Apple Watch Series 6発表!詳しくはこちら

iPadでマウスを使いたい方に知って欲しい、指の操作をマウスでするための操作方法まとめ【iPadOS 13.4以降対応版】

iPadOS13.4のマウス・トラックパッド正式対応
SPONSORED LINK

どうも、iPad仕事術のゆうたです。

2020年3月25日に公開されたiPadOS13.4は、iPad独自の進化としてマウスとトラックパッドに対応しました

iPadOS13.3までもマウスは対応していましたが、「Assistive Touch機能を活用した対応」という間接的なものでしたし、トラックパッドは対応していなかったんです。

iPadでBluetoothマウスを使うためのこだわり設定

iPadでBluetooth対応マウスを使う方法。仕事で快適に使うためのこだわり設定を紹介【iPadOS13.3まで】

しかし、iPadOS13.4からは操作UI(ホーム画面に戻る、Slide Overの出し方など)に細かく対応したため、iPadはまさにパソコンでもなく、でかいiPhoneでもない、独自のデバイスになりました

特にトラックパッドを使う場合、「Macライク」な使い勝手になっているといえます。

Apple純正アクセサリの使用を前提にしているからだと思います

トラックパッド対応ばかり目立っていますが、マウスはかなり新鮮な使い勝手!

ただ、マウスの操作方法はわりと特殊で、今までのiPadとは違うUI体験です。

今回は、iPadOS13.4以降のマウス操作について以下を紹介しようと思います。

  • 外部マウスの接続方法
  • マウスの各種設定方法(複数あり)
  • iPadOS13.4以降のマウスを使ったiPad操作方法
ゆうた
トラックパッドではなく「マウス」にこだわって使いたいは是非ともご覧ください!

SPONSORED LINK

iPadOS 13.4以降のマウス設定と操作方法について(動画)

iPadでBluetoothマウスを使う方法と、こだわり設定については動画でも解説しています。

今回は「動き」をみた方が分かりやすいと思うので、18分と少し長い動画ですが、時間があるとき是非ご覧ください。

外部マウスの接続方法

マウスの接続方法はよりシンプルになりました。

以前は接続するだけではダメで、「Assistive Touch」をオンにする必要がありましたが、Bluetooth接続すればすぐにポインタが表示されます

iPadでBluetoothマウスを使うためのこだわり設定

iPadでBluetooth対応マウスを使う方法。仕事で快適に使うためのこだわり設定を紹介【iPadOS13.3まで】

マウス接続方法1

Bluetoothマウスの電源をオンし、ペアリング待機状態に(端末によって、ペアリングモードへの操作方法は異なります)すれば、一覧に出てくるのでマウスをタップ。

マウス接続方法2

あとはペアリングを許可すれば完了。

マウス接続後、無事ポインタが表示

面倒な設定もなく、無事ポインタ(マウスカーソル)が表示されました。

マウスの各種設定方法(複数あり)

iPadOS13.4から、マウスの設定項目が増えました。

設定項目としては以下があります。

マウスの設定項目
  • ポインタの速度、スクロールの天地(ナチュラル)、右クリックの設定
  • ポインタの色やスクロールの速さ、アニメーションの有無など
  • ボタンのカスタマイズ

設定がいくつかに分かれた理由はおそらく、「トラックパッド」と「マウス」それぞれに対応したためです。

今後Appleとしては、MacBook Proなどと操作性の近い、「トラックパッド」搭載の「Magic Keyboard」を推奨したいので、トラックパッドの設定を分かりやすい場所に配置し、マウスと混同しないようにしたのでしょう

ゆうた
この記事は「マウス」の利用を想定しているので、マウスの設定項目を紹介します

ポインタの速度、スクロールの天地(ナチュラル)、右クリックの設定

トラックパッドとマウスの設定

マウスを接続すると、【設定】→【一般】の中に「トラックパッドとマウス」という設定項目が表示されます。

トラックパッドやマウスを接続した時のみ、表示されるようです
トラックパッドとマウスの設定項目一覧

ここはトラックパッドの設定も兼ねており、以下が設定できます。

トラックパッドとマウスの設定項目
  • ポインタの速度
  • スクロールの天地(スクロールの方向と画面移動の方向を反転させるか)
  • 副ボタン(右クリック)を、右/左どちらのクリックにするのか

