【わーすた衣装】木村優・たけうちはるかデザイン、アイドル衣装の基礎知識

dsc00998

アイドルを見る上でメンバーのビジュアルなどを除いて重要な要素があるとすれば、

  • 楽曲
  • 衣装

に集約されると思います。

わーすたはクリエイター女子の名の下に、制作陣を全て女性で固めており、楽曲面では鈴木まなかさんか全てを担い、それがわーすたの魅力にも繋がっています。

そして、衣装についても非常に評価が高いです。
というのも、客観的に見てもかわいいと思うんですよね。

アイドルの衣装がかわいい、というのはとても重要な要素だと思っていて、僕がわーすたが好きな理由の1つでもあります。

というわけで、この記事では『わーすたの衣装』をピックアップして紹介します。

記事内で使用している画像は、所属事務所・レーベルから掲載および撮影許可を得ているものです。

アイドルの衣装に関するよくある疑問

1stワンマンライブ「The World Standard」

1stワンマンライブ「The World Standard」

本題に入る前に、アイドルに限った話ではないですが衣装に関する話を少し解説します。

というのも僕も誤解してました。

まず、一言で衣装と言っても役割は大きく3つに分かれます。大体こんな感じです。

役割名 仕事内容
デザイン 衣装のデザインをする
スタイリスト 衣装だけでなく、アクセサリなどの小物、ヘアスタイルなどのコーディネイト
制作(縫製) 衣装を制作・縫製する(デザインをもとに実物を作る)

これは僕が仕事をしているシステム(WEB)業界にも言えますが、デザインと制作(プログラミングなどの実装)は別というのは珍しくありません。

つまり、

衣装のデザインをしました

といっても、それは必ずしも実物の衣装まで制作したという意味ではありません。

詳しくは後述しますが、例えばうるチョコ衣装の木村優さんはデザイナーです。スタイリストと制作は別の方が担当しています。

さらに言えば、この業界も下請け構造はあるようで、表に出てくる(楽曲などのクレジット情報として表記される)のは大体デザイナーとスタイリストくらいまでです。

実際はデザイナーまたはスタイリストの発注を受けて、主に制作(縫製)を担当する方々がさらにいます。

さらに言えば、ペンネーム的なものを使う人も多いそうです。

色々調べても情報が見つからないという場合、そういう事情があるんだと思います。

一例を挙げると、2016年12月に発売するSUPER☆GiRLS(スパガ)の「恋☆煌メケーション!!!」衣装はデザインを大橋みずなさんが担当しているそうですが、制作は別会社が請け負っているようです。

わーすた衣装の概要

わーすたの衣装と言えば「猫耳」

わーすたの衣装と言えば「猫耳」

わーすた衣装の特徴は何と言っても『猫耳』です。

2015年3月の活動開始以来、2016年10月時点で10種類以上の衣装が登場していますが、大小の差はあれどほぼ全ての衣装に猫耳があります。

わーすた衣装の象徴といっても過言ではないと思います。

そして、もう一つの特徴は露出度が少ないということでしょうか。
わーすたは『かわいさ』を全面に出しているので、逆に言えば『セクシーさ』とかはアピールもしていません。なので、衣装の露出度は非常に低いです。

そんな特徴をもつ衣装ですが、衣装毎のコンセプトはかなりハッキリしていて、それはヘアスタイルとかにもでているようです。

例えば

うるチョコ衣装の時、三品瑠香はツインテール、小玉梨々華はストレート

みたいな感じで基本的に決まっているようです。

そして、コンセプトが維持されている理由の1つは、デザイナーさんがある程度固定化していることも影響していると思います。

わーすたは『クリエイター女子』の名の下に、楽曲など制作陣を全て女性で固めています。もちろん衣装もそうなんですが、衣装デザインは主に2名に集約されています。

  • 木村優
  • たけうちはるか

の2名です。

木村優さんについて

木村優さんは外務省より「ポップカルチャー発信使」(通称「カワイイ大使」)の委嘱を受け、原宿ファッションの日本代表として活動しています。

衣装のデザインも行いますが、主な活動はファッションモデルであり、ご自身が高い知名度を誇っています。

わーすたは2016年5月に「原宿ジャック」と称して、ポスターや楽曲を流しまくるなど大規模プロモーションを行いましたが、若者、さらに言えば女性に人気のある『原宿』での活動は1つのキーワードです。

