運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

b-mobile S(SoftBank系格安SIM)のデータSIMを契約しました。手続きの方法、開通までの日数、気になることを画像付きで紹介

SoftBank系格安SIMの契約
SPONSORED LINK

SoftBank回線系の格安SIMにも手を出したくなったパパンダ(@papanda_life)です。 どうも(´・ω・`)

今まで、以下の回線でお試しをしてきました。

チー
大手携帯キャリアとしてSoftBank回線系が残っている!
パパンダ
ですねっ!
ここまでくると体験したいですよね!

なにせ僕たち、ガジェッターですから!

ママンダ
ついに、ガジェッターを名乗ったわね・・・

SoftBank系の格安SIMは2018年1月地点では、

しかないようです。
というわけで、楽天モバイルは実店舗で契約してみたので、b-mobile S(日本通信)はネットで契約をしてみますよ。

その様子をお伝えします。

SPONSORED LINK

申し込むプランは開幕SIMの1GB

開幕SIM
引用:b-mobile S開幕SIM

今回申し込むプランは『開幕SIM』という商品。

▼プランは以下の4つあります。

プラン月額基本料(税抜)
1GB980円
3GB1,580円
7GB2,980円
30GB4,980円
開幕SIM 各種プラン

僕が契約するのは1GBです。説明にも「ライトユーザー向け」と書いてありますね。

というか、お試しなのでこれで充分です(*’▽’)

ぱんさん
お試しじゃなくても、パパンダちゃんならこの容量でOKよ。毎月0.5GBしか使ってないし
\ 月額990円から使える /

b-mobile Sをチェック

初期手数料はいくら?

気になるのは初期手数料ですよね。

パッケージ料金という名前で3,000円(税抜)です。

▼『パッケージ』という名前の中には以下の2つが含まれていますよ。

  • 初期手数料
  • SIMカード

取り扱うSIMサイズは2つ

▼選べるSIMの大きさは以下の2つです。

  • nanoSIM
  • microSIM

▼それぞれのSIM用途は以下のとおり。

SIM用途
nanoiPhone用
下記以外のiPad(iPad Air / Pro / miniなど)
microiPad第4世代まで

僕はiPhone 6sを使っているので、nanoSIMを申し込まなきゃいけないですね。

ママンダ
間違えちゃダメよ
SIMカードアダプタ

SIMカードアダプターの使い方と購入先は?nano-SIMが主流の今はアダプタよりSIM交換の方がおすすめ

利用できる通信エリアは?

b-mobile SはSoftBank回線を利用しているので、SoftBankエリアですよ。

『4G LTE』や『3G』です。アンテナマークに表示されますよねぇ。あれです、あれ(*’▽’)

エリアの詳細はSoftBankのページを見てくださいね。

気になる請求タイミング

『月末締め』とか『20日締め』とか日付で区切っているわけではなく、開通日を基準にしています。

だから、いつ申し込んでも『1ヶ月分は、1ヶ月分』ですね。日割りとかはありません

▼イメージとしては、こんな感じですよ。

決済日 請求イメージ

でもお試しっていっても解約金がかかるんでしょ!

解約金は0円です!!

いやぁ、これで気兼ねなくお試しできますね。

チー
でも、初期費用は絶対かかるからね!
今回はデータ通信専用SIMを契約したためです。

音声通話付きプランの場合は、『最低5ヶ月間』の契約縛りがあります

\ 月額990円から使える /

b-mobile Sをチェック

支払方法

クレジットカード支払いのみですよ~(*’▽’)

パパンダ
クレジットカードを持っている、しっかりとした大人だけ前に進みなさい

実際にスマホから申し込んでみよう!!

それでは、申し込んだ様子をお伝えしていきますね。

▼『商品情報』をタップ。

商品情報

▼メニューが出てくるので『開幕SIM』をタップ。

開幕SIMをタップ

▼『この商品を購入する』をタップ。

この商品を購入する

▼『My b-mobile』にログインするようにいわれますが、IDを持っていないので『b-mobile IDをお持ちでない方』をタップしてb-mobile IDを作りますよ。

b-molile IDをお持ちでない方

▼『開幕SIMはデータ通信専用のSIMです。音声通話に対応していませんのでご注意ください』という注意が出てきました。『OK』をタップしましょう。

データ通信専用SIM

▼『b-mobile ID登録』画面です。

  • b-mobile ID(メールアドレス)
  • パスワード

を設定しますよ。入力後は『送信』をタップ。

メールアドレスとパスワードを登録

▼『登録受付中』となりました。先ほど登録したメールアドレスに登録用のメールが送られてくるので、チェックしましょう。

登録受付中

▼確かに届いていますね。

b-molile IDご登録手続きのご案内

▼メールの下のほうにある、登録用のURLをタップです。

登録用のURL

▼『My b-mobileのログイン』ページにきましたよ。先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力して、ログインです。

