母親のスマホデビューから2年。iPhone 6 Plusを使って見えた課題と解決策

70歳を超える母親のスマホデビューとして、2015年3月に購入したiPhone 6 Plus。

2017年3月で購入から2年経過し、基本路線はそのまま使い続けるだったものの改めて、そのまま使い続けるで問題ないかを確認したところ、

今のまま使うで良いが、大きいことだけが不満。大きくて重いので、電話するとき使いづらい

という話だった。

これはちょっと意外な反応で、その結果としてiPhone 6 Plusはここで退役してもらい、うちで余っていたiPhone 6sにスイッチすることにした。

その理由などを紹介しようと思う。

高齢者向けスマホとしてiPhone 6 Plusを選択した理由

母のスマホデビューはiPhone 6 Plus

母のスマホデビューはiPhone 6 Plus

僕の母は2012年からiPadを使っていて、2015年からiPhoneにスイッチした。

高齢者の母がスマホデビュー。iPhone 6 Plusを購入した理由は「拡大機能」

2015.03.22

この時よく言われたのが、

とにかく文字を大きく・太くして欲しい

ということで、老眼という宿命を持つ高齢者にとって、切実な問題なんだなと実感していた。

2015年3月当時の最新iPhoneは、

  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus

だったのだが、iPhone 6 Plusを選択した最大の理由は、画面が大きく閲覧性が高いことだった。

さらに、iPhone 6以降から導入された『拡大機能』、文字サイズを太く・大きくしらくらくフォンのようなiPhoneとなっていた。

高齢者(シニア)の老眼対策。iPhone・iPadの文字を拡大しらくらくフォン化する方法

2015.11.10

これ自体は母親も重宝していたようなのだが、この世代の人にとって根本的な問題があった。

スマホを、電話として使う >>> ネット端末として使う

というもの。
僕も含めて多くの方は、スマホをネットがメインで電話がサブという位置付けだと考えていると思う。だが、高齢者層全てとは言わないものの、電話がメインでネットがサブとい人もいる。

母はまさにそのタイプだった。

シニア(高齢者)用スマホはAndroidとiPhoneどちらがよいか。iPhone 6s Plusをおすすめする理由

2015.03.10

重くて電話が使いづらいというiPhone 6 Plusの不満

Plusは電話としてみると大きい

Plusは電話としてみると大きい

画面が大きいことは、ネット端末として見た場合は魅力だ。

だが、電話としては使いづらい。当たり前だが、画面が大きい=端末が大きいという図式になるからだ。

僕は2017年現在iPhone 6s Plusも所有しているが、確かに電話機としては使いづらい。短時間なら良いが、長時間使うと持つのに疲れるからだ。

とはいえ、そもそも僕は電話をそんなに使わない。
さらに言えば、僕は電話をするときAirPodsなど、Bluetoothヘッドセットを使うからそれほど気にならない。

だが、母はこんなものを使わない。結果として、

大きくて重いので、電話するとき使いづらい

という発言に繋がった。
だったら、ガラケー(フィーチャーフォン)でいいじゃないかと言う意見もあるかもしれないが、タッチパネルの操作性は圧倒的に便利なので、スマホをやめるという選択肢はない。

ワイヤレスイヤフォンの決定版。『AirPods』をガジェットファンにこそおすすめしたい理由

2017.02.06
SPONSORED LINK

辿り着いたのは4.7インチのiPhone 6s

iPhone 6sローズゴールドが2代目親用スマホ

iPhone 6sローズゴールドが2代目親用スマホ

というわけで、iPhone 6 Plusに変わる選択として、4.7インチのiPhone 6(64GBシルバー)が候補に挙がった。

以前僕が使っていたもので、2016年9月で2年縛りをあけた端末。傷などもあるため、次回のiPhone購入時に下取りにでも出そうかと思っていたのだが、試してみることに。

すると、

これくらいでちょうどいい

という話にw
「マジかよ」って感じだったが、これがいいというので4.7インチのiPhoneになった。

ただ、さらに言うと我が家には、iPhone 6s(16GBローズゴールド)が転がっていたw
2016年1月に、最後のMNP遊びとして購入したau版のiPhone 6s。

最後の0円スマホとキャッシュバック?iPhone 6sを2台MNPで一括0円購入しました

2016.01.12

実は、半年後にSIMロック解除して売却しようと思っていたものの、忙しすぎて放置されていた端末だ。

母が使うに辺り気になったのは16GBという容量だったのだが、調べて見ると、

2年経ってもわずか『7GB程度』しか使っていない

写真とか結構撮ってるかと思ったが、母は思った以上に使っていなかった。これなら、16GBでもあと2年くらいは使えてしまいそうだ。

【au】SIMロック解除の手続き方法は?PC・スマホからの手順を解説

2016.07.29

終わりに

おかんのスマホはiPhone 6 PlusからiPhone 6sへ

おかんのスマホはiPhone 6 PlusからiPhone 6sへ

というわけで、2017年3月から母の使うiPhoneは、

iPhone 6s 16GB ローズゴールド SIMフリー版

と言う事になった。なんだか随分贅沢な端末のように思えるw

やはりある程度の期間使ってみないと分からない事は多いもので、2015年3月の購入検討時は、

  • 老眼だし少しでも画面が大きい方がいいだろう → iPhone 6 Plusを選択
  • 写真は誰でも沢山撮るし少しでも容量は大きい方がいい → 64GBを選択

だったが、この2つは結果としてあまり意味がなかったと言う事になる。

もちろん全ての高齢者に当てはまる話ではないのだが、我が家のように僕が毎年のようにiPhoneを買い換えていると、定期的に新しい端末を試しやすいので、比較的精度の高い情報かもしれない。

ちなみに2017年3月時点での最新型はiPhone 7だが、この世代からホームボタンが物理ボタンではなくなっている。なので、感覚的には旧モデルでもiPhone 6sの方が高齢者用としては最適じゃないかと思う。

今、らくらくフォンを使っている父親・母親に、そろそろスマホを使ってもらおうなんて考えている方の参考になれば幸いです。

iPhone 7の感圧式ホームボタンはすぐ慣れる?使ってわかった感圧式のメリット

2016.10.13

iPhoneの画面サイズが半分になる理由。簡易アクセス機能を無効(オフ)にする方法

2015.11.29

iPhoneで電話の着信音がならない!まずは「おやすみモード」と「マナーモード」をチェック

2017.02.18

車載スマホのおすすめは?ナビ・オーディオには旧モデルの「iPhone 6 Plus」が便利

2017.04.08
SPONSORED LINK