木村優さんに衣装デザインを依頼したのもそのような経緯があるのだと思います。

実際この事はかなりインパクトがあったようです。

木村優が衣装デザインとか凄い!!

みたいな声は、かなり目にしましたし。

わーすたの衣装デザインは、

  • 1stアルバム「The World Standard」衣装(通称:うるチョコ衣装)
  • 1stシングル「完全なるアイドル」衣装

の2つを手がけており、要するに勝負曲で登場しています。

衣装の特徴は見ると一発で分かるくらい、もふもふ・ふりふりな感じってところでしょうかw

竹内遙香(たけうちはるか)さんについて

竹内遙香(たけうちはるか)さんは、衣装制作・スタイリストです。通称「てぃーはる」と呼ばれているそうです。

わーすたに限らず主にアイドルの衣装を多数手がけています。

わーすたにおいては、

  • 制服衣装(全パージョン)
  • モノトーン衣装
  • PPG衣装
  • アレンジTシャツ衣装

とシングル曲など大規模プロモーションが展開される楽曲以外の衣装をほぼ全て担当しています。

実質的に「わーすたの衣装と言えばたけうちはるか」といっても過言ではなく、よく見る衣装は大体たけうちはるかさんが担当しているものです。

衣装の特徴は特に制服衣装に言えますが、一見普段着っぽく見えるようなナチュラルな雰囲気なのに、必ず目をひく部分がありそれがかわいいってことでしょうか。

また、たけうちはるかさんはデザイン〜制作まで全てを担当するタイプです。
つまり、デザイン絵もかいて、実際に縫製なども自分でやっているそうです。まさに衣装のプロフェッショナルですね。

avexのオーディション「Girls Street 2020」のクリエイター部門で合格

たけうちはるかさんのプロフィールをもう少し掘り下げると、「文化服装学院ファッション流通科2年スタイリストコース卒業」ということで、まさにその道を志していた方です。

芸能界との関わりは、avexのオーディション「Girls Street 2020」のクリエイター部門で合格したことがきっかけです。

さらに言うと、このオーディションの説明で文化服装学院に、iDOL Street統括プロデューサーの樋口竜雄さんが講義したことがあったそうで、その時から関わりがあるそうです。

iDOL Streetとの直接の関わりは、2015年に行われたストリート生の全国チーム対決の「ストリーグ!!!!」のための、衣装制作です。

  • 札幌(サッポロ Snow♥Loveits)
  • 仙台(SENDAI Twinkle★moon)、
  • 東京(トーキョー夢ぴよ組)

の東3チームの制作を行っています。
ですが、実はガールズバンド「Silent Siren」のライブ衣装を学生だった頃から手がけていたりしていて、これが初めてというわけではありませんでした。

以降は個々の衣装について解説します。

SPONSORED LINK

ネコ耳1st衣装

初代衣装(引用元:メンバーTwitter)

初代衣装(引用元:メンバーTwitter)

役割 名前
デザイン 大橋みずな
スタイリスト・制作 大橋みずな

2015年3月に活動を開始したわーすたの初衣装です。「1st猫耳魔法少女衣装」とも言われます。

2015年の活動時はほぼこの衣装だったということもあり、特に初期からのファンは思い入れが強いようです。
以前当ブログに記事を寄稿してくれた、初期からのファンである友人のモッシュさんもそうです。

ただ、長く使った分、かなり痛みも目立つ衣装で2016年現在はほぼ使われなくなってしまいました。

ちなみに僕は2016年に入ってからのファンなので、この衣装を見たことはありません。

最後に登場したのは2016年5月の、mu-moイベントの撮影会だと思います。

制服衣装

わーすたの定番「制服衣装」(引用元:@teaharuu)

わーすたの定番「制服衣装」(引用元:@teaharuu

役割 名前
デザイン たけうちはるか
スタイリスト・制作 たけうちはるか

わーすたの衣装と言えば「制服衣装」と思っている方は多いと思います。

この制服衣装はこれが初代でその後

  • 夏服バージョン
  • 秋冬服バージョン

が制作されています。後のバージョンも全て、たけうちはるかさんのデザインです。

例えば、廣川奈々聖さんのサッカー関連の活動、わーすたのスタスタなどメディア系の活動ではこの衣装がよく使われており、まさに『わーすたの制服』という感じです。

たけうちはるかさんが手がけた初めてのわーすた衣装でもあります。
※時期的には後述の「モノトーン衣装」と被るのでしょうが、対外的な発表が初めてという意味で

制服夏衣装(夏)

制服夏衣装のアーティスト写真(引用元:メンバーTwitter)

制服夏衣装のアーティスト写真(引用元:メンバーTwitter)

2016年6月のわーすた定期ライブ「わーすたランド わー2」で初披露されました。

衣替えをテーマに、これまでの冬服から夏服になりました。見てのとおり、

  • 半袖
  • 薄着

とまさに夏服で、このコンセプト上手いなぁと思いました。

個人的には制服衣装シリーズでは一番好きですね。

制服秋冬衣装(新バージョン)

制服衣装第3弾

制服衣装第3弾(引用元:@teaharuu

続いて、2016年9月のわーすた定期ライブ「わーすたランド わー3」で披露された、秋冬制服バージョンです。

今まで制服衣装はベージュ基調でしたが、今回はグレー基調で少し上品な感じになっています。

この衣装はオフィシャルサーポーターを務めた「東京ゲームショウ2016」では大活躍し、

制服秋冬衣装で参加した東京ゲームショウ2016(引用元:メンバーTwitter)

制服秋冬衣装で参加した東京ゲームショウ2016(引用元:メンバーTwitter)

この時だけは、猫耳とポシェットがゲームショウ仕様となっていました。
※こちらもデザインはたけうちはるかさん

モノトーン衣装

役割 名前
デザイン たけうちはるか
スタイリスト・制作 たけうちはるか

2016年2月28日に行われたわーすた初のワンマンライブ「The World Standard」で初披露された衣装です。

わーすたの衣装はかわいらしいものが多いですが、この衣装は大人っぽい雰囲気で、猫耳もありません。

この衣装が使われるのはほぼライブ限定なので、目にする機会はかなり少ないです。

デビュー・アルバム衣装(うるちょこ衣装)

うるチョコ衣装のアーティスト写真

うるチョコ衣装のアーティスト写真(引用元:メンバーTwitter)

役割 名前
デザイン 木村優
スタイリスト・制作 石原睦美

1stアルバム「The World Standard」の衣装で、リード曲「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」のMVでも使われたことから通称「うるチョコ衣装」と呼ばれています。

木村優さんデザインということで話題になった衣装です。
見ての通り「魔法少女」がコンセプトの衣装で、実現にかなり苦労したであろう衣装です。写真だとつい正面ばかり見てしまいますが、実は後ろの尻尾のあたりとか、凄く凝ってます。

デザインから忠実に再現するという難しい作業を行ったのは、石原睦美さんです。

僕個人として一番好きな衣装をあげろと言われたら、うるチョコ衣装をあげます。

やっぱり僕がわーすたにハマったきっかけの楽曲とその時の衣装ですから。

魔法少女も好きですし!!w

DASAii ジャパンアイドルカルチャー

2016年4月1日のエイプリルフールネタ「DASAii ジャパンアイドルカルチャー」(引用元:公式ブログ)

2016年4月1日のエイプリルフールネタ「DASAii ジャパンアイドルカルチャー」(引用元:公式ブログ

役割 名前
デザイン たけうちはるか
スタイリスト・制作 たけうちはるか

とりあげるべきか悩みましたが、軽めにw

2016年4月1日のエイプリルフールネタです。
わーすたは、世界に「KAWAii ジャパンアイドルカルチャー」を発信するアイドルですが、この日は「DASAii ジャパンアイドルカルチャー」を発信してました。

しかし、この1日のためにわざわざ衣装作ったことに驚きますし、何と言っても廣川奈々聖さんがハマりすぎてかなり笑っちゃいましたねw

PPG衣装

大きな目玉が最大の特徴のPPG衣装

大きな目玉が最大の特徴のPPG衣装(引用元:@teaharuu

役割 名前
デザイン たけうちはるか
スタイリスト・制作 たけうちはるか

2016年6月に初披露した、CSアニメ「パワーパフガールズ」の公式ダンスミュージック『ぱわわわわん!!! パワーパフ ガールズ』の衣装です。

「目玉」が大きな特徴の衣装で、僕はかなり好きなんですが、アニメタイアップ色の強い衣装ということもあり、披露される機会がすくないです。

くらいでしょうか。

2016年10月15日に1stシングル「完全なるアイドル」の発売に伴う、mu-moイベントがあり、そこではこの衣装で写真が撮れたんですが、実はめっちゃ行きたかったです(保育園の運動会で断念)。

アレンジTシャツ衣装

わーすたのグッズと言えば「Tシャツ」と言われるくらい、グッズの種類としてTシャツが飛び抜けて多いです。

特に2015年は、新人公演など公演毎に限定Tシャツが販売され、

10枚しか存在しないレアTシャツ

なんてものも珍しくありません。

2016年に入りそういうのは減っていますが、逆にグッズTシャツをアレンジした衣装が登場するようになりました。

アイドルに限らず「ツアーグッズのTシャツをアーティストがライブで着る」というのは珍しく無いですが、それをさらに推し進めた感じです。

わーすた × 岸田メル Tシャツ 衣装

グッズとしても販売された「岸田メル×わーすたTシャツ」のアレンジ衣装(引用元:メンバーTwitter)

グッズとしても販売された「岸田メル×わーすたTシャツ」のアレンジ衣装(引用元:メンバーTwitter)

役割 名前
デザイン たけうちはるか
スタイリスト・制作 たけうちはるか

2016年6月のわーすた定期ライブ「わーすたランド わー2」とiDOL Street CARNIVAL 2016 ~RE:Я|LOAD~でグッズ販売されたTシャツのアレンジ版です。

うるチョコ衣装のわーすたメンバーを、アイドル好きのイラストレーター岸田メルさんがイラストとして再現したもので、原宿ジャックで主に原宿駅に展示されたイラストでもあります。

僕はわーすただけでなくアイドルグッズ全般あまり買わないのですが(昔買いまくった反動)、岸田メルさんは個人的にファンってこともあり、思わず買ってしまいました。

かわいすぎですよね。

そのTシャツのアレンジ版は「わーすたランド わー2」で登場しました。
Tシャツがベースなので、着る機会は比較的少ないですが、2016年7月のシンガポール公演で使用されたりしました。

「完全なるわーすたTシャツ」アレンジTシャツ 衣装

役割 名前
デザイン たけうちはるか
スタイリスト・制作 たけうちはるか

続いて、2016年9月のわーすた定期ライブ「わーすたランド わー3」で販売された、「完全なるわーすたTシャツ」のアレンジ版です。

わーすたのTシャツはパッと見た時「アイドルグッズっぽくない」ので、言わなければ普段着でも使えるレベルのデザインです。

なので、ついTシャツを買っちゃいましたねw

こちらのアレンジ版も、たけうちはるかさんがデザインを担当しています。

1st Single衣装

1stシングル「完全なるアイドル」アーティスト写真(引用元:メンバーTwitter)

1stシングル「完全なるアイドル」アーティスト写真(引用元:メンバーTwitter)

役割 名前
デザイン 木村優
スタイリスト・制作 戸村優香

1stシングル「完全なるアイドル」の衣装です。
東京アイドルフェスティバル2016(TIF2016)で楽曲と共に初披露されました。

わーすたの衣装としては珍しい、白黒中心のモノトーンな雰囲気ですが、見た瞬間に木村優さんのデザインとわかるくらい、至るとこに細かい装飾が付いていてとてもかわいいです。

木村優さんがわーすたの衣装デザインとして登場するのは、この時で2回目です。

SPONSORED LINK

わーすたのライブでどの衣装が登場するか

1度みたかったレアものの「PPG衣装」

1度みたかったレアものの「PPG衣装」

ここからは、僕の個人的な見解なんですが、わーすたを見るようになって1つ驚いた事があります。それは、

ライブでも歌衣装を普通に着ている

って事なんです。
僕はハロプロを中心にアイドルを長年見てきたので、歌衣装=プロモーションの時期しか着ないみたいなイメージを持ってました。

ハロプロのライブ(コンサート)は、オリジナル衣装が多いです(別に凝ってるわけじゃないですが)。

ところが、そんなのはハロプロぐらいで、ほとんどのアイドルは1つの衣装で、

  • ライブ
  • イベント
  • メディア出演

全てをこなすんですよね。
2015年のわーすたなんて典型で、全てとは言いませんが大半の活動をネコ耳1st衣装で行っています。

2016年以降は衣装のバリエーションが大幅に増えました。つまり、そんな単純な話ではないでしょうけど大枠では、

  1. 人気が出る(売れる)
  2. 予算(投資)が増える
  3. 衣装のバリエーションが増えたり豪華になる

という図式が成り立つわけで、それは2016年のわーすたを見ているとよく分かります。ライブのたびに新衣装が登場するので。

基本的に、ライブで披露される衣装は3種類です。そのうち2つは、

  • その時の最新曲衣装
  • グッズTシャツ関連衣装

になるため、実は過去の衣装が見られる機会はドンドン少なくなっています。

(過去分含めて)今回はどんな衣装が登場するのか

なんて考えるのもわーすたライブを楽しむ1つの要素になるかもしれません。

終わりに

制服衣装って凄くかわいい

制服衣装って凄くかわいい

いかがでしょうか。

どの衣装もかわいいなって思いませんか?
この記事を書くために色々調べる中で、衣装も奥が深いんだなぁと思いました。

素人考えだと、

曲を作れる人は凄い

って無条件に尊敬する人が多いです。僕もそうです。

ですが、衣装って楽曲に比べると身近なものなので(服だし)、好き嫌いはあってもクリエイターに目を向ける事って少ない気がします。

ただ、冷静に考えたら分かるんですが、グループアイドルが全盛の今、衣装作りって大変だと思います。なにせ、人数が多いので。

そういう意味で、わーすたは5人と少人数アイドルグループとはいえ、特にたけうちはるかさんとか1人でデザインから制作まで担当しているって凄いなって思うんです。ものすごい仕事量だと思います。

僕は業界は違えどシステム開発という『ものづくり』の仕事をしているので、一気通貫で出来る事の凄さがよく分かります。

アイドル自身や楽曲の影に隠れがちな衣装ですが、こうして見ると少し見方も変わるかもしれませんね。

これからも数多くの衣装が登場すると思いますが、楽しみです!

あわせて読みたい「わーすた」のお勧め記事

わーすたについて、関係者にコメントをいただきつつまとめた、総集編記事です。 かなり長い記事ですが、これを読めばあなたも立派なわーしっぷ?

「わーすた」の全てを知りたい方へ ~いぬねこでもわかる世界標準アイドルのトリセツ~

2016.06.12
SPONSORED LINK