iPhone 6/6s用Apple純正シリコンケース(ラベンダー)を購入。レザーとの違いや気になる事をチェック

iPhone 6s購入以来、手帳型ケースを主に使ってきている。

今まで2種類ほど試してきてJOGGO「iPhone 6/6sウォレット」で落ち着いていたのだが、先日東京に行った際Apple Store表参道に足を運び、そこでApple純正のiPhoneケースを見た。

それを見て、また欲しくなってきて、iPhone 5s以来レザーケースを使ってきたが、今回はシリコン製ケースを購入してみた。iPhone 6/6s用Apple純正シリコーンケースのラベンダーだ。

早速レビューしようと思う。

開封レポート

簡単に開封レポートを。

DSC01453
今回はiPhone 6/6s用Apple純正シリコーンケースのラベンダー。価格は税抜3,800円。
iPhone 6 Plus/6s Plus用もサイズが違うだけで、全く同じものがある(価格は税抜4,500円となる)

DSC01454
パッケージは極めてシンプルで、裏側の蓋をペリペリ剥がしたらケース本体が出てくる。

DSC01455
DSC01457
裏側は「iPhone」の刻印があり、マイクロファイバー素材となっている。これでiPhone本体を優しく保護してくれる。

実際触っても手触りが非常によい。

DSC01458
表面は純正の証とも言える、Appleロゴ。
カメラ周りはiPhone 5s以降Appleがケースのガイドラインとしている、黒縁の加工となっている。

iPhone 6sローズゴールドとシリコーンケースラベンダーの装着感

で、早速手持ちのiPhone 6sローズゴールドに装着してみた。

といってもApple Store店頭ではケース全色を試着しそれで一番気に入った色にしたため、もう分かってるんですけどねw

DSC01459
まずは正面。ケースを付けたのが分からないくらいの極薄感。

DSC01460
本体下部より。
Lightningコネクタやイヤフォンジャックは大きく露出する形式。ここはiPhone 6用として販売していた頃から変わらない(初代とも言えるiPhone 5s用はここがポートの部分のみくり貫かれていた)。

DSC01461
半年程前から液晶保護フィルム・ガラスの利用をやめたのだが、裸のiPhoneと純正ケースの組み合わせは実は初めて。

こうして見ると、縁の部分が結構隆起していることが分かる。これが液晶保護の役割も兼ねているという事だろう。

DSC01462
スリープボタンはケースが覆い被さる形式。

DSC01463
マナースイッチはくり貫き、ボリュームボタンはケースが覆い被さる。これもiPhone 6時代と同じ。ちなみにボタンが押しにくくなった感覚は全く無い。

DSC01465
これが裏側。
Apple純正ケースが信者向けアイテムである所以はやはりこのAppleロゴ。これが最大のポイントだ。

DSC01468
カメラ周りの収まりもバッチリ。さすが純正

シリコーン製Apple純正ケースを使ってみての感想

DSC01469
このケースを購入して、まだ4日程なのだが、使用感はやはり非常によい。
レザーケースと共通する感想で純正ケースの魅力と思うポイントとしては、

  • ケースを付けたとは思えない、薄さと軽さ
  • iPhone 6シリーズ最大の欠点である滑りやすさが大幅に軽減
  • グリップ性が高まる
  • ケースを付けてもAppleロゴが隠れない

という辺りだ。これはサードパーティー製ケースと比較してもかなり性能が高い。

そして、今回初めて購入したシリコーンケースと今まで使っていたレザーケースとの違いはこの1点に尽きる。それは 手触り だ。

レザーケースはサラッとした手触りで、非常に触り心地がよい。シリコーン製はマットな手触りで、触り心地はレザーには劣るが、その分非常に滑りにくい。落としにくさという意味ではシリーコーン製の方が上だろう。

また、レザーと違い ホワイトやピンクなど女子向けカラーが充実している こともポイントだと思う。基本的には女性にお勧めだと思う。

ちなみに僕は、iPhone 6sローズゴールドとラベンダー(薄い紫)という組み合わせ。店頭で試した時に気に入った組み合わせなのだが、パっと見た印象はピンクっぽくて、36歳のおっさんが使うにしては、女子力を上げすぎたかもしれない、、、w

シリコーン製Apple純正ケースの欠点と懸念事項は「汚れ」

シリコーン製に限らずApple純正ケースの欠点は以下だ。

  • 価格が高い(4,000円〜)
  • 本体下部のLightningコネクタの辺りはむき出しで、防御力としては低い
  • 薄い色(パステルカラー系)は汚れ易い

昨年購入したiPhone 6用レザーケースはミッドナイトブルーは濃い色だったことも有り、汚れは非常に目立ちにくかった。ただ、同時に同じレザーでもiPhone 5s用より明らかに質感が変わっており、汚れ対策が施されたように感じた。

今回購入したシリコーン製は前述の通り、マットで滑りにくい質感 が特徴だ。つまり、引っかかりやすいわけで、それは同時にホコリなどの汚れも吸着しやすい。手垢も付きやすいだろう。

DSC01465
この辺りは特に汚れやすそう。
ラベンダーという薄い色であることも手伝って、汚れやすさ は注目ポイント。ここはまた後日レポートしようと思う。

また、小さな話だと本体側面が隆起しているため、エッジスワイプジェスチャーがちょっとやりづらいという欠点もある。まあこれは慣れの問題と思うが。

終わりに

久々にApple純正ケースを使ってみると、やはりそのフィット感と手に持った時の質感の高さに驚く。

ケースを付けた感のないケース という表現が一番しっくり来ると思っていて、その代償として落とした時などの防御力は弱いが、それでも裸で使うよりは遙かにグリップ性が高く落としづらい。

iPhoneってやっぱりコンパクトじゃないとダメだなと実感した。
iPhone本来の質感を重視する人には、Apple純正ケースお勧めです!

SPONSORED LINK

Apple純正iPhoneケースに関する記事

購入はApple Storeで!

Apple純正iPhoneケースをチェック

SPONSORED LINK