トラックパッドを使用する場合、この設定を調整すれば、Macとかなり似た操作性になります。

ポインタの色やスクロールの速さ、アニメーションの有無など

ポインタコントロール

次の設定が、マウスポインタ自体の設定・スクロールの速度の調整です。

この設定もマウスを接続した時のみ表示されます。

「アクセシビリティ → ポインタコントロール」から設定可能です。

ポインタコントロール設定一覧

設定項目は以下となります。

ポインタコントロールの設定項目
  • マウスポインタの外観(コントラストやカラー等)
  • ポインタのサイズ
  • ポインタのアニメーション
  • スクロールの速さ

「ポインタのアニメーション」は、iPadOS13.4からの目玉機能です。

しかし、動作が遅く感じたり、邪魔だと感じていた人にとって、OFFにできるのは嬉しいんじゃないでしょうか。

ボタンのカスタマイズ

マウスのボタンを使うならAssistiveTouchが必須

iPadOS13.4でマウスに正式対応しました。

しかし、多機能マウスの複数ボタン(スクロールボタンやブラウザの進む/戻るボタン等)を利用するためには、iPadOS13.3までと同じように「Assistive Touch」をオンにする必要があります

設定方法はiPadOS13.3までと同じなので、細かい設定方法は以下の記事を参考にしてみてください。

iPadでBluetoothマウスを使うためのこだわり設定

iPadでBluetooth対応マウスを使う方法。仕事で快適に使うためのこだわり設定を紹介【iPadOS13.3まで】

ボタンカスタマイズへのショートカット

ちなみに、iPadOS13.4からは「Assistive Touch」へのショートカットができました。

上記「ポインタコントロール」設定画面に、ショートカットがあるので、「Assistive Touch」へ一発でアクセスできます。

ゆうた
「Assistive Touch」は設定メニューのかなり深い階層にあって面倒だったので、ショートカットがあるのは助かる!

iPadOS13.4以降のマウスを使ったiPad操作方法

ではここからは、実際にマウスを利用したiPad操作方法を紹介します。

トラックパッドを活用したジェスチャーは、Mac利用者には馴染みの方法が多いと思います。

しかし、マウスを使った操作UIはかなり斬新なので、マウスユーザーの方は是非覚えておきましょう。

Dockを表示する方法

カーソルをスクリーン下部に置くとDock表示

まずはDock表示。

マウスポインタをスクリーン下部へ持っていくと、Dockが自動で表示されます

操作性はMacの隠れているDock表示と同じなので、手軽ですしMacユーザーなら違和感なく操作できるはずです。

ゆっくり動かしたカーソルを更に下方向に動かせばDock表示

ちなみに、マウスポインタを「ゆっくりと」画面下部へ持っていった場合、Dockは表示されません。

その場合、下部へ移動させたポインタを、更に下へ持っていくとDockが表示されます

ホーム画面へ戻る方法(2種類)

iPadOSでもっともよく使う「ホーム画面へ戻る操作」は、マウスポインタを動かすだけ容易に操作できるようになりました

2種類あります。

ホーム画面へ戻る方法
  • Dockが表示されている状態で、ポインタを更に下へ持っていく
  • 画面下部に表示されている「ホームバー」(Home Indicator)へポインタを持っていくと、ポインタの形が「ホームバー」に合わさるのでそこでクリック

▼Dockが表示されている状態で、ポインタを更に下へ持っていく
ホーム画面への戻り方1

▼画面下部の「ホームバー」にポインタを持っていき、クリック
ホーム画面への戻り方2

2つ目の操作方法の方が動作としては楽かもしれません。

アプリスイッチャーの表示方法(2種類)とアプリ終了

アプリスイッチャーの表示方法も、マウスポインタを動かすだけで可能です。

アプリスイッチャーの表示方法
  • ホーム画面を表示中であれば、ポインタを画面下部から更に下へ持っていく
  • アプリを起動中であれば、画面下部の「ホームバー」にポインタを合わせ、上にドラッグ

▼ホーム画面を表示中であれば、ポインタを画面下部から更に下へ持っていく
Appスイッチャーの表示方法1

▼アプリを起動中であれば、画面下部の「ホームバー」にポインタを合わせ、上にドラッグ
Appスイッチャーの表示方法2

また、アプリスイッチャー表示中に、終了したいアプリへポインタを合わせ、ホイールを上に動かすと、アプリを終了できます。

Appスイッチャーでのアプリの削除方法

直近のSlide Overの表示/非表示方法

Slide Overの表示方法は、指で操作する場合と同様に「Dockからアプリアイコンをドラッグする」操作です。

マルチタスク機能「Slide Over」と「Split View」の使い方

マルチタスク機能「Slide Over」と「Split View」の使い方。iPadOSになって変わったことを徹底解説

ただ、Slide Overにはスクリーン右端からスワイプすることで、「直近のSlide Over」を表示する機能があります。

マウスを使っても同じ機能は使えますが、操作方法が違います。ただ、この方法は、慣れれば指での操作並みに便利だと感じました

マウスで直近のSlide Overを表示する方法
  • ポインタをスクリーン右側へ移動させる
  • そこから更に右へポインタを移動させようとする
  • 直近のSlide Overが表示
マウスを使ったSlide Overの表示方法 Slide Over非表示方法

要するに、マウスカーソルを右へ2回動かせばいいので、楽なんです。

また、非表示にするときは、表示する時と同じ操作をすれば消えます。

Spotlightサーチの表示方法

Spotlightサーチも、マウス一つで簡単に表示することができるようになりました。

スクロールホイールするだけでSpotlightサーチ

ホーム画面でホイールを下に動かすだけで、Spotlightサーチが起動します。

通知センターの表示方法(2種類)

通知センターの表示方法は、僕が調べたところ2種類ありました。

通知センターの表示方法
  • 通常時は、画面左上に表示される、「キャリア名」や「日時」をクリックする
  • フルスクリーン表示時は、ポインタを画面上部へ持っていき、そこから更に上に持っていく

▼【通常】画面左上に表示される、「キャリア名」や「日時」をクリックする
通知の表示方法1

左上までポインタを持っていくと、吸い付くようにポインタの形状が変化するので、そこでクリックをすれば通知が表示されます。

▼【フルスクリーン】ポインタを画面上部へ持っていき、そこから更に上に持っていく
通知の表示方法2

ポインタをスクリーン上部へ持っていき、そこから更に上に持っていくと通知バーが表示されます。

この操作方法は左上に「キャリア名」や「日時」が表示されていても、普通に使えます。

なので、基本はこちらの操作方法覚えるだけで十分でしょう。

また、通知センターを閉じるには、ホーム画面へ戻るのと同じ操作方法で可能です。

コントロールセンターの表示方法(2種類)

通知センターの表示方法と同じように、コントロールセンターの表示方法も2種類存在しました。

コントロールセンターの表示方法
  • 通常時は、画面右上に表示される、「バッテリーマーク」などをクリックする
  • フルスクリーン表示時は、ポインタを画面右上へ持っていき、そこから更に上に持っていく

▼【通常】画面右上に表示される、「バッテリーマーク」などをクリックする
コントロールセンターの表示方法1

通知の時と同じようにポインタが吸い付くように形状を変化させるので、そこでクリック。

するとコントロールセンターが表示されます。

▼【フルスクリーン】ポインタを画面右上へ持っていき、そこから更に上に持っていく
コントロールセンターの表示方法2

ポインタを右上まで持っていき、そこから更に上にポインタを持っていくとコントロールセンターが表示されます。

通知センターと違い、コントロールセンターは画面のどこかをクリックをすれば簡単に閉じることが可能です。

iPadOS 13.4以降のマウス設定と操作方法について(動画)

iPadでBluetoothマウスを使う方法と、こだわり設定については動画でも解説しています。

今回は「動き」をみた方が分かりやすいと思うので、18分と少し長い動画ですが、時間があるとき是非ご覧ください。

ゆうた
今後の記事も動画解説は必ず入れるので、よかったらチャンネル登録してくださいね

最後に

iPadOS13.3までは、マウスに対応していましたが、どちらかといえば「ついで」の機能でした。

しかし、iPadOS13.4からは、トラックパッドとマウス正式対応したことで、iPadは新たなステージへ入ったといえるでしょう

その新たなステージとはずばり、

iPadは「多様性」を体現した端末である

ということです。

発売当初は「でかいiPhone」などと言われたiPadですが、細かいアップデートを重ね、専用OS・アクセサリも増え、2020年9月現在はiPhoneとは似ても似つかない端末になりました

