MVNO(格安SIM)契約時はSMSオプションがお勧め。LINE以外のメリットはアンテナピクトとLTE接続

現在MVNOのIIJmioを契約し、iPad Air 2(SIMフリー)で使用している。
MVNOはIIJmioで3社目なのだが、ここまで使って来たMVNO利用時の注意点を以下の記事で紹介した。

今回はその続きの位置付け。僕が感じた注意点がもう1つある。それは、データ通信契約における SMS(ショートメッセージ)オプション の扱いだ。

SMSオプションとは何か。また目的とは

MVNOはサービス開始当初、データ通信専用SIMが中心だった。
その後、2013年辺りからSMS対応のSIMが登場し、2014年からは遂に音声通話可能なSIMが登場している(MNPにも対応)。MVNOもサービスが多様化しており、音声通話は当然「電話」を使いたいという要望に応えるものだが、SMSってちょっと位置付けが特殊だ。

宣伝文句的にはSMSが使える事のメリットは、LINEなど電話番号の登録が必須で、その本人確認としてSMSが利用されるサービスが利用可能となることだ。

だが、話としては分かるが、このようなSIMを契約する人の多くは、タブレットや余ったスマホなどのサブ回線として利用している。つまり、SMSやLINEが使えるメイン回線を別に持っているため、不要という人が多い。僕もそういう認識でこれまでSMSオプションは付与してこなかった。

iPhoneなどスマートフォンで利用する場合は、SMSオプションが必須

僕がこれまでSMSオプションを使わなかった理由はもう一つあり、それは利用する端末がタブレット(iPad Air 2)だったからだ。

これがiPhoneなどのスマートフォンの場合は、SMSオプションがほぼ必須となる。何故なら、スマホの場合SMSオプション無しでは アンテナピクトが表示されない という問題がある。通信自体は可能。だが、アンテナピクトが表示されなければ、圏外など電波状況が確認できない。これは使っていてかなり不安だ。

この問題は最新情報が随時変わっており、2015年11月時点ではiPhone 6以降のVoLTE対応機種では一部の問題が解消されている。この辺りの最新情報はIIJmioの動作確認端末の情報を見るのが一番詳しい。

だが、この問題はタブレットでは一切発生しない。この為、月額150円程度とはいえ、SMSオプションは「無駄」と思っていた。ところが、SMSオプションを付けないことの弊害が目立ってきた。

LTEに繋がるのが非常に「遅い」のだ

ちなみにSMSとしてのサービスは、MNO(docomo・au・SoftBank)と変わらず、受信は無料、送信は1通3円というものが多い。

LTEへの接続が遅い事から発生する問題

IIJmioの公式サイトでは、iPad Air 2に関して「データ専用SIMでは通信の確立に時間が掛かる、またはLTEの接続が不安定になる場合があります」という記載がある

動作確認端末___IIJmio
これが思いのほか曲者だった。

記載の通り、確かに 通信の確立に時間が掛かる という現象が発生する。具体的には、SIMを挿すと数十秒で3Gへの接続は確立され、データ通信は可能となる。が、LTEへの接続はそこから数分〜数十分かかる。今までだと 平均10分 くらいかかる。「LTEに繋がらない=通信速度が遅い」ってことなるため、これは結構辛い。

今はLTEのエリアが非常に広くなっており、圏外や3Gに落ちる機会は非常に少なくなった。とはいえ、地下通路の隅っこ、エレベーターの中、ビルの間など電波がかなり弱くなるエリアというのは存在する。こういう場所に入って、一時的に圏外になったりするとそこからLTEへの接続は時間がかかってしまうのだ。

高速道路や新幹線での移動中も同じような事は発生するだろう。圏外になる確率が限りなくゼロに近いならともかく、そうでないならこの制限は地味に鬱陶しい。ちなみに、端末を再起動しても同じ状態になる。

そしてここまで細かい技術情報を公開しているMVNOはIIJmioくらいだが、これまで契約してきたぷららモバイル、BIGLOBE LTE・3Gにおいても、データ通信専用SIMではほぼ同じ問題が発生しており、IIJmioに限らずデータ通信専用SIM全般に言える事のようだ。

SMSオプションは「必須オプション」と考えた方がよい

この事から言える事。それはiPadなどデータ通信専用端末のみでMVNOを利用するとしても、「SMSオプションはケチるな」 って事だ。

例えばiPhoneなどスマートフォンでMVNOを利用する場合、前述の通りSMSオプションがないとアンテナピクトが表示されないという現象が発生したり、Android端末ではセルスタンバイという現象が発生することがあり、SMSオプションを契約している人は多いかもしれない。

そういう問題が発生しない端末でも、SMSオプションは付けておいた方が無難そうだ。あと、現状では少ないかもしれないが、今後SIMロック解除が義務化され、SIMフリー端末が増加すると、データ通信端末で使用していたSIMをスマートフォンで使用するシーンも増えるだろう。そうなった時に、アンテナピクトが表示されないという問題も発生する。

汎用性と利便性を重視すればSMSオプションは必須と言ってもよいかもしれない。MVNOの利用料は大体900円くらいから始まるが、SMSオプションを付けると150円程高くなる 。割合からすれば決して安くはないが、ここはケチらないことをお勧めする。

終わりに

MVNOを契約する人は僕もそうだが、価格に敏感だ。少なくとも利用するきっかけは 通信費の削減 だと思うので、まずは一番安い値段からと思う人も多いだろう。

ところが、SMSオプションを付けるにはSMSに対応するSIMを利用する必要がある。つまり、留守番電話サービスのように、オプションサービスとして申し込めばすぐに使えるという類いのオプションではなく、対応させる場合SIMの交換手数料が発生する(IIJmioでは2,000円)

なので、最初からSMS対応SIMで契約するのが無難だと僕は思う。

お勧めMVNO

2016年12月現在では以下のMVNOがお勧めです。
  • DMM mobile
    MVNO最大手であるIIJmioと同じ回線で、通信量が1GBからとより安価に始められます
  • OCN モバイル ONE
    NTT系列の安心感が魅力。通信速度が低下しても回線増強がわりと早いです
  • mineo
    MVNOはdocomo回線を使うものが多いですが、au系を使うならここ。キャンペーンも充実しています。
  • ぷららモバイルLTE
    速度が3Mbpsに制限されますが無制限に通信出来る事が最大の魅力です

MVNO(格安SIM)の感想・注意点・コラムの一覧

SPONSORED LINK