防災グッズにも使えるモバイルバッテリー。REMAX「VANGURAD(ヴァンガード)」レビュー【PR】

ガジェットを何個持ち歩いてますか?

スマートフォンという製品が登場して10年が経過しようとしているが、この間でいわゆるデジタルガジェットは激増した。従来スマホを含む携帯電話くらいだったのが、

  • Bluetoothヘッドセット or イヤフォン
  • Wi-Fiルーター
  • タブレット

この辺りを持ち歩いている人は珍しくないと思うし、ノートパソコンなどさらに多くのガジェットを使っている人も多いと思う。

これらの機器に共通しているのは『バッテリー搭載』である、ということで逆に言えばバッテリーが切れると使えないため充電が必要になる。

外出先での充電グッズと言えば『モバイルバッテリー』だが、充電するガジェットが増えると共に、容量もドンドン増加。

一昔前は最大容量10000mAhくらいが多かったが、近年は20000mAhを超えるものも珍しく無く、しかも価格が安くなった。

今回、『REMAX』という若者向けにスマホアクセサリーやカー用品、生活雑貨など世界中に展開しているブランドのモバイルバッテリーのレビュー依頼を受けたので紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

『REMAX』ブランドについて

REMAXのロゴ

まず、今回レビューする『REMAX』というブランドだが、僕は初めてきいた。

調べてみるとそれも当然、海外発のブランドで2017年辺りから日本で購入できるようになったばかりだという。

AmazonなどのECサイトはもちろんだが、ドンキホーテ・ヨドバシカメラなどリアル店舗でも取り扱っているというのが大きな特徴となる。

おしゃれなデザインと実用的な機能に加えて、遊び心のある楽しい製品が特徴と言う話だが、

  • 一見無骨なデザイン
  • ドンキホーテで販売

と聞いて、「なるほど」と思ったのは僕だけでは無いと思う。

確かにちょっと変わった製品が多い(特にデザイン面)。

REMAXモバイルバッテリー『VANGURAD(ヴァンガード)』の概要

VANGURADのパッケージ

今回紹介するREMAXモバイルバッテリー『VANGURAD(ヴァンガード)』の特徴は以下。

  • 容量20000mAhの大容量バッテリー
  • 充電用microUSBポートを2基搭載し最速約5時間で充電可能
  • 出力ポートもUSBを2基搭載(5V2.1Aと5V1A)
  • LEDライト機能搭載
  • 品質の高いリチウムポリマー&安全設計

また、20000mAhの大容量と言うことで、重量が約359gとかなり重くなっているが、これは大容量バッテリーの宿命とも言える。

さらに、容量が大きいと充電にも時間がかかるわけだが、電用microUSBポートを2基搭載しているため、2Aケーブルの同時充電で最短約5時間(理論値)のフル充電が可能となっている。
※1Aのケーブル1本だと理論値では20時間もかかる

価格はAmazonで6,966円
ネット価格としては少々高い分類に入ると思う。ただ、この製品の特徴は、ドンキホーテなどのリアル店舗で購入できることだと思うので、家電量販店などで販売されている製品としては、一般的な価格だ。

