運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーン開封フォトレポート。超広角カメラ・ナイトモードの実力をチェック

iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーン開封フォトレポート
SPONSORED LINK

2019年9月20日に、「iPhone 11」および「iPhone 11 Proシリーズ」が発売した。

iPhone Xの流れを組む、10万円オーバーのスマホということで、

高すぎる

という声も相変わらず多いが、今回はiPadやMacと同じく「Pro」の名を冠することで、iPhone 11が標準モデルで、iPhone 11 Proは最上位モデルという差別化を図っている

さらに言えば、iPhone Xから数えて3代目ともなると「まあそんなもんだよね」という雰囲気もある(笑)

iPhoneは伝統的に、2年に1回大規模なモデルチェンジを行っている
モデルナンバー(8・X・11など)が変わる時で、iPhone 11シリーズは大規模なモデルチェンジの周期にあたる

前モデルである「iPhone XS」が地味な変化だったのはこのためだ。

というわけで今回僕は「ドコモ版iPhone 11 Pro 256GB ミッドナイトグリーン」を購入した。

  • 開封レポート
  • 新色「ミッドナイトグリーン」の色合い
  • iPhone XS Maxとの比較
  • 目玉機能「トリプルカメラ」の実力

を紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

「iPhone 11 Pro 256GB ミッドナイトグリーン」開封レポート

iPhone 11 Proの化粧箱

それでは早速開封レポートを。

化粧箱はもはやお馴染みの佇まい。

今回僕は、「ドコモオンラインショップ」での購入だが、Appleファン的にオンラインショップ購入のメリットが1つある

それは、

化粧箱の外装フィルムも自分で剥がせる

ということだ。

店頭で手続きすると、たいてい店員さんがはがしてしまうんですよね……

チー
Appleファンは、フィルムも自分で剥がしたい!!

というわけで……

化粧箱のフィルムを剥がす

剥がす!

iPhone 11 Proの化粧箱がお目見え

ガジェットブログを運営し始めて5年以上経ち、「新型iPhone開封の儀」は毎年やっているとは言え快感(笑)

いろんな確度から眺める

箱を眺める。

裏面

裏面も見る。

開封

意を決して、開封!

ここで驚いたのが、近年のiPhoneはここに「Designed by Apple in California」のキャッチコピーが登場したのだが、iPhone初期のように本体がドーンとお目見えした。

▼iPhone XSの時はこんな感じ
開封直後の状態

▼iPhone 11 Proはこんな感じ
開封

チー
やっぱり本体がドーンと登場する方が、「感動」は大きいね
本体をとると「Designed by Apple in California」

そして、本体を動かすと「Designed by Apple in California」が登場。

さらにめくるとイヤホンと充電器が登場

さらにめくると、イヤホン・充電器が登場した。

同梱品は以下の通り。

iPhone 11 Proの同梱品
  • 本体
  • EarPods with Lightning Connector
  • USB-C – Lightningケーブル
  • 18W USB-C電源アダプタ
  • マニュアル

iPhone初採用の18W USB-C電源アダプタ

左:18W USB-C電源アダプタ右:5W USB電源アダプタ
左:18W USB-C電源アダプタ
右:5W USB電源アダプタ

iPhone 11 Proの特徴として、USB-C電源アダプタとケーブルを同梱しているので、標準セットで最大18Wでの急速充電が可能となる

iPhone 11は従来通り、5WのUSB充電器が同梱されています

ただ、急速充電できるのは嬉しいが、充電器も大型になるのはちょっとした欠点かもしれない。

左:18W USB-C電源アダプタ  右:5W USB電源アダプタ
左:18W USB-C電源アダプタ
右:5W USB電源アダプタ

純正ならではの信頼性はあるが、USB-C充電器に関しては、サードパーティー製の方が今やコスパが高いので、これを機に買い替えるのもありかと思う。

USB-C Lightningケーブルで充電中
iPhone・Macで使いやすいUSB充電器のおすすめ

iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーンをチェック

iPhone 11 Proの外装フィルムを剥がす

いよいよiPhone 11 Proのフィルムを剥がす。

iPhone 11 Pro iPhone 11 Proを背面から

iPhone 11 Proにご対面
こんにちは!

iPhone 11 Proはlightning端子採用 iPhone 11 Pro上部 iPhone 11 Pro左側面 iPhone 11 Pro右側面

上下左右から側面をチェック。
ミッドナイトグリーンなので、ステンレスフレームがグリーンに塗装されていることを除けば、iPhone XSと何も変わらない。

充電端子もUSB-Cではなく、従来通りのLightningだ。

iPhone 11 Proを背面から

一つ驚いたのが背面。
背面の特徴として、従来はアップルロゴとiPhoneの文字が印字されていたが、iPhone 11 Proではアップルロゴのみとなり、位置も中心へ移動された

これだけみても分からないだろうが、

iPhone XSとiPhone 11 Proの背面比較

比較すると違いが分かるかと思う。

さらに言うと、背面の質感も変わった。
iPhone 8以降はガラス素材で「ツルツル」だったのだが、素材はそのままで「つや消しのマットな質感」に変わった。

滑りやすさが軽減し、指紋や皮脂が目立ちにくい

というメリットがあり、これは高評価!

