運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

夢の広がるNexus 7の3G対応版発売。SIMフリーを活かしたキャリア別活用法

SPONSORED LINK

発売以来非常に評判の良いASUS製Googleタブレットの「Nexus 7」。
値段が競合機種に当たるiPad miniと比べて1万円ほど安いこと、Wi-Fi版でもGPSが搭載されているなど、Apple製品独特の質感はないものの機能的には優れていて、使っている人もかなり多い。そんな「Nexus 7」に3G対応モデルが発売されるそうだ(LTEは非対応)。

これ、なんとSIMフリー!
となると使い方に色々夢が広がってくる。

SPONSORED LINK

タブレットこそすぐにネットワークに繋ってほしい

ほとんどの人はパケット定額はスマートフォン向けの回線として契約している。タブレットも同様にすれば便利になるのは当たり前だが、通信費が約2倍となるため導入のハードルは高い。データ通信が主流の時代とは言え、2回線フルに使い切るような人は少ない。

魅力のないタブレット向けデータ通信プラン。日本でのiPad普及の日は遠い

昨年からテザリングが日本でもいよいよ一般的になってきたが、やっぱり一手間あるのは事実。
テザリングを使う場合、BluetoothテザリングであればクライアントとなるタブレットからON/OFFが出来るというメリットはあるが、それでもやはりぱっと使えない。多少通信速度が遅くてもネットワークにはすぐ繋がる環境が欲しくなる。そんな時にSIMフリーというのは様々な選択肢が生まれるためこのメリットは大きい。しかも値段は数千円高いレベル。これからNexus 7買うなら3G版を購入した方がよいと僕は思う。

iPadのCellular版は大体1万円くらい高くなるのに対して、Nexus 7が安いのはLTE非対応であることとWi-Fi版でもGPSは搭載している事があるのだろうが(iPadのWi-Fi版はGPS非搭載)、AppleもそろそろSIMフリー版を日本でも合法的に発売して欲しいものだ、、、

キャリア別活用法

色んな選択肢があるが、僕ならこう使うというのを軽くまとめてみる。
ポイントは「追加投資を少しでも安く」、「月額費用もなるべく安く」だ。

格安SIMによる運用

イオンSIMなど通信速度は遅いが、月額1,000円以下の固定費で運用出来るものが今はたくさんある。高速通信が必要な場合のみ、iPhone 5やAndroidのテザリングを利用する。これなら安い運用価格でとりあえずいつでもネットワークに繋げられる。

SIMは本当に安さを追求するなら「ServersMan SIM 3G 100」なんて選択肢もあるが、これは本当に遅いらしいのでまあ日本通信のSIMとかを購入する方が良いのではないかと思う。

ワンコイン(500円以下)の格安SIM登場。DTI「ServersMan SIM 3G 100」の発表

ただし、初期費用として3,000円ほどかかる。

docomo・SoftBank・イーモバイルのスマホユーザー

Nexus 7の3G通信の対応方式および周波数は以下。

3G方式:W-CDMA、HSPA+
対応周波数:850/900/1700/1900/2100MHz帯
SIMカード形状:MicroSIM

ということは、国内でW-CDMA方式で3Gサービスを展開しているdocomo・SoftBank・イーモバイルユーザーについては、SIMカードを差替える事でそのまま使う事が出来そうだ。この時重要なのはSIMカードの差し替えがやりやすいか。Nexus 7は本体側面にSIMスロットがついているようで、専用器具さえあれば簡単にできそうだ。

このSIMスロットは、iPhoneなどバッテリー組込型で自分では交換出来ないタイプのスマホは、専用器具は必要なものの大抵本体側面にあり、電源ON状態でもそのままSIMの抜き差しが出来る(専用器具は財布とかに入れとけばよいかと)。ただ、バッテリー組込型でない事が多いAndroid端末はメーカー・機種によるが、電池パックを抜いて更に奥にSIMスロットがあったりするので、そういう場合は利便性が落ちる。

またiPhone 5ユーザーがNexus 7にSIMを差替える場合、SIMの形状が違うため変換アダプタが必要になる。例えば以下のようなものを使えばいいと思う。

以前、裏技的にセロテープ使った事があるが、MicroSIM→通常SIMはまだしも、nanoSIM→MicroSIMは大きさ的にもかなり厳しいと思う。

SIMカードアダプターの使い方とお勧めの購入先は?小は大を兼ねる便利な運用法

なので、無難にアダプターを使うのがお勧め。

この方法は一手間あるのは事実だが、アダプタの購入費用がかかるくらいで追加投資は一切不要。また、スマホの電源が切れて、充電もできない!なんて時に差替えて使えるという大きなメリットがある。

auのスマホユーザー

3Gの通信方式としては、世界的にもマイナー規格であるCDMA2000方式を国内で唯一採用するau。LTEでは他社と同様の方式になるが、Nexus 7の3GはW-CDMAのみ対応のためSIMを差替えたところでどうしようもない。

前述の格安SIM運用を検討するか、次期Nexus 7でLTEがサポートされることを祈るしかない。ただ、ここでもauがLTEエリアをメインで構築している800Mhz帯(バンド18)は世界的にはローカルバンドのため、グローバル端末であるNexus 7はiPhone 5と同様にサポートする可能性は低いと言わざるを得ず、2.1Ghz帯による通信のみとなる可能性が高い(=au版iPhone 5のLTEエリアと同じになる)。

通信方式の違いの為仕方ないのだが、auは正直この辺りの柔軟性がかなり低い。今後のキャリア選択ではグローバル観点で主流の方式を採用しているか、というのも1つの重要な指標になるかもしれない。

