初心者がなかなか気づかない、iPhone 6/6 Plusで変わった細かい事

iPhone 6
SPONSORED LINK

iPhone 6/6 Plusではディスプレイの大型化が大きなトピックとなっているが、CPUなど順当進化している部分も沢山ある。

そんな中で、iPhone 6/6 Plusで変わったものすごく細かい事を紹介してみる。
※僕はまだ実機を触っていないため、画像でみた印象を伝えています

SPONSORED LINK

ディスプレイの端っこもラウンド加工となっている

ScreenSnapz-pro2014-003
まずは、ディスプレイ。と言っても、大きさじゃない、端っこだ。

どこかって?
ScreenSnapz-pro2014-004
ここだw

iPhone 5s/5cまではここの部分は平らだった。iPhone 6/6 Plusは側面がラウンド加工となった関係で、より丸みと持ちやすさを強調する為か、ディスプレイの一番端っこが丸みを帯びている。

この事で少し困ることがある。
iPhoneに限らずスマートフォンを買ったらほとんどの人が購入するであろう、液晶保護フィルムの貼り付けが難しくなる。

そして、フィルムはまだ良いが、僕がここ数年お勧めし続けているSpigen SGP「GLAS.t」シリーズなどガラスフィルム。製品の製造自体も難しくなるだろうし、発売しても貼り付けがかなり難しくなる(ガラスフィルムは貼り直しが基本できないので)。

これ、地味に困りましたよね、、、

カメラの突起

ScreenSnapz-pro2014-005
カメラも進化したと言われるが、地味に変わったところがある。
ScreenSnapz-pro2014-006
よく見るとiPhone 6/6 Plusってカメラが出っ張っている。

iPhone 5s/5cまで出っ張りはなかった。これだと、机とかにおいても平行にならないですよね。まあ、iPhoneを裸で使う人は少なく、ケースを付ければ解決する問題ではある。

が、iPhoneにケースは絶対付けないという裸族の方は困る話だと思う。

でかすぎで画面の端に指が届かない

iPhoneは片手で操作しやすいから好き、って人はかなり多い。僕もその一人だ。

そんな人にとって、ディスプレイの大型化はデメリットも大きい。特に手の小さい女性などは画面の端っこに指が届かなくなるからだ。

だが、iPhone 6/6 PlusではAppleがその配慮をしてくれている。

ホームボタンをダブルタップ(ボタンを押すわけではなく、触れるイメージとか)すると、画面上部がズズイと下りてくるらしいのだ。これは、地味だけと嬉しい機能。まあこれは文章では伝わりづらいので、以下のサイトにある動画をご覧いただけたらと思う。

※「【西田宗千佳のRandomTracking】iPhone 6/Plus、Apple Watchファーストインプレッション」より引用

32GBモデルはありません

結構長い間、iPhoneのストレージ構成って、

  • 16GB
  • 32GB
  • 64GB

の3構成だった。iPhone 6/6 Plusではこれが変わっていて、

  • 16GB
  • 64GB
  • 128GB

となっている。3構成なのは同じなのだが、32GBモデルがなくなって、16GBの次は64GBとなってしまった。

僕はずっと32GBモデルを買い続けていて、僕の周りにはそういう人が多かったので注意が必要だ。ただ、ストレージ毎の値段の上昇幅的には1万アップずつっぽいので、これは従来とほぼ変わらない模様。

通信方式。特にLTEへの対応

ScreenSnapz-pro2014-007
一般的に聞く話として、3大キャリアの通信に対する宣伝文句は以下のようなものだ。

docomo:クアッドバンドLTE
au:プラチナバンドLTE、4G LTE キャリアアグリゲーション
SoftBank:Hybrid 4G LTE、ダブルLTE

この内、iPhone 6/6 Plusに関してだけ言えば、対応できないキャリアがある。docomoだ。

docomoのLTEは2.1GHz帯を中心に、800Mhz帯を郊外などに展開しエリアを広げている。

で、1.7GHz帯(東名阪限定)と1.5GHz帯は主に都市部の高速化に使っているわけだが、1.5GHz帯についてはiPhone 6/6 Plusが対応していない。なので、特に地方の都市部ではスピード面でdocomoは不利になりそうだ。

逆にauとSoftBankは、今回TD-LTEに対応しているため(auはUQのWimax 2+、SoftBankはAXGP)、帯域が増える。これによって、主に都市部のスピード面では有利になりそうだ。

まあ、LTEに関して言えば、電波が入るか入らないかが重要で、そこから先のスピードって5Mでも100Mでもそこまで大きな違いは感じない。

自分の住んでいる地域では、どのキャリアが熱心にLTEエリアを構築しているかを調べてキャリアを選ぶのが良いかと思う。

基本的には、auが一番無難な選択になると僕は思う。

終わりに

iPhoneの全面リニューアルは2年に1回のペースで行われている。今年はもちろんその年に当たるわけで、見た目から中味まで色々変わっている。

今回ピックアップした部分以外にも色々あると思うが、ここは案外気になる部分だと思うので、特にiPhoneを初めて機種変更で購入するような方は注意した方がよいかと思う。

iPhone 6系最新モデルは「iPhone 6s」

iPhone 6系の最新モデルは2015年9月に発売したiPhone 6sで、発売から2年以上経過していますが、格安SIMで幅広く販売されています。

docomoなど大手キャリアで購入していても、SIMロック解除可能となった初めてのモデルであるため、2018年現在も利用者が非常に多い人気モデルです。

格安SIMの人気機種「iPhone 6s」の評価とおすすめポイントは?メリット・デメリットのまとめ

2015.12.26

iPhone 6sはAppleやUQ mobile・Y!mobileなどサブブランドを中心とした、格安SIMで幅広く販売されています(大手キャリアはdocomoを除き完売です)。

docomo版および格安SIMではSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です(Appleは販売終了)。

契約はオンラインショップがお手軽です!

節約だけで格安SIMを選んで大丈夫?主婦/主夫目線で、安さNo.1でない「UQ mobile」を選択した5つの理由

2018.02.15

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

あわせて読みたい

SPONSORED LINK