目玉のトリプルカメラ

そして、iPhone 11 Proシリーズの目玉機能と言える「トリプルカメラ」。

デュアルカメラになった時以上の、「強烈な存在感」がある。

チー
これはやっぱり賛否両論あると思う……。
iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーンは手に収まりやすいサイズ感

今回僕は新色の「ミッドナイトグリーン」を購入した。

グリーンのiPhoneというのは初めてでどんなものかと思ったが、落ち着いた色合いで「男性向きな色」だと思った

側面はステンレスで、本体色に合わせてグリーンに塗装されている。

iPhone 11 ProとiPhone XS Maxを比較する

iPhone XSとiPhone 11 Proの比較正面 iPhone XS Maxと比較してみる。

正面から見ても大きさ以外、ぱっと見ただけで違いは分からないだろう。

iPhone XSとiPhone 11 Proの背面比較 カメラはかなり違う

ただ、背面になると明らかに違う。

  • カメラ
  • アップルロゴの位置
  • iPhoneの刻印

この辺りがガラッと変わっており、iPhone 11 Proはカメラの自己主張が強い分、ロゴなどは控えめにしたのかなと感じた。

iPhone XS長期利用レビュー

iPhone 11 Proの目玉「カメラ機能」のファースト・インプレッション

超広角カメラ追加

この記事を書いているのは2019年9月20日で、つまりiPhone 11 Proの発売日

丸1日も触っていないわけで、十分な検証はできていないのだが、一番気になる以下の2機能についてだけ簡単に試してみた。

  • トリプルカメラの実力(主に超広角カメラの使い勝手)
  • ナイトモードの実力

使用したのは以下のスマホだ。

トリプルカメラの実力(主に超広角カメラの使い勝手)

あいにくの天気だったのだが、同じ位置から設定など一切いじらず、撮影してみた。

▼iPhone 8 Plusの写真

iPhone 8 Plusの望遠カメラ
iPhone 8 Plusの望遠カメラ
iPhone 8 Plusの標準カメラ
iPhone 8 Plusの標準カメラ

▼iPhone XS Maxの写真

iPhone XS Maxの望遠カメラ
iPhone XS Maxの望遠カメラ
iPhone XS Maxの標準カメラ
iPhone XS Maxの標準カメラ

▼Pixel 3の写真

Pixel 3のカメラ
Pixel 3のカメラ

▼iPhone 11 Proの写真
iPhone 11 Proのカメラアプリは、画面上から以下の選択肢を選ぶと、レンズが切り替えられる。

カメラアプリ画面
カメラアプリのボタン名カメラの種類
.5超広角カメラ
1標準カメラ
2望遠カメラ
iPhone 11 Pro の望遠レンズ
iPhone 11 Pro の望遠カメラ
iPhone 11 Pro の標準レンズ
iPhone 11 Pro の標準カメラ
iPhone 11 Pro の超広角レンズ
iPhone 11 Pro の超広角カメラ
チー
超広角カメラはめっちゃ広い範囲が撮影できるね!

いわゆる「広角カメラ」は広い範囲が撮影できるが、端になると「ゆがむ」という欠点がある。しかし、iPhone 11 Proのカメラは「ゆがみ」を上手く補正している

参考までに、広角カメラが売りだった「V20 PRO L-01J」で撮影した写真を掲載すると以下のような感じ。

「V20 PRO L-01J」の広角カメラで撮影
「V20 PRO L-01J」の広角カメラで撮影

撮影時期が異なるため、完全に同じ構図ではないのだが、iPhoneの方がゆがみが少ないように感じる

「V20 PRO L-01J」の感想

ナイトモードの実力

ナイトモード搭載

そして、iPhone 11シリーズ共通の目玉機能は「ナイトモード」だ。

  • 夜景撮影がキレイにできる
  • 手持ちで撮影できる

という撮影モードで、これが注目されるようになったのは「Google Pixel 3」の夜景モードが衝撃的なクオリティだったからだと思う。

Pixel 3 夜景モードで撮影したイルミネーション
チー
「夜景モード」と「寄れるポートレートモード」が衝撃的で、思わずPixel 3買っちゃったからね(笑)