  • iPhoneは昔も今も、指で操作する「タッチデバイス」
  • Macは、キーボードとマウス・トラックパッドでしか操作できない

iPadはそのどちらにも対応します。
タッチがよいか、キーボードなど入力機器を使う方がよいかは、人によるし、使い方によって変わりますよね。

  • Apple Pencil
  • キーボード
  • マウス・トラックパッド

これほど柔軟なデバイスは、そんなにありません。

どちらかといえば「パソコン(Mac)」に近づいていますが、iPadらしさは失われていないので、より多くの人に受け入れられる進化だと思います

もしかしたら、今まで到底iPadでは無理だと思っていた仕事も、iPadOS13.4以降はできるようになっているかもしれません。

是非、iPadOS13.4をマウス・トラックパッドで触ってみてください。

ゆうた
「仕事のやり方そのもの」を見直せば、iPadだけで仕事できるようになっているかもしれませんよ
iPadでBluetoothマウスを使うためのこだわり設定

iPadでBluetooth対応マウスを使う方法。仕事で快適に使うためのこだわり設定を紹介【iPadOS13.3まで】

「Logicool MX Master 3」のiPadでの使い勝手を検証

iPadで使いやすいおすすめマウスは?「Logicool MX Master 3」のボタン設定・スクロールはピッタリ過ぎて驚いた【PR】

iPadでカスタムゼスチャーに戻るを設定すると便利

想像以上に便利!iPadでマウスの複数ボタンに、カスタムジェスチャで「戻る」を設定したら快適でした

「iPad Pro」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

Wi-Fi+Cellular版はAppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除できます。

キャリアで購入するなら、契約事務手数料が「無料」のオンラインショップがおすすめ!

取り扱い店舗Wi-Fi版Wi-Fi+Cellular版
Apple Store
大手キャリア×
Amazon×
家電量販店×

iPadのデータSIMは1年間無料の「楽天モバイル」

楽天モバイル

チー
Cellular版iPadのデータSIMは、1年間無料でauエリアが使えて、設定も簡単な「楽天モバイル」がおすすめ!
\ プラン料金2,980円が1年無料! /

楽天モバイルをチェック

iPadには楽天モバイルがおすすめ

iPad Cellular版のデータSIMはどれがいい?1年間無料で使える、楽天モバイルが使いやすくておすすめ!

iPadはどのモデルのコスパが高い?

チー
iPadは種類が多いんだけど、どれを買うのが一番いいかなぁ?
ゆうた
iPad仕事術」で推奨するのは、「Wi-Fi+Cellular版のiPad Pro」だけど、一般的には一番売れ筋の「Wi-Fi版第8世代iPad」で十分だと思いますよ

正直ショック受けるくらい、処理スピードに差がない割に、値段は3倍近いですからね。
iPad V.S. iPad Pro

iPad仕事術のゆうたが選ぶ、おすすめモデルは?最安値「iPad 第7世代」と最高級「iPad Pro 12.9インチ」で仕事して比べてみた

チー
無印iPadを買うんだったら、ビックカメラAmazonで買うのが無難かな。

あと、SoftBank・Y!mobileユーザーは条件を満たせば、Yahoo!ショッピングで買うと「最大20%還元」なのでお得!
2020年9月時点のiPad 第8世代 32GB販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税込)値引き実質価格
Apple StoreWi-Fi38,280円-38,280円
Wi-Fi + Cellular54,780円-54,780円
AmazonWi-Fi38,280円383ポイント37,897円
Wi-Fi + Cellular---
ビックカメラ.comWi-Fi38,280円383ポイント37,897円
Wi-Fi + Cellular54,780円548ポイント54,232円
ドコモオンラインショップWi-Fi---
Wi-Fi + Cellular55,440円-55,440円
auオンラインショップWi-Fi---
Wi-Fi + Cellular57,600円-57,600円
SoftBankオンラインショップWi-Fi---
Wi-Fi + Cellular54,720円-54,720円
iPadはどこで買うのが安い

iPadはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazon・キャリアのオンラインショップで比較してみた

現役社長ゆうたのiPad仕事術

現役社長ゆうたのiPad仕事術

iPad Proを仕事で使いまくる「ガチiPadユーザー」で、「株式会社松本鉄工 代表取締役」のゆうたさんが、仕事に役立つiPad活用術を紹介する連載記事を、2019年3月から公開しています。

ゆうた
iPadは「でかいiPhone」と思ってませんか?

iPadOSに対応したiPadは、パソコン無しで仕事できるポテンシャルがあります。以下の機能を活用すると、凄く便利になりますよ!
iPad仕事術完全版

【iPad仕事術 完全版】iPadで仕事をしたい方に伝えたい、無料で使えるアプリ・テクニック、必須アクセサリのまとめ

iPadのおすすめアクセサリ

ゆうた
iPad仕事術で必須となる、アクセサリは以下です。

あるとないとでは大違いなので、是非合わせて購入してみてください!
iPad仕事術の推奨アクセサリ
\ ガチiPadユーザーのレビュー /

現役社長ゆうたのiPad仕事術を読む

ゆうた
正直iPad仕事術は、文章だけで伝えるのが難しい機能もあるので、操作している様子を撮影して、動画で解説も行ってます。よかったらチャンネル登録しておいてくださいね。
\ 動画でも解説中 /

YouTubeチャンネルをチェック

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年9月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!