カラーバリエーションは、

  • シルバー
  • ブラック

の2色で、機能的な違いは無い。

今回はシルバーを紹介する。

REMAXモバイルバッテリー『VANGURAD(ヴァンガード)』の開封レポート

簡単に開封レポートを。

VANGURADのパッケージ

パッケージは一般的なプラスチック製。

裏面には日本語での説明文

REMAXは海外ブランドだが、日本の販売代理店が仲介しているため、パッケージ裏面には日本語でスペックなどが記載されている(シールを被せる形)。

開封

開封。同梱品は、

  • VANGURAD本体
  • 充電用microUSBケーブル
  • マニュアル

の3つのみ。ただし、マニュアルは日本語化されていない。ただ、今回はモバイルバッテリーなのでそれほど使い方に困る事はないと思う。

ポートは充実

裏面には特にポート類とはない

入力用(モバイルバッテリーの充電用)のmicroUSB端子が2基と、出力用(スマホ等の充電用)のUSB端子が2基、そしてLEDなどが搭載されている。

iPhone 6 Plusと比較

iPhone 6 Plusと比較してみた。
20000mAhという容量は伊達ではなく、結構大きく分厚いということが分かると思う。

REMAXモバイルバッテリー『VANGURAD(ヴァンガード)』の使い方

VANGURADにはLEDライト機能が搭載されている

懐中電灯の代わりになるわけだが、オンオフのやり方にちょっと迷ったので紹介しておこうと思う。

電源ボタンを長押しで通電開始

まず、こちらの電源ボタンを長押しすると給電が可能となる。

バッテリー残量はLEDの点灯で分かるようになっている

この時、バッテリー残量を示す青色のLEDが点灯する

懐中電灯代わりになる

さらに、電源ボタンをダブルクリックの感覚で「カチカチ」と押すとLEDが点灯する。消灯は同じ操作を繰り返す。

LEDは結構明るいため、懐中電灯としては十分な性能だ。

本当に機器毎に最大出力で充電されるのか?

この製品は、

  • 5V2.1A
  • 5V1A

の出力用USBポートを2基搭載している。前者はiPadなどのタブレット向け、後者はiPhoneなどのスマホ向けという位置付けになると思う。

最近では機器毎に最適な電流(A)を自動調整する機能を搭載するバッテリーも多いが、VANGURADは非対応となっている。

実際どんな感じで充電されるか以下の機器で試してみた。

  1. iPhone 6 Plus
  2. iPad Air 2
  3. Xperia Z5 Compact(E5823)

通電させただけの状態

ちなみに、充電していない時はこんな状態となっていた。

iPhone 6 Plus

iPhone 6 Plusを2.1Aポートで充電

5V2.1Aに接続

iPhone 6 Plusを1Aポートで充電

5V1Aに接続

iPhoneは純正のACアダプタが1Aとなっているのだが、ほぼ定格通りの電流となっていた。

iPad Air 2

iPad Air 2を2.1Aポートで充電

5V2.1Aに接続

iPad Air 2を1Aポートで充電

5V1Aに接続

今回計測した機器では最も大きなバッテリーを搭載しているiPad Air 2。

2.4Aまで対応していると言われているが、確かに接続するUSBポートによって電流は異なってい
た。

Xperia Z5 Compact(E5823)

Xperia Z5 Compactを2.1Aポートで充電

5V2.1Aに接続

Xperia Z5 Compactを1Aポートで充電

5V1Aに接続

最後にAndroid端末。
僕は海外版SIMフリーのXperia Z5 Compact(E5823)を持っているので、これで試してみた。

Androidだけは不思議な動きをした。
1Aと2.1Aどちらに接続しても、1.3A程度の電流となっていた。

Xperia Z5 Compact自体は他の機器で充電しても1.3〜1.5A程度で充電されるため、動作としては問題ないが、なぜこれだけ1Aでも1A以上で充電されたのかが謎だった。

終わりに

大容量バッテリーは出張や旅行で長時間外出する時に便利だが、重たいので普段使いとしては使いづらい面もある。

僕はこのタイプのバッテリーを実は自宅で使っている事が多い。

  • 枕元
  • 台所周り

などコンセントが一応あるが、取り回しが面倒な場所で充電するのに最適だからだ。

また災害など緊急時のために持っておくのもありだと思う。iPhone 7なら7回くらいフル充電できるので、数日ならコンセントがなくても耐え抜けるだろう。

LED搭載で懐中電灯のように使えることも緊急時としては便利だ。防災グッズの1つと捉えても良いかと思う。

大容量モバイルバッテリーに興味があるなら、VANGURADを検討してみてはいかがだろうか。

REMAXブランドのレビュー記事

赤く光って断線が分かりやすい!REMAX「LASER LightningUSB充電ケーブル RC-035i」レビュー【PR】

2017.03.21

仲良しのあの人とお揃いで持ちたい♪マグネットでひとつにくっつくかわいいミルク型モバイルバッテリー【PR】

2017.03.30
SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)