「わーすた」ってどんなアイドル?グループの魅力・女性人気の秘密をファン目線で解説

2019年6月のわーすた 基礎知識
SPONSORED LINK

わーすたの人気や面白さ

原宿ジャックのクラウドファンディングを成功

原宿ジャックのクラウドファンディングを成功

2015年の始動以来、わーすたはライブや楽曲リリースを通じて、成長し大きくなりました。

モーニング娘。やAKB48などの大手に比べたらまだまだですが、人気がかなり高まっている雰囲気は感じます

わーすたというグループの人気を計る一つの指標があります。

それは、2017年9月5日~10月4日に行われた、クラウドファンディングによる『原宿ジャック(大規模広告)』の実現です。

このクラウドファンディングは、500万円を目標にしましたが、最終的に、

  • 5,606,000円
  • 254人

もの支援を集めました。
クラウドファンディングで支援する最大の目的は、**リターン(返礼品)**です。

このリターンがファンにとってあまり『旨味』がない中で成功できたのは、ファンのわーすたに対する『愛情』だと思います。

わーすたクラウドファンディング

わーすたの原宿ジャック成功するか?アイドルヲタクが知るべき、クラウドファンディングの基礎知識

2017年9月28日

僕は2016年3月から、わーすたを応援するようになり、ライブ・イベントには10回程度足を運んでいますが、この『愛情』を強く感じます。

それは、わーすたメンバー自身も『ファンへの感謝』を繰り返し口にするし、ファンの期待に応えているからだと思います。

1年以上見続けているので、飽きる面も当然ありますが、この関係の居心地がよいので、今でも楽しみながら応援しています

実際に、ファンとしてわーすたを追いかけていて感じる、わーすたの魅力は以下の2つに集約されます。

  • ガジェットとの相性がよい
  • メンバー・ファン・運営の雰囲気がよい

です。

ガジェットとの相性がよい

2017.7.6 japan expoのわーすた

スマホによる公演中の撮影がOKというのは、わーすたの大きな特徴です。

アイドルファン(ヲタク)は、

  • カメラ
  • パソコン
  • 携帯(スマホ)

などのデジタルがジェットを好む傾向がありますが、僕ももちろんそのタイプです。

僕は岡山スマホユーザー会というスマホ好きが集まるイベントを主催したり、iPhoneを毎年買い替えるようなスマホヲタクなので、色んな機材(主にスマホ)を試すという楽しみも大きいです。

そして、この写真や動画はファンに拡散してもらう事で、プロモーションに繋げるという側面があります。

わーすたがこのプロモーションを開始した2015年当時はほぼありませんでしたが、2017年以降この流れは徐々に他のアイドルにも広がっています

樋口Pインタビュー企画

スマホ撮影・女性ファン・オリコンにみる、わーすたのプロモーション戦略とは 〜iDOL Street樋口竜雄プロデューサーに聞きました vol.3〜

2017年3月29日

モーニング娘。にも影響?わーすたが作った「写真撮影とSNS投稿を許容」というプロモーション手法の良さとは

2016年7月6日

今、わーすたに興味が無い方でも、今後はチェックしておくと良いかもしれません。

スマホ撮影可能なアイドル現場のおすすめガジェットは?実戦投入レポート

2016年5月18日

iPhoneで動画を高音質に撮影する方法。ZOOM IQ7レビューとライブ動画撮影比較

2016年11月26日

メンバー・ファン・運営の雰囲気がよい

japan expo2017

2016~2017年はまだアイドルブームの余韻が続いている時代なので、アイドルは数多くいました。

例えば、猫耳やスマホ撮影OKなど特徴的なプロモーションも、別に『わーすただけ』ってわけでもありません

ですが、2016年5月以来数は決して多くないですが、ライブやイベントに足を運んで感じたわーすたの魅力は、

メンバーと運営、メンバーとファン、トータルで『雰囲気がいい』

ということです。
女性が多いことも関係しているのかもしれませんが、ヲタ芸など無意味に暴れるファンもほぼいないため、『現場』は非常に平和です。そして平和だから面白いです。

これは、わーすたに多い女性ファンも感じていることで、ライブにおけるファンの満足度が非常に高いことは大きな特徴です。

女性アイドルファンに聞きました

アイドル運営が注目!女性アイドルファン(女オタク)にわーすたの魅力を聞きました

2017年10月5日

『ちいさな ちいさな』という曲があります。この曲には電車ごっこや手を繋ぐという振りがあるんですが、

客席が揺れる通称「わーすたトレイン」

客席が揺れる通称「わーすたトレイン」

多少荒れたライブだったとしても、この曲で雰囲気が一気に平和になるんです

『音楽の力』なんて事をあまり考えた事がなかったですが、こういうのって素敵だなと思いますし、それがあるからわーすたってアイドルがどんどん好きになりました。

  • 運営はメンバーに未来を説明し
  • メンバーはそれを信じ、ファンをそこに導くために活動し
  • ファンはメンバーを応援している

いい構図だと思います。
それを顕著に感じたのは、2017年の節目となるライブであった、2017年4月22日のライブ『The World Standard ~夢があるからついてきてね~』です。

これほど愛情を感じたステージを僕は見たことがありません

わーすたの夢の途中を見た!フルバンドライブ「The World Standard~夢があるからついてきてね~」レポート

2017年4月25日

運営者チーのおすすめ記事

チー
2児の父親でありながらアイドルヲタクという、残念な大人ですが、記事を書き続けていることには、それなりの理由があるんです。
アイドル記事を書き続けている理由

アイドルが好き!ヲタク歴19年の僕が、アイドル記事を書き続ける理由と推しのアイドル【2019年10月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK