SIMフリーiPad Air 2でdocomo・auのSIMを使う方法(特別な設定は不要です)

先日MVNOの「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」を導入するって記事を書いたのだが、

これまで使っていたauのSIMに関して「えっ?国内版のSIMフリーiPadで使えるの?」というコメントをいただいた。

確かにSoftBankのSIMについてはiPhoneの世代が新しくなる度にSIMが切り替わっているという話があり、旧端末のSIM(iPhone 5sとか)を新端末(iPhone 6とか)に挿してもも使えないという話があった。が、これも現在は特に問題はないという話になっていると思う。

で、僕が現在手元にあるのはdocomoとauのSIMなので、実際ちゃんと使えるのか調べて見た。先に結論を言っておくと、特別な設定も必要無く挿せばすぐに使える。

docomoのSIMをiPad Air 2(SIMフリー)に挿して使用する場合

DSCF0360
僕が持っているdocomoのSIMは現在使っているiPhone 6を購入した時のものだ。世代としては一番新しいはず。
これを手元にあるiPad Air 2(SIMフリー)に挿した場合だが、
DSCF0361
こんな感じでLTE含めて普通に繋がる。
MVNOのSIMだとAPN設定など初心者にはちょっと面倒な設定が必要であったりするが(プロファイルの適用で行ける場合もあり)、MNOであるdocomoのSIMを使うとそういう設定も一切不要で、挿せば使える状態。

MVNOでは特にiPhoneの場合、SMS対応SIMでないとアンテナピクトが表示されない(使用上は問題なし)という現象があるが、iPadではこういう問題も基本的には発生しない。

auのSIMをiPad Air 2(SIMフリー)に挿して使用する場合

DSCF0364
DSCF0359
auのSIMはiPhone 5購入時とiPhone 5s購入時の2枚がある。
iPhone 5s発売時に確かauの公式アナウンスとして、両者のSIMに変更はないって話があったと思うが、実際僕はこの1年間iPhone 5で契約したSIMをiPhone 5sに挿し、iPhone 5sで契約したSIMをiPhone 5に挿して使用してきた。使用上は何の問題もなかったし、請求面でおかしな事にもなっていない。

で、これをiPad Air 2(SIMフリー)に挿した場合だが、
DSCF0358
これも至って普通に使用できる。
APN設定なども一切不要。挿せば使える状態となる。アンテナピクトも問題なし。

終わりに

SIMを差替えた場合、各キャリアのネットワークに接続するためしばらく時間はかかる(大体長くて1分程度)。だが、逆に言えばそれくらいの話で、後は何もしなくても普通に使えてしまうことは分かった。

SoftBankのSIMだけは手元にないため検証できていないが、今回SIMフリー版のiPhoneやiPadを購入した人のレポートを見る限り、おそらく同様だろう。今流行のMVNOだけでなく、MNP一括0円とかで格安維持しているSIMの有効活用に、iPhone・iPadのSIMフリー版は役に立つんじゃないかと思う。

SIMフリーは普及しないという人も多いし、僕も実際一般層がこういうのを使いこなすにはまだ時間はかかると思うが、数年経てば日本国内でも特に中古市場とかでSIMフリー端末は増えてくる。そうなった時に、利便性と価格メリットなどトータルで見た場合、SIMフリーという選択をする人は確実に増えるんじゃないかと思った。

このお手軽感は、今までの携帯の概念を変えるくらい便利!

SPONSORED LINK

参考サイトと管理人チーがお勧めする関連記事

SPONSORED LINK