最新モデルを中心に、数多くの機種をレビューしているので、参考にしてみてください!
販売価格は「ドコモオンラインショップ」など、キャリア公式オンラインショップの価格です

ハイスペックスマホのレビュー

ドコモの最新モデルのおすすめ(2019年夏モデル対応版)

ドコモ最新モデルAndroidスマホ・ガラケーのおすすめは?使って分かった評価を本音でレビュー【2019年夏モデル・冬モデル】

2019年7月27日

ミドルクラススマホのレビュー

ドコモ旧モデルのおすすめ2020年1月版

【2020年1月版】ドコモ旧モデルスマホのおすすめは?新規・機種変更で一番コスパが高いモデルを探すなら、新生活商戦開始の1月まで待ち

2018年4月15日

【2020年1月版】ドコモミドルレンジスマホで、5万円以下のコスパが高いおすすめ機種は?iPhone・Android別に紹介します(旧docomo with)

2018年9月10日

2019年10月の改正電気通信事業法施行にともない、端末値引きは「2万円まで」と制限されるようになりました。

このため、どのキャリアで買っても価格は大きく変わりませんが、サービス利用料が不要で、価格が明確な「スマホおかえしプログラム」を展開する、ドコモで購入するのが無難だと思います

チー
オンラインショップで購入すれば、手続きの楽さだけでなく、価格面でも大きなメリットがあります。

まとめると以下のような感じ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

格安SIMを契約するなら、Y!mobileがおすすめです。
Y!mobileのメリットは以下のようなものがあります。

Y!mobileのおすすめポイント
ゆりちぇる
2020年1月現在、オンラインストアはお得なキャンペーンが豊富です!
Y!mobileの最新キャンペーン
  1. 新春初売りセール
    iPhone 7半額!SIM契約で3,000円分のPayPay!
  2. ワイモバ学割2020
    学生とその家族も毎月1,000円割引!
  3. データ増量無料キャンペーン2
    データ容量が1年間無料で増量!
  4. 事務手数料無料キャンペーン
    3,300円の事務手数料が無料!
  5. 5のつく日PayPayキャンペーン【SIMのみ】
    5のつく日にMNPで5,555円分のPayPay!
  6. 5のつく日PayPayキャンペーン【新規・MNP・機種変】
    5のつく日に対象スマホ契約で2,555円分のPayPay!
  7. ワイモバイル どこでももらえる特典
    お店でもネットでも、どこで契約しても3,000円分のPayPay!
やぶなお
オンラインストアなら24時間受付可能で、最短翌日発送もできるので、手続きがすごく楽です。

お得な情報もY!mobile最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
\ スマホがおトク!手数料無料 /

最新キャンペーンをチェック

Y!mobile最新キャンペーン情報ゆりちぇるアイキャッチ

【2020年1月最新】最大28,900円分おトク!Y!mobileのキャンペーンを賢く併用して、一番お得な契約方法を紹介!

2019年11月5日

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年1月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK