iPhone 11 パープル開封フォトレポート。超広角カメラを加えたデュアルカメラは使える?iPhone XRと比較してみた

iPhone 11 パープル開封フォトレポート iPhone 11
SPONSORED LINK

2019年9月20日に、「iPhone 11」および「iPhone 11 Proシリーズ」が発売した。

今回はiPadやMacと同じく「Pro」の名を冠することで、iPhone 11が標準モデルで、iPhone 11 Proは最上位モデルという差別化を図っている

標準モデルとなる「iPhone 11」は、「iPhone XR」の後継モデルという位置付けだが、発売時の価格が1万円安く、戦略的な価格設定となっている

モデル名 発売時の価格(税抜)
iPhone XR 84,800円〜
iPhone 11 74,800円〜

旧モデルとして値下げして併売される「iPhone XR」との価格差も1万円(64,800円〜)となるため、「どうせ買うなら最新モデル」と比較検討する方も多いだろう。

今回僕は「SIMフリー版iPhone 11 64GB パープル」を購入したので、以下を紹介しようと思う。

  • 開封レポート
  • 新色「パープル」の色合い
  • iPhone XRとの比較
  • 目玉機能「デュアルカメラ」の実力

SPONSORED LINK

「iPhone 11 64GB パープル」開封レポート

iPhone 11 パープルパッケージ

それでは早速開封レポートを。

化粧箱はもはやお馴染みの佇まい。

今回僕は、「Apple Storeオンライン」で購入したが、オンラインショップでの購入なら確実に、

化粧箱の外装フィルムも自分で剥がせる

というのは大きなメリット。

店頭で手続きすると、たいてい店員さんがはがしてしまうんですよね……。

Apple Store店頭では、開封は購入者の手で行うそうです。
チー
Appleファンは、フィルムも自分で剥がしたい!!

というわけで……

化粧箱のフィルムを剥がす

剥がす!

iPhone 11 の化粧箱がお目見え

ガジェットブログを運営し始めて5年以上経ち、「つい最近iPhone 11 Pro開封の儀」をやっているとは言え快感(笑)

iPhone 11 パープルパッケージ

箱を眺める。

裏面

裏面も見る。

開封

意を決して、開封!

近年のiPhoneはこのタイミングで「Designed by Apple in California」のキャッチコピーが登場したのだが、iPhone初期のように本体がドーンとお目見えした。

iPhone 11 Proも同様です

▼iPhone XSの時はこんな感じ
開封直後の状態

▼iPhone 11 Proはこんな感じ
iPhone 11 Pro開封

▼iPhone 11はこんな感じ
iPhone 11開封

チー
やっぱり本体がドーンと登場する方が、「感動」は大きいね
本体をとると「Designed by Apple in California」

そして、本体を動かすと「Designed by Apple in California」が登場。

さらにめくるとイヤホンと充電器が登場

さらにめくると、イヤホン・充電器が登場した。

同梱品は以下の通り。

iPhone 11の同梱品
  • 本体
  • EarPods with Lightning Connector
  • Lightning – USBケーブル
  • USB電源アダプタ
  • マニュアル

iPhone 11の充電器は従来モデルと同様(Proと異なるので注意)

左:18W USB-C電源アダプタ右:5W USB電源アダプタ

左:18W USB-C電源アダプタ
右:5W USB電源アダプタ

iPhone 11は「5W USB電源アダプタ」と「lightningケーブル」を同梱している。

対して、iPhone 11 ProはUSB-C電源アダプタとケーブルを同梱しているので、標準セットで最大18Wでの急速充電が可能となる

誤解しないで欲しいのだが、iPhone 11でも急速充電は可能だ

急速充電可能な充電器とケーブルを同梱しているかどうかの違い。

ただ、急速充電できるのは嬉しいが、充電器も大型になるのはちょっとした欠点かもしれない。

左:18W USB-C電源アダプタ  右:5W USB電源アダプタ

左:18W USB-C電源アダプタ
右:5W USB電源アダプタ

純正ならではの信頼性はあるが、USB-C充電器に関しては、サードパーティー製の方が今やコスパが高いので、これを機に買い替えるのもありかと思う。

USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

2017年10月4日
iPhone・Macで使いやすいUSB充電器のおすすめ

【2020年版】買ってよかったiPhone純正品以外のUSB充電器(USB-PD急速充電対応)10選。私のおすすめと選び方

2019年8月17日

iPhone 11 パープルをチェック

iPhone 11のフィルムを剥がす

いよいよiPhone 11のフィルムを剥がす。

iPhone 11 iPhone 11を背面から

iPhone 11にご対面
こんにちは!

iPhone 11 はlightning端子採用 iPhone 11 上部 iPhone 11 左側面 iPhone 11 右側面

上下左右から側面をチェック。
iPhone 11はアルミニウムフレームで、カラーに合わせて塗装されている。今回新色パープルを購入したが、色を除けばiPhone XRと何も変わらない。

充電端子もUSB-Cではなく、従来通りのLightningだ。

iPhone 11を背面から

iPhone 11シリーズが従来モデルと大きく異なるのが、背面のデザイン。
背面の特徴として、従来はアップルロゴとiPhoneの文字が印字されていたが、iPhone 11ではアップルロゴのみとなり、位置も中心へ移動された

これだけみても分からないだろうが、

iPhone XRとiPhone 11の背面比較

比較すると違いが分かるかと思う。

背面の質感は従来通り「ツルツルテカテカ」という感じだ。

iPhone 11 Proは同じガラス素材だが、「つや消しのマットな質感」に変わった。

滑りやすさが軽減し、指紋や皮脂が目立ちにくい

というメリットがあり、これは高評価だったのだがiPhone 11は従来通りだったのでちょっと残念……。

iPhone 11のデュアルカメラ

そして、iPhone 11シリーズの目玉機能と言える「デュアルカメラ」。

iPhone XSのデュアルカメラ

トリプルカメラのiPhone 11 Proほどのインパクトはないが、iPhone XSまでのデュアルカメラより「強烈な存在感」がある。

iPhone 11を手に持ってみた
今回僕は新色の「パープル」を購入した。

iPhone XRと同じくカラーバリエーション豊富なモデルだが、どちらかと言えば「派手な色」だったのに対して、iPhone 11のカラーバリエーションはパステル調で、全体的に落ち着いているのが特徴

iPhone 11とiPhone 11 Proを比較する

上位モデルに当たる「iPhone 11 Pro」との違いが気になる方は多いと思うので、比較画像を掲載してみる。

iPhone 11と11 Proの比較(正面)

左:iPhone 11 Pro
右:iPhone 11

保護ガラスを付けた状態です
iPhone 11のカラーバリエーション

左:iPhone 11
右:iPhone 11 Pro

iPhone 11とiPhone 11 Proのフレーム

左:iPhone 11
右;iPhone 11 Pro

iPhone 11とiPhone 11 Proのフレーム

下:iPhone 11

上;iPhone 11 Pro

iPhone 11と11 Proの比較(カメラ)

左:iPhone 11
右;iPhone 11 Pro

大きく違うのは以下の3点。

iPhone 11 iPhone 11 Pro
フレームの素材 アルミニウム ステンレス
カメラの数 2 3
背面の肌触り ツルツル サラサラ
チー
高級感はProの方が上だけど、iPhone 11が安っぽいとは全く思わない

iPhone 11とiPhone XRを比較する

iPhone 11とiPhone XRの正面

左:iPhone XR
右:iPhone 11

続いて、前モデルにあたる「iPhone XR」と比較してみる。

保護ガラスを付けた状態です

正面から見ても大きさ以外、ぱっと見ただけで違いは分からないだろう。

iPhone XRとiPhone 11の背面比較

左:iPhone XR
右:iPhone 11

iPhone 11とiPhone XRのフレーム

上:iPhone 11
下:iPhone XR

iPhone 11とiPhone XRのフレーム側面

上:iPhone 11
下:iPhone XR

ただ、背面になると明らかに違う。

  • カメラ
  • アップルロゴの位置
  • iPhoneの刻印

この辺りがガラッと変わっている。

iPhone 11とiPhone XRのカメラ

左:iPhone XR
右:iPhone 11

特にiPhone 11のカメラは自己主張が強い分、ロゴなどは控えめにしたのかなと感じた。

iPhone XR徹底レビュー

iPhone XR長期利用レビュー。不人気・売れてないと言われる理由は?iPhoneを初めて買う中高生におすすめしたいモデル

2019年2月16日

iPhone 11の目玉「カメラ機能」のファースト・インプレッション

iPhone 11はデュアルカメラ対応

iPhone 11の目玉機能と言えるのは「デュアルカメラ」だろう。

しかし、誤解されがちだが「iPhone 7 Plus」以来採用されているデュアルカメラとは、少し仕様が異なる。

搭載しているカメラの種類が異なるからだ。

レンズの種類 iPhone XSまでのカメラ iPhone 11のカメラ
カメラ
超広角カメラ ×
望遠カメラ ×

従来のデュアルカメラは広角カメラ(標準カメラ)に「望遠カメラ」を加えたものだったが、iPhone 11は「超広角カメラ」を加えている点が異なる。

iPhone 11 Proは引き続き「望遠カメラ」を搭載しています

このため、iPhone 11 Proと比較した大きな違いは、光学2倍で撮影できるかどうかということになる。

  • 超広角カメラ
  • ナイトモード

はiPhone 11 Proと共通仕様だ。

というわけで、上記2機能について簡単に試してみた。

使用したのは以下のスマホだ。

検証に使用したスマホ
Pixel 3はナイトモードのみ検証しています

デュアルカメラの実力(主に超広角カメラの使い勝手)

あいにくの天気だったのだが、同じ位置から設定など一切いじらず、撮影してみた。

▼iPhone 8 Plusの写真

iPhone 8 Plusの広角カメラ

iPhone 8 Plusの広角カメラ

▼iPhone XRの写真

iPhone XRの広角カメラ

iPhone XRの広角カメラ

▼iPhone 11 Proの写真

iPhone 11 Proの広角カメラ

iPhone 11 Proの広角カメラ

iPhone 11 Proの超広角カメラ

iPhone 11 Proの超広角カメラ

▼iPhone 11の写真

iPhone 11の広角カメラ

iPhone 11の広角カメラ

iPhone 11の超広角カメラ

iPhone 11の超広角カメラ

チー
広角、超広角カメラはProと違いがないね!

iPhone 11のカメラアプリは、画面上の倍率を押すと、レンズが切り替えられる。

広角カメラモード

広角カメラモード

超広角カメラモード

超広角カメラモード

カメラアプリのボタン名 カメラの種類
0.5× 超広角カメラ
標準カメラ

iPhone 11 Proでは以下のように、3つのカメラをボタン押して切り替える感じだったが、iPhone 11は少し簡略化されている。

iPhone 11 Proカメラアプリ画面

しかし、改めて驚くのは超広角カメラの「圧倒的な広さ」だ。

いわゆる「広角カメラ」は広い範囲が撮影できるが、端になると「ゆがむ」という欠点がある。しかし、iPhone 11のカメラは「ゆがみ」を上手く補正している

参考までに、広角カメラが売りだった「V20 PRO L-01J」で撮影した写真を掲載すると以下のような感じ。

「V20 PRO L-01J」の広角カメラで撮影

「V20 PRO L-01J」の広角カメラで撮影

撮影時期が異なるため、完全に同じ構図ではないのだが、iPhoneの方がゆがみが少ないように感じる

「V20 PRO L-01J」の感想

広角カメラスマホ LG「V20 PRO L-01J(ドコモ版)」レビュー。旧モデルで値下げされた、超広角カメラの実力をチェック

2018年4月7日

ナイトモードの実力

ナイトモード搭載

そして、iPhone 11シリーズ共通の目玉機能は「ナイトモード」だ。

  • 夜景撮影がキレイにできる
  • 手持ちで撮影できる

という撮影モードで、これが注目されるようになったのは「Google Pixel 3」の夜景モードが衝撃的なクオリティだったからだと思う。

Pixel 3 夜景モードで撮影したイルミネーション

Pixel 3カメラのおすすめ機能は「夜景モード」!驚異の性能と使いこなし方法を解説

2018年12月19日
チー
「夜景モード」と「寄れるポートレートモード」が衝撃的で、思わずPixel 3買っちゃったからね(笑)

iPhoneでナイトモードを搭載するのは、iPhone 11シリーズだけなのだが、違いがよく分かると思うので、iPhone XRで撮影した写真も掲載してみる。

同じ場所からナイトモード(夜景モード)を選ぶ以外、設定を一切いじらず撮影した写真だ。

まずは比較的明るいところ。

▼iPhone 8 Plusの写真

iPhone 8 Plusの広角カメラ

iPhone 8 Plusの広角カメラ

▼iPhone XRの写真

iPhone XRの広角カメラ

iPhone XRの広角カメラ

▼Pixel 3の写真

Pixel 3夜景モード

Pixel 3夜景モード

▼iPhone 11 Proの写真

iPhone 11 Proの広角カメラ

iPhone 11 Proの広角カメラ(ナイトモード)

iPhone 11 Proの超広角カメラ

iPhone 11 Proの超広角カメラ

超広角カメラでナイトモードは使えません(仕様)

▼iPhone 11の写真

iPhone 11の広角カメラ

iPhone 11の広角カメラ(ナイトモード)

iPhone 11の超広角カメラ

iPhone 11の超広角カメラ

超広角カメラでナイトモードは使えません(仕様)

iPhone 11 ProとiPhone 11はほぼ同じ仕上がりで、ナイトモードを使うことでかなり明るく撮影できていることが読みとれるが、Pixel 3の鮮やかさとiPhone 11シリーズの暗い感じが目立つ

肉眼の印象に近いのはiPhone 11シリーズ。しかし、比べるとPixel 3の方がキレイに感じるだろう。

ちなみに、iPhone 11のカメラアプリは、暗い場所で起動すると、自動的に「ナイトモード」になる

iPhone 11のナイトモードは自動判定
  • Pixel 3はモードを選択する
  • iPhone 11は自動判別する

AndroidとiOSの分かりやすい違いだが、Appleはユーザーになるべく機能を意識させないアプローチが多いので、「Appleらしい作り」だと思った

続いて、かなり暗いところで撮影してみた。
こちらはかなり分かりやすく違いが出てくる。

▼iPhone 8 Plusの写真

iPhone 8 Plusの広角カメラ

iPhone 8 Plusの広角カメラ

▼iPhone XRの写真

iPhone XRの広角カメラ

iPhone XRの広角カメラ

▼Pixel 3の写真

Pixel 3夜景モード

Pixel 3夜景モード

▼iPhone 11 Proの写真

iPhone 11 Proの広角カメラ

iPhone 11 Proの広角カメラ(ナイトモード)

iPhone 11 Proの超広角カメラ

iPhone 11 Proの超広角カメラ

超広角カメラでナイトモードは使えません(仕様)

▼iPhone 11の写真

iPhone 11の広角カメラ

iPhone 11の広角カメラ(ナイトモード)

iPhone 11の超広角カメラ

iPhone 11の超広角カメラ

超広角カメラでナイトモードは使えません(仕様)

こちらも色合いなどPixel 3がキレイに見えるが、肉眼に近いのはiPhone 11シリーズのカメラ

  • Pixel 3はキレイだが「盛っている」
  • iPhone 11シリーズは「なるべく自然な色合いに」

一言で夜景撮影と言っても、思想はかなり違うようだが、リリース時点の評価としては「夜景撮影はPixel 3の方が上」と感じた

チー
ただ、手持ちでこれだけ明るく撮れるのは凄い!

一眼レフ・ミラーレスだとかなり難しいけど、よほど凝らない限りスマホの方が簡単になったかも

Pixel 3のカメラ

Pixel 3のカメラ機能レビュー。驚異の「夜景モード」をシングルレンズ&ソフトウェアで実現する性能をチェック

2018年12月9日
Pixel 3で寄って撮影する

iPhone信者でも比較してビックリ!Pixel 3のカメラは「寄れるポートレートモード」がブツ撮りに最適

2019年1月26日

終わりに

iPhone 11 パープル開封フォトレポート

購入からまだ日が浅いので、使い込みは足りないが、ファーストインプレッションとして思うことは、

iPhone 11のカメラは予想以上に使える

ということだ。

もちろん望遠カメラを搭載したiPhone 11 Proと比較すれば、スペックは劣るのだが、望遠カメラよりは役に立つと感じる。

チー
正直、iPhoneの望遠レンズってあまり使ったことがない

逆に、iPhone XRと比較した場合、基本的な性能に大きな違いはないが、カメラは大きく進化していると感じる。

  • カメラ機能重視なら「iPhone 11」
  • カメラにこだわりがないなら「iPhone XR」

価格差1万円はカメラ機能の差と感じたので、購入時の参考になればと思う。

iPhone 11はAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされ、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、契約事務手数料が「無料」のオンラインショップがおすすめです!

買い方のポイント
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。

iPhone 11長期利用レビュー。やっぱり不人気?売れてない?カメラが大幅進化して、実は結構安いiPhoneデビューにおすすめ

2020年3月22日

一緒に使いたいおすすめアクセサリ・サービス

チー
僕がiPhone 11ユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!
iPhone XR向けですが、後継モデルがそのまま発売するようです
iPhone XRおすすめケース4選

【2020年版】iPhone XRケースのおすすめ4選。ハード・ソフト・手帳型・レザーを使って分かった私の選び方

2019年6月4日
iPhone X・XS・XR対応画面保護シートのおすすめ

iPhone XR、iPhone XS・Xに画面保護シートは必要?ガイド枠付き全面保護ガラスが一番のおすすめ!

