運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

Spigen「シン・フィット(iPhone XS Max対応)」レビュー。薄型軽量でも落としにくいケース【PR】

パッケージと装着後の状態(裏面から)
SPONSORED LINK

ゴツいiPhoneケースは嫌い

iPhoneの2018年モデル「iPhone XS」は、

  • iPhone XSが177グラム
  • iPhone XS Maxが208グラム

と、iPhone 8 Plusと比較すればそれほど違いはないが、iPhone 8と比較するとどちらのモデルも重たいスマホだ

ケースをつけるとさらに重量が増すので、なるべく軽いケースがよいと思う方も多いだろう。

薄型軽量ケースは、耐衝撃性能が落ちる欠点はあるが、iPhone本体の質感を損なわないという利点がある

今回はそんなケースを紹介しようと思う。

Spigen社が販売する定番ケースの1つ「シン・フィット」だ。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

iPhone XS・iPhone XS Max対応ケースSpigen「シン・フィット」の特徴

シン・フィット

今回紹介する、Spigen「シン・フィット」は同社が展開する、薄型軽量ケースの定番モデルだ。

主な特徴は以下。

  • ポリカーボネート素材のハードケース
  • 厚さ「0.3ミリ」と極薄
  • Spigen社が販売する車載ホルダー「AirVent」対応(磁気プレートは付属しない)
  • フチを高くして、液晶やカメラレンズが傷つかないように配慮

見ての通りシンプルなケースなので、見た目上の特徴はほとんどない。

むしろ、特徴がないことが特徴とも言えるケースだ。

Spigen社が販売する車載ホルダー「AirVent」に対応するのは、「シン・フィット」のみなので車載を重視する場合、貴重なケースとも言える。

カラーは、

  • グラファイト・グレー
  • ブラック

の2色展開となっている。

今回はiPhone XS Max用の「ブラック」をレビューするが、iPhone XS対応ケースも用意されており、Amazonでの販売価格は以下のようになっている。

対応モデルAmazon価格
iPhone X/iPhone XS1,560円
iPhone XS Max1,710円

開封レポート

パッケージはSpigenお馴染みのデザイン パッケージ裏面

簡単な開封レポートを。
パッケージはSpigen社お馴染みのデザイン。

初期ロットのため「iPhone XS Max」の記載も写真もありませんが、使用上の問題はありません
梱包はビニール袋のみ

箱から取り出すと、ケースが袋に入って出てくる。

シン・フィットを前面から シン・フィットを背面から

正面からみると、ケースにわずかなくぼみがあるのだが、これが「エアーヴェント」用の金属プレートを格納する場所だ

装着後の状態

装着後(前面から) 装着後(裏面から)

iPhone XS Max ゴールドに装着してみた。

ドコモ版iPhone XS Maxゴールド 256GB

ブラックのケースなので、ゴールドの雰囲気は消えてしまう…

手に持った状態(前面から) 手に持った状態(背面から)

薄型ケースなので、厚みが増した感じは全くなく、見た目を除けばケースをつけたと分からないくらいだ

左側面 右側面 Lightningコネクタ 上部

側面も最低限しかガードしない、割り切った仕様となっている。

カメラ周り

縦に並ぶデュアルカメラにもピッタリフィットしており、撮影の妨げになることはない。

使った感想

パッケージと装着後(前面から)

「シン・フィット」の特徴は、なんといっても薄いということだ。

ただ、実はもう1つ隠れた特徴がある。

マットな質感のケースなので、滑りにくく、持ちやすくなる

ということだ。

iPhoneは特にiPhone 6シリーズ以降、ラウンドフォルムとなり滑りやすくなった。

iPhone 8シリーズ以降は、背面がガラス素材となり、質感はあがったがさらに滑りやすくなった

なので、グリップ製を高めるというのが、落とさないためには重要だ。

終わりに

パッケージと装着後の状態(裏面から)

iPhoneに限らず、スマホでは必ずケースを使うべきという人が多い一方で、

  • ケースはなるべくつけたくない
  • スマホリングはダサい

という方も一定数いる。

ただ、前述のように、iPhone XSは非常に滑りやすい構造で、割れたときの修理費用も高額だ

耐衝撃ケースとまでは言わなくても、滑って落としにくくする対策は何かやっておいた方がよいかと思う

Amazon価格はiPhone XS Max版でも1,710円とそれほど高くないので、試してみてはいかがだろうか。

iPhone XSは販売終了しました

2021年11月現在は後継モデルとして「iPhone 13シリーズ」が販売されています。

キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

買い方のポイント
  • 契約事務手数料が無料の、オンラインショップを活用する
  • ストレージは「128GB」がおすすめ
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。
iPhone 13 mini スターライト開封フォトレポート

定番のケース・保護フィルム(ガラス)については、以下のまとめ記事をご覧ください。

iPhone X/XS/XS Max対応ケースのおすすめ
iPhone X・XS・XR対応画面保護シートのおすすめ

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2021年11月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説
docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

iPhone XSのまとめ記事

iPhone XS長期利用レビュー
Pixel 3で寄って撮影する

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!