My b-molileにログイン

▼注文画面かな?『お客様情報入力』と書いていますね。

お客様情報入力

▼この画面には

  • SIMカードを購入済みの方
  • 商品パッケージ未購入の方

と2つの項目があります。僕は『商品パッケージを未購入の方』なので、『購入する』をタップしました。

商品パッケージ未購入の方

▼『サービス内容選択』という画面にきました。

サービス内容選択

▼希望している『データ量』と『SIMサイズ』を選びますよ。そして『次へ』をタップ。

データ量 SIMサイズ

▼次のページは、『注意事項』がツラツラと書かれています。

普通は『○○規約』とか文章がかかれているところに、該当のページをリンクしてある場合が多いですが、b-mobile Sは全部ここに書いていました(;’∀’)

注意事項

▼長いですけど、全部読んだあとは『利用規約』と『すべてに同意』にチェックをいれて、『次へ』をタップ。

利用規約 同意

▼『本人確認情報入力』という画面です。これから進む順序としては

  1. 本人確認情報入力
  2. 本人確認書類アップロード
  3. 決済情報入力
  4. 確認
  5. 完了

とのことです。

手続きをみていくとわかるのですが、結局『本人確認書類アップロード』の手順はありませんでした。なんでじゃ。

本人確認情入力

▼注意事項を確認しつつ『名前』を入力。

お名前

▼続いて『フリガナ』『性別』『郵便番号』を入力。

郵便番号を入力すると『都道府県』『市区町村』が自動反映されます。

フリガナ 性別 郵便番号

▼『それ以降の住所』の上側も、郵便番号を入力したことによって、自動反映されます。あとは番地や建物名を入力しましょう。

その後は『連絡先電話番号』と『生年月日』です。

それ以降の住所 連絡先電話番号 生年月日

▼『書面の発送希望』を選択し、『次へ』をタップ!!

郵送選択

▼次は『決済情報入力』です。

『カード種類』『クレジットカード番号』『クレジットカードセキュリティコード』『有効期限』を入力。

カード情報入力

▼その下。『名義人』を最後に入力して『次へ』をタップ!!

名義人

▼次からは『確認』です。そろそろ終わりが見えてきましたね。

入力に間違いがないかどうか、しっかり確認しましょう。間違いがあった場合は『修正』をタップし、直しますよ。

確認画面

▼一番下に『申し込む』ボタンがあります。その上には『初期手数料』と『月額基本料』の記載が税込価格で載っていますよ。

パパンダ
ホームページ上では、税抜価格を載せているのに紛らわしいなぁ
初期手数料 月額基本料

▼申し込み完了です!お疲れさまでした(`・ω・´)ゞ

申し込み完了

▼申し込みが完了したメールも届くので、確認しましょうね。

申し込み完了メール

『初期手数料』『月額基本料』の他に、『ユニバーサルサービス料』の支払いがあることがここでわかりました(´・ω・`)

パパンダ
楽天モバイルは、ユニバーサルサービス料かからんかったよ~
チー
格安SIMは奥が深いねぇ
\ 月額990円から使える /

b-mobile Sをチェック

申し込みから何日で手元に届いたか

SIMカードが手元に届くのは、申し込んでからどのくらいか気になりませんか?

最速2日で届きました!

流れとしては、

  • 1月12日:申し込み完了
  • 1月13日:出荷連絡あり
  • 1月14日:不在で受け取れず
ママンダ
何やってんのよ
  • 1月15日:受け取り完了!!

という感じです。

パパンダ
スムーズにいくと、申し込んでから2日で手元に届くことになるね

めっちゃ速い!!

