「cheero USB×4 AC ADAPTOR」ーコンセントが収納可能でわずか1,500円の、iPhone・iPad・Androidが同じ充電可能な充電器

今年はiPadを購入しようと思っている事もあり、充電系グッズを数年ぶりに刷新して行っている。1つ目は充電器だ。

iPhoneの充電器は小型だが、コンセントの出っ張りが鬱陶しい。そして、当たり前だが1つの機器しか充電出来ない。僕が求めているのは、少なくともiPhone・iPadが同時に充電可能で、コンセントは収納可能なACアダプタ。さらに理想を言えば、軽い事だ。

そんな製品が先日ちょうど発売されたので早速購入した。「cheero USB×4 AC ADAPTOR」という製品で、4ポート搭載、コンセントが収納可能、重量も100g程度と僕の求めるスペックで、価格がわずか1,500円というのが素晴らしい。

早速紹介してみる。

製品の外観

IMG_5995
これだけの機能がありながら、1,500円という低価格なので、パッケージは非常にシンプル。
IMG_5996
IMG_5997
取説も一応付いているが、説明書と言うより仕様表と保証書のためにある感じ。
IMG_5998
これが本体。「cheero」のロゴが見える。
IMG_5999
USBポートが4つ。
上からAndroid、Samsung Tab、iPhone、iPadと記載されている。充電するデバイス毎にポートが分かれているイメージだ。
IMG_6001
個人的にこの製品最大の魅力とも言える、コンセントが収納されている状態。僕はこれを主に旅行など持ち歩き用として購入しているが、その場合コンセントが収納できるかできないかは、可搬性や安全性という意味で大きく違う。
IMG_6002
これがコンセントを引き出した状態。

使ってみた

電源に繋ぐとこんな感じになる。
IMG_6003
青色のLEDがかなり明るく光る。正直ちょっとウザいレベルだ。
自宅で毎日使うのにはあまり向いてないかもしれない。僕は前述の通り旅行など持ち歩き用として購入しているので、特に問題ない(ホテルとかでベッドの近くにしかコンセントがなかったら明るすぎて邪魔かもしれないが)。

終わりに

cheeroといえば、最近はモバイルバッテリーのメーカーとして知っている人が多いかもしれない。あと同種のメーカーとしてAnkerも有名だ。

Ankerも当然この手の製品は発売していて、むしろこちらを知っている人の方が多いかもしれないが、コンセントが別ケーブルになるタイプで僕の利用目的にはマッチしなかった。また、ポート数が多い分重量も重くなる。

「cheero USB×4 AC ADAPTOR」は100g程度という軽量さと、コンセントが収納可能である事が最大の魅力で、これはすなわち持ち歩きを想定していると思われる。そういう人には間違いなくお勧めの製品。

ただ、ものは考えようで自宅中心またはデバイスが多くて、1つでも多くの充電ポートが欲しいという人は以下のAnker製の充電アダプタを購入するのが良いかと思う。

SPONSORED LINK