iPhoneでナイトモードを搭載するのは、iPhone 11シリーズだけなのだが、違いがよく分かると思うので、iPhone XSで撮影した写真も掲載してみる。

同じ場所からナイトモード(夜景モード)を選ぶ以外、設定を一切いじらず撮影した写真だ。

まずは比較的明るいところ。

▼iPhone 8 Plusの写真

iPhone 8 Plus
iPhone 8 Plusのカメラアプリ

▼iPhone XS Maxの写真

iPhone XS Max
iPhone XS Maxのカメラアプリ

▼Pixel 3の写真

Pixel 3夜景モード1
Pixel 3夜景モード

▼iPhone 11 Proの写真

iPhone 11 Pro
iPhone 11 Proナイトモード

Pixel 3の鮮やかさとiPhone 11 Proの暗い感じが目立つ。

肉眼の印象に近いのはiPhone 11 Proだが、ちょっと明るい場所でのナイトモードはイマイチのようだ

ちなみに、iPhone 11 Proのカメラアプリは、暗い場所で起動すると、自動的に「ナイトモード」になる

ナイトモードは自動起動
  • Pixel 3はモードを選択する
  • iPhone 11 Proは自動判別する

AndroidとiOSの分かりやすい違いだが、Appleはユーザーになるべく機能を意識させないアプローチが多いので、「Appleらしい作り」だと思った

続いて、かなり暗いところで撮影してみた。
こちらはかなり分かりやすく違いが出てくる。

▼iPhone 8 Plusの写真

iPhone 8 Plus
iPhone 8 Plusのカメラアプリ

▼iPhone XS Maxの写真

iPhone XS Max
iPhone XS Maxのカメラアプリ

▼Pixel 3の写真

Pixel 3夜景モード2
Pixel 3夜景モード

▼iPhone 11 Proの写真

iPhone 11 Pro
iPhone 11 Proナイトモード

こちらも色合いなどPixel 3がキレイに見えるが、肉眼に近いのはiPhone 11 Proのカメラ

  • Pixel 3はキレイだが「盛っている」
  • iPhone 11 Proは「なるべく自然な色合いに」

一言で夜景撮影と言っても、思想はかなり違うようだが、リリース時点の評価としては「夜景撮影はPixel 3の方が上」と感じた

チー
ただ、手持ちでこれだけ明るく撮れるのは凄い!

一眼レフ・ミラーレスだとかなり難しいけど、よほど凝らない限りスマホの方が簡単になったかも

Pixel 3のカメラ
Pixel 3で寄って撮影する

iPhone 11 Proの価格はいくらだった?

iPhone 11 Proの化粧箱

今回僕は「ドコモオンラインショップ」で機種変更として購入した。

iPhone 11 Proの購入価格

iPhone 11 Pro 256GBの価格は「139,968円(税込)」。

今回は機種変更クーポンなどが何も来なかったので、「スマホおかえしプログラム」を適用して購入した。

2年間利用後に端末を返却した場合の実質価格は「86,400円」。まあ、高いか安いかは考え方次第だろう……。

ちなみに「docomo with」回線だが、割引を適用したままiPhone 11 Proに機種変更している。

終わりに

iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーン開封フォトレポート

購入した日のレポートなので、使い込みは足りないが、ファーストインプレッションとして思うことは、

ケースなしで使いたくなる質感の高さが魅力

ということだ。

iPhone 8以来ガラス素材になったiPhoneは、見た目が美しいものの、滑りやすく汚れが目立ち、ケースなしで使うことは考えられなかった

今回ガラス素材だがサラッとした「マットな質感」にかわったことで、全体的な質感は高まったと思う。

とはいえ、iPhone 11 Pro目玉機能は「カメラ」。

これから使い込んで行くのが楽しみだ。

iPhone 11 Proは販売終了しました

2021年10月現在は後継モデルとして「iPhone 13シリーズ」が販売されています。

キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

買い方のポイント
  • 契約事務手数料が無料の、オンラインショップを活用する
  • ストレージは「128GB」がおすすめ
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。

定番のケース・保護フィルム(ガラス)については、以下のまとめ記事をご覧ください。

iPhone 11 ケースのおすすめ
iPhone 11のおすすめ画面保護シート

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2021年10月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説
docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

iPhone 11 Proの考察記事

丸1日使っても60%程度バッテリーが残っている
iPhone 11 Proの超広角カメラは使えるか
iPhone 11のナイトモード1

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!