ただし、店頭申込みの即日渡しには負けますけどねぇ(´・ω・`)

▼ふつう~の茶封筒に『SIMカードのパッケージ』と『納品書兼物品受領書』が入っていましたよ。

開幕SIM到着

ネット契約のメリットとデメリット比較

楽天モバイル契約時は店頭手続きしましたが、今回はネット手続きだったので、主観ですが感想を書いておきます。

そんなにメリットもデメリットがない気がする(´・ω・`)

メリット

  • いつでも好きな時間に申し込める
  • 店員の良し悪しがない

デメリット

  • 詳しく知りたいときに聞けるひとが近くにいない
  • ネット操作が不慣れなひとは難しい
  • 商品が手元に届くまで数日かかる

こんなもんかなぁ。

店頭手続きは即日渡しが大きなメリットですが、それ以外はネットがいいかなと思いました。

\ 月額990円から使える /

b-mobile Sをチェック

最後に

パパンダ
やっぱりネットで手続きするほうが楽だわぁ
ママンダ
いつでもできるしね
ぱんさん
店員さんの良し悪しもないしね
チー
でも『どんな機種がオススメですか?』とか、そういう世間話しはできないよねぇ

自分に合った申し込み方法を選ぶといいですねっ。

お読みいただきありがとうございました。それでは(´・ω・`)ノシ☆

楽天モバイルを店頭契約してみた

楽天モバイルのデータSIMを店舗で契約しました。手続きの流れ・契約時間・手数料・必要なものなど気になることを徹底解説

SoftBank系格安SIMのスピードをチェック

b-mobile S(日本通信)開幕SIMの評判は?SoftBank系格安SIMの速度をチェック

\ 月額990円から使える /

b-mobile Sをチェック

格安SIMを契約するなら、Y!mobileがおすすめです。
Y!mobileのメリットは以下のようなものがあります。

Y!mobileのおすすめポイント
ゆりちぇる
オンラインストアなら24時間受付可能で、最短翌日発送もできるので、手続きがすごく楽です。

2021年1月現在、オンラインストアはお得なキャンペーンが豊富なので、是非最新キャンペーン紹介記事も参考にしてくださいね!
Y!mobile最新キャンペーン情報ゆりちぇるアイキャッチ

【2021年1月最新】最大20,600円分おトク!Y!mobileのキャンペーンを賢く併用して、一番お得な契約方法を紹介!

\ スマホがおトク!手数料無料 /

最新キャンペーンをチェック

通話をあまり使わないなら、UQ mobileも視野に入れてみよう

ゆりちぇる
Y!mobileがいいのはわかったけど、通話はあんまり使わないんだよねえ。
やぶなお
UQ mobileも通信品質がau回線と同等で高速だから、比較しながら検討してみるといいかも!

UQ mobileは以下のような人におすすめです。

UQ mobileがオススメな人
\ MNPで10,000円キャッシュバック /

UQ mobileをチェック

UQ mobileとY!mobileの違いを、通話料金・データ通信・キャンペーンの観点から徹底比較し、それぞれに向いている人について解説しているので、以下の記事も合わせてご覧ください。

UQ mobile Y!mobile 比較 ゆりちぇるアイキャッチ

UQ mobileとY!mobileの違いは何?通話料金・データ通信・キャンペーンを徹底比較!それぞれのキャリアにオススメな人を解説。

初心者向け「格安SIM」への乗り換えガイド

通信料の節約を目的に、大手キャリアから格安SIMへの乗り換える方が増えてきましたが、安いなら安いなりの理由があります

チー
初心者が苦戦するのは、主に以下の3点です。
ガイド記事では、スマホ初心者だったパパンダさんが、実際に体験したことを詳しく解説しています。
パパンダ
僕は最終的に「UQ mobile」へ乗り換えたけど、格安SIMなら基本どこに乗り換えても同じ話です!

▼ガイドページは以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって契約した、通信サービスを紹介しています。
契約している通信サービス

インターネット無しでは仕事も生活も出来ません。こだわって決めた、おすすめのモバイル・固定回線サービス一覧【2021年1月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!

ABOUT US

パパンダ
こんにちは、パパンダです(´・ω・`)。岡山県在住、41歳。 4歳・5歳の年子兄妹+0歳児を持つパパです。 『1年間のテレワーク』や『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。 そして現在はフリーランスとしてWebライターで生計を立てています。自分のブログでは、主に育児系を中心とした記事を書いていますよ。 ブログ名:パパンダライフ!