iPhone販売戦線に異状あり?MNP契約者向けのキャッシュバックが早くも登場

iPhone 5s/5c/SE
SPONSORED LINK

発売してまだ2日しか経たない、iPhone 5c/5s。

例年であれば、地方都市の岡山であっても家電量販店などのiPhone売り場には、人があふれている。

今日用事があって、夕方くらいに近所の量販店に行ったのだが、今まであまり見たことのない光景を目にした。

SPONSORED LINK

発売して間もないのに現金キャッシュバック

それは、MNP利用者向けのキャッシュバックだ。

僕が行った店ではauの場合、MNP契約でiPhone 5cを購入すれば3万円、iPhone 5sなら2万円のキャッシュバックと書いていた。

iPhone 5cはMNPで契約すればどのキャリアも、2年間の利用で実質無料となる。

auの場合は、キャリアの施策として1万円の現金キャッシュバックがあるし、基本使用料2年間無料も当然有効。

なんだか年度末を見ているような気分だった。しかし、年度末と状況が違うことがもう一つある。

客がいないのだ。

販売側ばかり盛り上がるiPhone

20日にアリオ倉敷で見た時も感じたが、休日と言うこともありアルバイトの店員とかはどのキャリアも多い。

夕方という時間とは言え、3連休だしiPhoneが発売して初めての週末だし、販売側はかなり張り切っていたのだと思う。

ところが、お客さんはあまりいない。触っている人はそこそこいるけど、契約している人があまりいない。

契約に関しては時間の問題が大きいだろうが、iPhone発売直後の週末とは思えない光景だった。

終わりに

もう一つ例年と違う事を言えば、在庫が普通にある事だ。

iPhone 5cはほぼ全色、iPhone 5sもスペースグレイなら在庫がある。

例年なら予約をしなきゃ買えない状態が普通なのに、今回はそうなっていない。

在庫が潤沢なのか、売れなくなったのか、どちらかは分からないが、例年ほどの盛り上がりがないことだけは間違いないと言える。

そう考えると、iPhone 5sの予約を受け付けなかった理由が見えてくる。

そうでもしなければ話題にできなかったんじゃないか、そんな穿った見方をしてしまうほどに、ぶっちゃけ今回のiPhoneに対する顧客の反応は鈍そうだ。

発売間もないiPhoneの契約で、キャッシュバックという飛び道具が登場しているのはそのせいなのかもしれない。

今でこれだと、今年の年度末は本当にiPhoneはどのキャリアも投げ売り状態になってしまうのではなかろうか、、、

特にiPhone 5c大丈夫か?

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

iPhone 5s後継となる、4インチiPhoneの最新モデル「iPhone SE」はUQ mobile・Y!mobileなどサブブランドを中心とした、格安SIMで幅広く販売されています(大手キャリアはdocomoを除き完売です)。

docomo版および格安SIMではSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です(Appleは販売終了)。

契約はオンラインショップがお手軽です!

iPhone SEレビュー。4インチiPhoneの魅力は手のひらに収まる「機動力」

2017.04.19

節約だけで格安SIMを選んで大丈夫?主婦/主夫目線で、安さNo.1でない「UQ mobile」を選択した5つの理由

2018.02.15

あわせて読みたい

SPONSORED LINK