MacBook Pro Retinaモデル 13インチ(Late 2013)購入レポート!美しさと意外なコンパクトさが魅力

買っちゃいました〜!
MacBook Pro Retinaディスプレイモデル 13インチ(Late 2013)!!
店頭モデルでSSD512GB版です!!!

というわけで、開封の儀とファーストインプレッションなどを紹介。

MacBook Pro Retinaディスプレイモデル開封の儀

化粧箱

化粧箱

どどーん!

誇らしい『Pro』の文字

誇らしい『Pro』の文字

Proです!!

開封!

開封!

何度も見ている光景だが、やはりテンションがあがるw

ACアダプタ類

ACアダプタ類

ウォールマウントプラグとMagSafe2。

MagSafe 2は60W

MagSafe 2は60W

MacBook Pro 13インチは60Wのものなので、Air(45W)と比べたら少し大きい。そして、MagSafeがついに2になった。

緊張の瞬間

緊張の瞬間

これを開封したら、いよいよProの世界に、、、

電源ON!

電源ON!

電源オォォーーーン!!

今回は移行アシスタントを利用しない

今回は移行アシスタントを利用しない

今回は新規セットアップしたいので、移行アシスタントは使わない方向で。

OS Xが起動!

OS Xが起動!

きたぁぁぁ!(起動しただけw)

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルを細かく見てみた

店頭では何回も見ていたものの、やはり買ってからじっくり見てみないと気づかない事ってある。
そのいくつかを紹介する。

裏側にも「MacBook Pro」の文字

裏側にも「MacBook Pro」の文字

裏側には「MacBook Pro」の刻印が。
これ手持ちのMacboob Air(Mid 2011)を見ると何も刻印されていなかった。Pro独特なのだろうか。

Airと比較

Airと比較

左がProで右がAir。裏側の左右に穴が空いていることがわかる。

スピーカーの用だが、本体サイズはほとんど変わらなくても、Proは超低電圧版ではないためCPUのクロック数が高く、熱問題に対応する意図もあるのかもしれない。

気になる価格は

以下のエントリーで検討した結果、今回は店頭モデルのSSD512GB版で十分という結論に至ったため、後は安い店探し。

MacBook Pro 13インチ Retina(Late 2013)のカスタマイズポイントを紹介します

2013.11.08

岡山駅前のビックカメラでは定価184,800円のポイント5%還元。まあ普通。

ヤマダ電機岡山店では8,000円引きで176,800円のポイント13%還元。約23,000ポイントもらえるので、実質は約15万。思いの他ポイント還元率が高かったので、ヤマダ電機で即決した。

購入価格は176,800円

購入価格は176,800円

しかし、これでいいのかヤマダ。

今のAirをヤフオクで売却するか下取りに出せば、5万くらいにはなるだろうし10万くらいの出費だろうか。

少し使ってみての感想

まだほとんど触ってないが、感想はこの2つが一番大きい。

  • 早い!!
  • 思いの他コンパクト

早いのは2世代違うから当たり前と言えば当たり前。ただ、早さを一番体感したのはスリープからの復帰の早さ。

スリープから復帰させる場合、大体Enterキーをパーンと叩いて復帰させるのだが、今のAirだと少し待たされる。Proはほとんど即時復帰という感じだ。今のAirもSSDなので十分早いのだが、ここはかなり違うと感じた。

また、一番驚いたのは思いのほかコンパクトに感じた事だ。もちろん重量はProの方が重い。だが、広げた時の大きさが明らかにAirよりも小さい。これは大きいかもしれない。

個人的には自宅で使うには、同じ13インチでもAirよりProの方が使い勝手がいいと感じた。

終わりに

検討開始から約2週間。つい1ヶ月前は全く買う気が無かったのに、買ってしまったw

新しいPCが快適なのは当たり前なのだが、少し触っただけでもAirとProは随分違うんだなぁと感じる。今年はMacに対する認識が改まった年だ。

iPhoneは別格としても、iPad系を完全スルーしているのはiPadに投資するよりはMacに投資する方が、自分の用途には合っていると思ったからだ。

このMacには2〜3年お世話になると思うので、大事に使おうと思う。

スマホがあればパソコンはいらない?私の中でPC・Macの価値が高まった理由は「集中力」

2013.02.19

Proに欠点はあるのか?MacBook Pro Retina 13インチ(Late 2013)長期利用レポート

2013.11.30

MacBook Pro 2015と2016はどっちがおすすめ?2016の欠点を新旧比較から考察

2016.10.30

Macのまとめページ

SPONSORED LINK