MVNO(格安SIM)初心者が知っておくべき契約・解約時の注意点とは。半年使った感想を紹介

今月を持って約半年間続いたMVNO(格安SIM)生活が終わる。
この間、ぷらら・BIGLOBE・IIJmioと3社使ってきたわけだが、サービス内容以外にもMNO(docomo・au・SoftBank)とは大きく違うんだなぁと感じた事がある。

それは、契約と解約時の手続き内容だ。

契約手続きは基本的に全てWEB&クレジットカード決済となる

MNOの新規契約はほとんどの人が店頭でやっていると思う。一応今は各社オンラインショップを持っているため、できる事はできるがWEBからやったという人はまだ少ないだろう。

ところが、MVNOの契約手続きは基本的に全てWEBから行う事になる。その起点は大きく分けたら2種類。

  • 店頭またはオンラインショップ(Amazon)から購入したSIMカードに記載されている、番号をもとにWEBで契約手続きを行う
  • MVNOのWEBサイトで手続きを行い、後日SIMカードが送付されるのを待つ

どちらが有利とか安いとかは特にない。
敢えて言えば、オンラインショップで購入した方がSIMが手元に届けばすぐに使えるし、Amazonなどでは割引販売もあるから多少お得かもしれない(SIMカードは税抜3,000円と契約事務手数料を内包した形になっているが、実態としては2,000円程で販売されている)。WEBサイトで手続きすると、そこからSIMが手元に届くまで3日〜1週間程度かかる印象がある。

最近は、BIC SIMなど一部家電量販店などで店頭手続きが行えるMVNOがあるし、今後はそういうMVNOがどんどん増えるだろうが、いずれにせよ「WEBでの手続きが基本」というのは間違いない。

また、支払いは基本的にクレジットカード払いが前提となる。口座振替とか出来るMVNOもあるが、クレジットカード決済のみ対応のMVNOの方が多い。なので、クレジットカードを持っていない・持てない人は、自分の希望する決済手続きが可能かを事前に確認する必要がある。

SIMを挿したら即通信可能とはならない

契約手続きも終わり、SIMカードも手元に届き、後は端末に挿せば終わり!

そう思っている人も多いと思う。事実MNO(docomo・au・SoftBank)のSIMを使う場合それで終わりだ。SIMフリーモデルを使う場合、基本的に何も設定しないでSIMを挿せば即使えるようになる(iPadの場合はそうだった)。

しかし、MVNOの場合そうは行かない。
APN設定というものが必要 になる。この設定方法はMVNOによって異なっており、やり方は各社公開しているが、作業は自分で行う事になる。iPhone・iPadの場合構成プロファイルを自作したり、多くの場合MVNO自身が公開してくれているため多少ハードルは下がるが、SIMを挿した後もう一手間あると言う事は覚えておく必要がある。

また、解約時は削除しておかないと、その後別のSIMを挿した場合上手く通信出来なくなる可能性がある。

解約時にはSIMカードの返却が必要なMVNOが多い

現在のMVNOは大半がdocomo回線を使用している。
この為、MVNO業者が違っても、中に入っているSIMカードは基本的にdocomoのものとなる。こんな感じだ。
IMG_6545
IMG_6797
このSIMカードはMVNOから見てもdocomoから貸与されているものなので、MVNOは自由に破棄することが恐らく出来ない。この為、解約時にはMNVO業者に返却が必要となる事が多い(送料などは契約者負担)。ここの対応はMVNOによって分かれており、

  • 返却は任意
  • 返却は必須で、返却しない場合再発行手数料を請求

の2パターンだ。利用しているMVNOがどのような方針かは、解約時にきちんと確認しておく必要がある。

この話を聞くと、MNOでも同じじゃない?と思う人もいるかもしれない。
確かにその通りなのだが、現実としては返却という運用はほぼないと言って良い。僕はdocomo・au・SoftBankについては1度は解約したことがあるが、SIMカードを返却して欲しいと言われたことがない。

最初は律儀にキャリアショップに持っていったりしていたのだが、むしろ面倒くさそうな顔されるし、逆に聞いてみたら「自由に破棄してくれてOK」と言われて、以来返却するのはやめてしまった。

ここはMNOとMVNOで大きく対応が違う部分だと思う。

無難な対策としては、MVNO契約時はSIMが入っていたケース含めて、全て保管しておく事だと思う(返送時にそのまま使えるので)。

終わりに

MVNOはまだまだ通信サービスに詳しかったり、端末を多く持っている人が利用する傾向が強いが、今後利用者が減ることは考えられず、どんどん増える方向となる。

ただ、絶対に認識しておくべき事は、安くて高品質なんてものは存在しないわけで 「安いものには理由がある」 という事。店頭で手続きが出来なかったり、SIMカードをいちいち返却する必要があるというのは、安さの裏返しと考えるべきと思う。

その辺りをきちんと理解して、MVNOは利用するべきだと僕は思った。逆に言えば、それさえ分かっていればMVNOはとても便利なサービスだ。

お勧めMVNO

2016年12月現在では以下のMVNOがお勧めです。
  • DMM mobile
    MVNO最大手であるIIJmioと同じ回線で、通信量が1GBからとより安価に始められます
  • OCN モバイル ONE
    NTT系列の安心感が魅力。通信速度が低下しても回線増強がわりと早いです
  • mineo
    MVNOはdocomo回線を使うものが多いですが、au系を使うならここ。キャンペーンも充実しています。
  • ぷららモバイルLTE
    速度が3Mbpsに制限されますが無制限に通信出来る事が最大の魅力です

MVNO(格安SIM)の感想・注意点・コラムの一覧

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

2016年1月から無料メルマガを開始しました。
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)

1 個のコメント

  • MVNO解約時にSIMカードを実際に返却したことも周りでしている人も見たこと無いですね.MNOと同じ運用状況だと思いますよ