ちなみに僕は現在auのiPhone 5ユーザー。スマートバリューのお陰で安く運用はできているのだが、SIMフリー端末がこういう形で出てくるとは思っていなかったので、正直失敗したかもなんて思い始めている、、、

まとめ

日本におけるSIMフリー端末というのは、iPhone・iPadのSIMフリー版に代表されるように、費用はもちろん購入のハードルが高かった。その為、僕みたいな物好き・海外に行くことが多い人・ヘビーユーザーくらいしか興味を持って無かったと思う。また、キャリアから購入した端末もSIMロックを外す事ができるものがあるが、このサービス自体もとても一般的とは言えない。

Nexus 7の3G版はある程度の普及が見込める端末としては、日本で初めて合法的かつ安価に販売されるSIMフリー端末になる。今年は日本でもSIMフリー端末が普及していくんじゃないか、そんな期待を持たせる。Appleに日本でもSIMフリー版を販売させるプレッシャーをかける意味でも、これは売れて欲しい。

ちなみに僕は前述の通りauユーザーのため、Nexus 7を買うなら次機種待ちです、、、。LTEに対応しないかなぁ、、、

Androidは様々なメーカーが販売していますが、日本で人気が高いのは長らくSONY「Xperia」・シャープ「AQUOS」・サムスン「Galaxy」の3本柱でした。

しかし近年は、中国メーカーの進出が増え、安くて高性能な高コスパモデルが増えたので勢力図が変わりつつあります

チー
僕のイチオシはGoogle「Pixelシリーズ」ですが、ちょっと高いのが欠点です……。

当ブログではドコモ版の最新モデルを中心に、数多くの機種をレビューしているので、参考にしてみてください!
販売価格は「ドコモオンラインショップ」など、キャリア公式オンラインショップの価格です

ハイスペックスマホのレビュー

ドコモの最新モデルのおすすめ(2019年夏モデル対応版)

ドコモ最新モデルAndroidスマホ・ガラケーのおすすめは?5Gは待ち!使って分かった評価を本音でレビュー【2020年夏モデル・2019年冬モデル】

ミドルクラススマホのレビュー

ドコモ旧モデルのおすすめ2020年5月版

【2020年5月版】ドコモ旧モデルスマホのおすすめは?新規・機種変更するなら底値のHUAWEIスマホとXperia XZ3、iPhone SE 第2世代が狙い目!

ドコモスタンダードモデルのおすすめ

【2020年5月版】ドコモミドルレンジスマホで、5万円以下のコスパが高いおすすめ機種は?iPhone・Android別に紹介します(旧docomo with)

一緒に使いたいおすすめアクセサリ

チー
僕がAndroidユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!
AndroidスマホのおすすめUSB充電器

【2020年版】買ってよかったAndroidスマホのUSB充電器(USB-PD急速充電対応)9選。私のおすすめと選び方

iPhoneで使いやすいモバイルバッテリーのおすすめ

【2020年版】買ってよかったモバイルバッテリー10選(USB-PD急速充電対応)。iPhoneで使うおすすめと私の選び方

Androidでおすすめの完全ワイヤレスイヤホン

【2020年版】買ってよかった完全ワイヤレスイヤホン9選。Androidスマホ(Pixel)で使うおすすめと私の選び方

2019年10月の改正電気通信事業法施行にともない、端末値引きは「2万円まで」と制限されるようになりました。

このため、どのキャリアで買っても価格は大きく変わりませんが、サービス利用料が不要で、価格が明確な「スマホおかえしプログラム」を展開する、ドコモで購入するのが無難だと思います

チー
オンラインショップで購入すれば、手続きの楽さだけでなく、価格面でも大きなメリットがあります。

まとめると以下のような感じ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

格安SIMを契約するなら、Y!mobileがおすすめです。
Y!mobileのメリットは以下のようなものがあります。

Y!mobileのおすすめポイント
ゆりちぇる
2020年5月現在、オンラインストアはお得なキャンペーンが豊富です!
Y!mobileの最新キャンペーン
  1. GWセール
    iPhone 7とHUAWEI P30 liteがお得に購入できる!
  2. ワイモバイル どこでももらえる特典
    お店でもネットでも、どこで契約しても3,000円分のPayPay!
  3. ワイモバ学割2020
    学生とその家族も毎月1,000円割引!
  4. データ増量無料キャンペーン2
    データ容量が1年間無料で増量!
  5. 事務手数料無料キャンペーン
    3,300円の事務手数料が無料!
  6. SIMのみMNP契約で3,000円分のPayPayプレゼント
    GW中なら最大6,000円分のPayPayがもらえる!
  7. 5のつく日・ゾロ目の日PayPayキャンペーン【SIMのみ】
    5日、11日、15日、22日、25日にMNPで6,300円分のPayPay!
  8. 5のつく日・ゾロ目の日PayPayキャンペーン【新規・MNP・機種変】
    5日、11日、15日、22日、25日に対象スマホ契約で最大5,555円分のPayPay!
  9. タイムセール
    毎日21時から9時まで、スマホ端末が格安で販売!
やぶなお
オンラインストアなら24時間受付可能で、最短翌日発送もできるので、手続きがすごく楽です。

お得な情報もY!mobile最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
\ スマホがおトク!手数料無料 /

最新キャンペーンをチェック

Y!mobile最新キャンペーン情報ゆりちぇるアイキャッチ

【2020年5月最新】最大31,900円分おトク!Y!mobileのキャンペーンを賢く併用して、一番お得な契約方法を紹介!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年5月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!