docomoのAndroidスマホ購入計画。キャンペーンとダイレクト割でかなり安くなっています

Galaxy
SPONSORED LINK

僕が現在docomoで使っているガラケーはF-03B。薄くて軽くてワンプッシュオープンも付いてるから、「電話」としての使い勝手は非常にいい。そして、僕の場合はFOMA携帯でありながらXi契約にして、通話専用で月1,480円での運用。価格もそれほど高くない。

ただ、先日docomo新製品と発表と同時に始まった割引き施策が中々熱い。特に僕の場合は契約期間が10年オーバーなので、「Xiスマホ割」と「ありがとう10年 Xiスマホ割適用」でタイプXiにねん(780円)が2年間無料になるというのはかなりでかい。Androidを使うかどうかは置いておいても、便宜上機種変更した方が安くなるんじゃないかって気がしてきた。

というわけで、試算!

SPONSORED LINK

前提

docomo携帯は基本的に通話専用で、データ通信はiPhoneなど別キャリアの端末を使う2台持ち運用を前提とする。こういう事情もあり、最新端末ではなく実質無料や月々サポート金額が大きい端末を選ぶ。そして、月々サポートを受けるために、SPモードやパケホーダイは絶対に契約する。以下のサイトを見る限りでは、「Xiパケ・ホーダイ ダブル」と「SPモード」で合計2,415円払えば月々サポートは受けられることになるっぽい。

要するに契約上はAndroidに機種変更するが、実際は今のガラケーを使い続けるイメージ。

試算結果

とりあえずdocomoオンラインショップに掲載されている金額をもとにやってみた(若干漏れはあるかもしれない)。発表当時から個人的にちょっと欲しいと思っていたコンパクトなAndroid「Xperia SX SO-05D」、その他はとにかく安さ重視でピックアップし、機種変更後2年間の最低利用料金を計算。そうすると案外安いことが分かった。

機種名通話料(※1)通信料(※2)月々サポート実質負担金月額合計
今のまま1,4800001,480
Xperia SX SO-05D7002,415-18906923,807
MEDIAS LTE N-04D7002,415-252003,115
GALAXY S II LTE SC-03D7002,415-2,41503,115
GALAXY Note SC-05D7002,415-2,7651313,246

※1 「タイプXiにねん」+「Xiカケ・ホーダイ」で「Xiスマホ割」と「ありがとう10年 Xiスマホ割適用」でタイプXiにねんが2年間無料
※2 月々サポート適用のため「Xiパケ・ホーダイ ダブル」と「SPモード」を契約

Xiでほとんど通信しないという前提は付くが(2,100円で収まる範囲に限定になるが、今はそもそも契約すらしてない)、Androidのスマホがかなり安く手に入る計算に。

さらにさらに

setwari
「ドコモの家族セット割」というキャンペーンがある。これだと1台につき10,000円端末代が割り引かれるとか。

我が家では僕、嫁、母親の3名でdocomoを使っているし、まとめて機種変したらお得な気もする。嫁は去年機種変更しているが(結局iPhoneになったが)、母親はもう5年くらい機種変更していない感じだし。

長期利用ユーザー向けの施策が充実しているのはdocomoならではだが、ほんとにこれでいけるなら若干罪悪感を感じてしまうレベルだな、、、。Android端末は3つもいらんし、2つはヤフオクとかで処分すれば、費用は結構回収できそう。

Androidのレビュー記事

Android端末は、格安スマホから、フラグシップのGalaxy・Xperiaまで多種多様な端末が販売されています。

2018年時点では、値段ならHUAWEI端末、品質ならGoogleのPixel 3をおすすめします。

Androidの格安スマホは使える?iPhoneユーザーでも‎楽しい、Huawei(ファーウェイ)スマホの魅力

2018.02.20

Google Pixel 3開封レビュー。iPhone 8を意識した、Androidユーザー待望のリファレンスモデルをチェック

2018.11.20

Androidのおすすめアプリ

【Android】スマホの電話を録音する方法。通話録音アプリ「通話レコーダー」で会話を自動録音

2015.04.07

祝日など指定日が除外できるお勧めの目覚ましアプリ。Androidアプリ「スマートアラーム」レビュー。

2015.03.02

あわせて読みたい

SPONSORED LINK