2019年5月22日
iPhone・Macで使いやすいUSB充電器のおすすめ

【2020年版】買ってよかったiPhone純正品以外のUSB充電器(USB-PD急速充電対応)10選。私のおすすめと選び方

2019年8月17日
iPhoneで使いやすいモバイルバッテリーのおすすめ

【2020年版】買ってよかったモバイルバッテリー10選(USB-PD急速充電対応)。iPhoneで使うおすすめと私の選び方

2020年3月14日
パパンダ
チーさん、多いよ……。
チー
あともう1つ!
Apple Payは本当に便利だから、「食わず嫌い」の方もだまされたと思って使ってみて欲しい!
パパンダ
Apple Payはチーさんに言われて使い始めたけど、確かに便利だった!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

2019年6月29日

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

オンラインショップのメリット
チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ。

そして、万一「在庫無し」でも、予約すれば必ず入荷することは覚えておこう!

お得な情報も最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2020年4月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
docomoの最新キャンペーン
  1. オンラインショップ「SPECIAL割引 第2弾」
    対象機種への機種変更が在庫限りで最大22,000円割引!
  2. ドコモの学割
    25歳以下なら最大12ヶ月間、ギガホが1,500円割引、ギガライトが1,000円割引!
  3. ギガホ割
    最大6ヶ月間、月額料金が1,000円割引!
  4. ギガホ増量キャンペーン
    通常30GB/月のデータ量が、2倍の60GBまで使える!
  5. 端末購入割引
    対象機種にMNPで、最大22,000円分のポイント還元!
  6. はじめてスマホ割
    ガラケーからスマホへのデビューで最大12ヶ月間、月額1,000円割引!
  7. はじめてスマホ購入サポート
    ガラケーからスマホへのデビューで、対象機種を割引!
  8. おしゃべり割60
    60歳以上のスマホデビューで最大12ヶ月間、月額700円割引!
  9. Galaxy Note10+購入特典
    先着2,000名にワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」プレゼント!
  10. AQUOS zero2 SH-01M購入特典
    購入+応募で、もれなくdポイント5,000円相当プレゼント!
やぶなお
オンラインショップなら24時間受付可能で、最短翌日発送もできるので、手続きがすごく楽です。

お得な情報もドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
\ スマホがおトク!手数料無料 /

最新キャンペーンをチェック

docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2020年3月最新】最大6万円以上もおトクになる!?docomoのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

2020年1月27日

ドコモ新料金プラン(分離プラン)「ギガホ・ギガライト」・「スマホおかえしプログラム」の解説

ギガホ・ギガライト
チー
ドコモ新料金プラン「ギガホ・ギガライト」や「スマホおかえしプログラム」の開始で、旧プランの受付終了など(docomo withなど)色々変わるので、オトクなのかを考察しました
ドコモの分離プラン「ギガホ・ギガライト」を解説

ドコモ分離プラン(新料金プラン)「ギガホ・ギガライト」はお得?いつ変更する?契約するメリット・旧プランの比較を徹底検証

2019年5月14日
スマホおかえしプログラムを徹底解説

ドコモ「スマホおかえしプログラム」とは。購入ではなくリース?オトクになるパターンと注意点を解説

2019年5月30日

「ギガホ・ギガライト」はdカード・dカード GOLDで支払うと「dカードお支払割」が適用されます。

2年縛りがなくなり解約金不要で2年契約の料金になるので、この機会にカードを作ってみてはいかがでしょうか。

\ 年会費永年無料 /

dカードの入会特典をみる

docomoユーザー必携!dカード GOLD

docomoでiPhoneを買うなら、利用料金の10%がポイント還元される、「dカード GOLD」の契約をおすすめします。

dカード GOLDはドコモユーザー必携

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元。ドコモユーザーなら持って損のないカード

2016年8月22日
\ 入会キャンペーンあります /

dカード GOLDを申込む

パパンダ
え~。でも年会費が1万円もするし、高いじゃん。普通のdカードで充分だよ
チー
高いといっても、毎月の携帯利用料金の10%がポイント還元されるんだから、持ってて損はないカードだよ
パパンダ
確かにそうだけど、いきなり年会費1万円はハードル高いし、まずは年会費無料のdカードでいいや。

普通のクレジットカードとして十分使えるし
\ カード利用で年会費無料 /

dカードを申込む

iPhone 11の考察記事

iPhone 11シリーズのポートレートモード実力は

iPhoneのポートレートモードは使える?iPhone XRとiPhone 11の違いは?対応モデル、撮影時の注意点をまとめました

2020年1月14日
iPhone 11 Proの超広角カメラは使えるか

iPhone 11 Pro・iPhone 11の超広角カメラは便利?何に使う?自分の記録として残すには「情報量が増える」ので便利

2019年12月21日
iPhone 11のナイトモード1

iPhone 11/11 Proの「ナイトモード」は使える?Appleらしいこだわりを感じるも、Android(Pixel)と比較するとまだまだ発展途上

2020年1月20日

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年3月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK