iPhoneのカメラ画素数は?インカメラ・アウトカメラ・光学式手ぶれ補正のスペック比較

iPhoneの選び方
SPONSORED LINK

スマホで一番重視する機能は、カメラという人は多い。

スマホカメラの代表格である、iPhoneのカメラは決して先進的ではないが、

  • 画素数アップ
  • 光学式手ぶれ補正の搭載
  • デュアルカメラ

など、iPhoneが採用することで、他社スマホ含め一気に普及させる起爆剤になるという特徴がある。

この記事では、

  • iPhoneのカメラ画素数(インカメラ・アウトカメラ)
  • 光学式手ぶれ補正の有無
  • iPhone 7 Plus以降搭載した、デュアルカメラについて

紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

iPhoneカメラの画素数(インカメラ・アウトカメラ)手ぶれ補正有無の比較

iPhoneカメラは、

  • アウトカメラ
  • インカメラ(FaceTimeカメラ)

の2つを搭載しており、iPhone 7以降は光学式手ぶれ補正が全モデル搭載されている

各モデルのスペックをまとめると以下のようになる。

モデルアウトカメラインカメラ手ぶれ補正
iPhone200万画素×
iPhone 3G200万画素×
iPhone 3GS300万画素×
iPhone 4500万画素30万画素×
iPhone 4S800万画素×
iPhone 5120万画素×
iPhone 5c×
iPhone 5s×
iPhone 6×
iPhone 6 Plus
静止画のみ
iPhone 6s1200万画素500万画素×
iPhone 6s Plus500万画素
iPhone SE120万画素×
iPhone 7700万画素
iPhone 7 Plus
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone X

iPhone 7 Plus以降のデュアルカメラ

iPhone Xのデュアルカメラ

2016年頃からスマホカメラのトレンドと言える、デュアルカメラは2016年9月に発売したiPhone 7 Plusで初めて採用された。

iPhoneの場合、

  • 広角カメラ
  • 望遠カメラ

の2種類を搭載しているが、広角カメラは1200万画素のƒ/1.8(開口部)で共通仕様となっている。

2018年5月時点では、

で採用されている。

iPhone Xでは望遠レンズも光学式手ぶれ補正が搭載されたことが大きなトピックだ。

スペックiPhone XiPhone 7 Plus
iPhone 8 Plus
レンズ仕様ƒ/2.4の開口部ƒ/2.8の開口部
光学式手ぶれ補正ありなし

iPhoneのデュアルカメラの使い方は?「ポートレートモード」の仕組みと作例を解説

2018.04.14

iPhoneのカメラ画質向上のアプローチ

iPhone Xのポートレートモードで撮影した写真1

iPhone Xのポートレートモードで撮影した写真1

スマホカメラの代表格と言われる、iPhoneのカメラは基本思想として、

画素数をむやみに上げず、高画質化を図る

という手法が取られている。
画素数を上げると、画質も上がるが、ファイル容量も大きくなる。

スマートフォンではパソコンのような大容量ストレージを搭載出来ないので、適度な容量であることも重要なのだ

スマートフォンのストレージで一番割合が多いのは、ほとんどの人の場合メディアデータ。さらに言えば、音楽と写真だ。

iCloud フォトライブラリというサービスは始まっているが、追加容量を購入しなければ全てこれで管理というのも難しいため、

お金がかかるから使わない

という人が多い。
個人的にはiCloud フォトライブラリを使えば、スマホのストレージは少なくても良いので、おすすめサービスではあるのだが、、、

iPhone 8/iPhone Xのストレージ(ギガ)は64GBと256GBのどっちがいい?64GBで十分足りた理由

2017.09.30

このため、Androidスマートフォンでは2000万画素など当たり前だが、iPhoneのカメラは、2015年に発売したiPhone 6s以来、画素数は変わっていない

では、2018年時点で最新のiPhone Xと比較して進化していないかと言えばそんなことはなく、レンズ性能やソフトウェア処理で高画質化している

iPhoneはカメラの画質向上に関して、単純に画素数を増やすのではなく、イメージセンサーやソフトウェアの進化で対応してきた。

終わりに

iPhoneのカメラについてまとめてみた。

個人的に一番おすすめは、

光学式手ぶれ補正を搭載した、iPhone 7

だと思っている。
より高画質を目指すなら、ポートレートモードが使えるPlusシリーズやiPhone Xになるが、価格とのバランスを考えたら、2018年時点ではiPhone 7が一番お手軽ではないかと思う。

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

今一番コスパの高いモデルは「iPhone 8」

iPhoneの最新モデルは、iPhone XS・iPhone XRですが、10万円程度と値段が高くなっています。

2017年モデルのiPhone 8は値下げされ、コスパが良いので、最新モデルにこだわりが無い方にはおすすめです!

iPhone XSと8を今買うならどっちがいい?違いを比較してみた。コスパが高いお勧めは「8」

2018.11.24

iPhoneはAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

ドコモでiPhoneを買うのは安い?「SIMフリー+格安SIM」とどっちがお得かを料金比較

2017.11.14

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

ドコモは店頭が非常に混み合っており、購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
メリットは以下です。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ。

最新キャンペーン

ドコモオンラインショップ「10th Anniversary キャンペーン」

ドコモオンラインショップ「10th Anniversary キャンペーン」開始。機種購入で割引と抽選で豪華景品が当たる!【2019年1月31日まで】

2018.12.10

【docomoユーザー必携】「dカード GOLD」でdポイントが高還元率に!

docomoでiPhoneを買うなら、利用料金の10%がポイント還元される、「dカード GOLD」の契約をおすすめします。

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元で年会費の元がとれます

2016.08.22

あわせて読みたい

SPONSORED LINK