海外版のSIMフリーiPhone 6s・iPad Air/miniを購入するメリット・注意点とは。価格差より大きなメリットは「シャッター音を消す機能」

Google-ChromeScreenSnapz021.jpg

2013年から日本でもApple自身がSIMフリー版のiPhone・iPadを販売するようになり、以前ほど 海外版のSIMフリーiPhone・iPad はもてはやされなくなった。

個人的にSIMフリーiPhoneが最高に盛り上がったのは、iPhone 4Sの時代だと思う。3G回線網としては抜群の強さを誇っていたdocomoのFOMAとSIMフリーiPhone 4Sの組み合わせは最強で、当時電波の弱さに悩んでいたSoftBankユーザー、発売直後で不安定だったauユーザーから羨望の眼差しを受けていた。僕は当時SoftBankのiPhone 4Sを使っていたが本当に羨ましかった。

ところがLTEの開始と、Apple自身が日本国内でSIMフリー版を販売する事で、その人気は一気にしぼんでしまった。まあ、個人的にも余程の理由がない限り買うメリットはないと思う。

だが、先日の岡スマで海外版の通販サイトで購入を検討している方がいて、僕なりの考えを伝えたのだが改めてブログ記事としてまとめようと思う。

個人的なお勧め度で言えば、iPhoneの購入はお勧めできないが、iPadなら十分に有りだと思う って感じだろうか。

iPhone・iPadなどの海外版を入手する方法

スマートフォン・タブレットはフィーチャーフォン(ガラケー)と違い、基本的に世界中で販売されているグローバル端末だ。

代表はiPhone・iPadだが、他にも日本でよく聞くメーカーだとSamsungのGalaxyシリーズやSONYのXperiaは海外でも販売されている。日本で主に大手キャリアが販売する同種の端末は、例えばおサイフケータイやワンセグ・フルセグ対応など日本向けのローカライズが施されているが、基本的な作りは同じ。

だから、海外で購入するという事も意味が無いわけではない。そして、海外版の端末を入手する方法は大きく分けて2つ。

海外旅行・海外出張などのタイミングで現地店舗で購入

これが一番確実な方法だ。

別に自分が行く必要は無くて、例えばハワイに海外旅行に行く友人がいれば、ハワイのAppleストアで購入を頼んで入手する事もできる。余りに数が多いと、税関などで引っかかる可能性があるので、特に友人・知人に頼む場合転売目的で買わせるのはNG と思った方がよいと思うが。

個人輸入の通販サイトで購入する

もう1つが業者を使う方法。いわゆる個人輸入の扱いになるが、例えばEXPANSYSなど有名どころの通販サイトであれば、比較的リスクも低い。

ただ、業者そのものの信頼感は製品が届くまで不明、価格的にはどうしても高くなってしまうなど、リスクは承知の上での購入となる。また、ヤフオクなどにも多数の端末が出品されているが、基本は自己責任になる事を認識した上で利用する事になる。

購入する事を止めはしないが、個人的にはお勧めしない としか言いようが無い。

SPONSORED LINK

iPhone・iPadなどの海外版スマホを購入するメリットは?

海外版のスマートフォン・タブレットはiPhone・iPadに限らず、基本的に 全てSIMフリー版 で販売されている。つまり、購入した端末はdocomo・au・SoftBank・ワイモバイルどこでも使えるし、MVNOでも勿論使える。

かつてはこれが海外版を購入する一番のメリットだった。

だが、2015年現在iPhone・iPadはApple自身がSIMフリー版を販売している。さらに言えば2015年5月以降に発売した端末は(Apple製品だとiPhone 6s/6s Plsu、iPad mini 4以降)は、Androidも含めてメーカー関係無く、半年間の利用でSIMロックは解除出来る。

更に言えば、数年前は超円高だったため、iPhone・iPadに関して言えばアメリカで買うと日本の価格より3割ほど安く買えた。

今はほぼ変わらないか、1割安い程度だ。参考までにAppleストアで販売しているSIMフリー版iPhone 6sの価格比較を以下に掲載しておく。
※2015年11月2日時点で「1ドル=120円」で換算しています
※税別価格です

アメリカ 日本(Apple Store) 日本(EXPANSYS)
iPhone 6s 16GB 77,880円 86,800円 88,695円
iPhone 6s 64GB 89,880円 98,800円 104,255円
iPhone 6s 128GB 101,880円 110,800円 116,700円

ざっくり言えば、アメリカで買えば国内版より1万円程度安く買える。だが、EXPANSYSなど個人輸入業者を利用すると国内版より高くなる。といった感じだろうか。つまり、価格的なメリットはあまりない

じゃあ、特に海外版のスマートフォンを購入するメリットはないかと言えば、僕はこの1点に尽きると思っている。

マナーモード時などでカメラのシャッター音が「OFF」に設定出来ること

これはカメラ撮影時のシャッター音に限らず、スクリーンショット作成時の音も含む。これが滅茶苦茶便利なんですよね。僕は昨年iPad Air 2を国内のSIMフリー版として購入したのだが、この点が一番不満だった。

というのもiPadで僕は本をよく読む(dマガジンとか)。で、ちょっと良いなと思った記事があると、クリッピングの意味でスクリーンショットを撮るのだが、当然その時には「カシャーン」という音が鳴る。

これがとてもウザイ。というか、電車などの移動中こそ本をよく読むが、これが出来ない事にかなりストレスを感じるのだ。

iPhone・iPadなどの海外版スマホを購入する上での注意点は

そして、注意点もある。1つは前述の通り2015年時点では価格的なメリットはほとんど無いこと。他にもある。

保証が弱く「AppleCare+」などの延長保証にも加入出来ない可能性がある

海外で購入した端末は、基本的に現地で使用する事が前提となる。通常購入後1年間はメーカー保証が付いているものだが、日本国内でも適用されるかは良く確認しておく必要がある。
※輸入業者を介すると業者が保証してくれるケースもある

ちなみにiPhone・iPadについては、日本のAppleストアに持ち込んでも対応可能と言われているが、店舗によってはダメと言われた情報もあり、一番確実なのは Appleのコールセンターに電話で確認すること のようだ。

ただ、電話で確認する場合1つ問題がある。
無償の電話サポートは 通常購入後90日間 と規定されている。これを延長する場合AppleCare+への加入が必要となるのだが、これに確実に入れる保証もない。

基本的には購入後30日以内であれば、海外版のiPhone・iPadでも アクティベート後、Appleのコールセンターで申し込めば加入可能 と言われている。

こちらについては実際に僕自身が検証してみたが、店舗とコールセンターで対応が分かれており、最終的には契約出来たが少々大変だった。

ただ、こんな事ができるのも世界中で端末を販売しているApple製品くらいで、それ以外のメーカーだと延長保証どころか、通常のメーカー保証も受けられない可能性が高いことは認識しておくべきかと思う。

日本で修理対応を受けると「シャッター音」は復活する

そして、これがある意味一番重要な話なのだが、個人的に海外版iPhone・iPadを購入する最大のメリットであるシャッター音が消せるという機能は、日本国内で修理保証を受けて、新品交換されると国内版(シャッター音が消せない)になってしまうという事だ。

海外で購入してそれと同じものが手に入る訳ではないため、何としても壊さないようにする必要がある。

とはいえ特に地方在住者にとってAppleCare+への加入はメリットが大きいため、僕は基本的に契約をお勧めしている。

SPONSORED LINK

海外版を購入するならiPadがお勧め

というわけで、僕は海外版の特にiPhone・iPadを購入するのであれば、iPadを購入することを強くお勧めする

理由は2つある。

iPadは利用頻度が低くなりがちなので壊れにくい

1つ目は 壊れにくいからだ

iPhoneはポケットやカバンに入れて常に持ち歩く。触る機会も多い。
つまり、落としたりして破損するリスク、機械的に故障するリスクは高い。僕はiPhoneを長年使っているが、大体1年を過ぎると何らかの異常が発生して、大抵はAppleCare+で交換となる。そうなったら、前述の通り海外版を高いお金で購入したメリットが消える。

タブレットを歩きながら操作する人は少ないだろうし、iPhoneユーザーかどうかはともかく、スマートフォンよりも触る機会が多いという人は少ないと思う。つまり、壊れるリスクが非常に低いため、海外版のメリットをより長く享受出来る。

さらに言えば、iPhoneは2年くらいで機種変更する人が多いだろうがiPadはもっと長く使う人が多いと思う。

モデルが1種類でどこで買っても同じ端末

日本でiPhoneを購入しているとあまり意識する事がないのだが、実はiPhoneはグローバルモデルなので、対応する通信方式・周波数・LTEバンドがモデルによって異なっている。

2015年時点の最新版で言うと、iPhone 6sのモデル番号はA1633、A1688、A1700(中国専用)の3種類。iPhone 6s PlusはA1634、A1687、A1699(中国専用)となり、日本では A1688とA1687が流通 が流通している。両者の対応周波数は全く同じだ。

細かい説明は割愛して、例えばiPhone 6sのA1633、A1688の何が違うのかと言えば、FDD-LTEのBand 30とCDMA EV-DO Rev. Aの対応有無。A1633はLTE BAND30に対応するがCDMA EV-DO Rev.Aには非対応、A1688はBAND30に非対応だがCDMA EV-DO Rev.Aに非対応となる。

日本での利用を考えると、LTE BAND30は無視してOK、CDMA EV-DO Rev.Aはauで利用する場合のみ考慮が必要 となる。しかし、auも近年はLTEに力を入れており、ほぼ無視してOKと思う。

という感じで、iPhoneの場合若干ややこしい面があるのだが、iPadに関しては 世界単一モデル。つまり、何処で買っても全く同じものとなる。「日本でも使えるかな?」とか考える必要は一切無い。これはiPad Air・iPad miniは勿論、近々発売するiPad Proでも同様だ。

終わりに

海外版のスマートフォンやタブレットを購入するなんて事を考えるのは 濃い人 が多いと思う。

僕も正直この手の製品にあまり詳しくない人にはお勧めできないが、特に海外旅行で購入しようか悩む人は多いと思うので、参考になればと思う。

ちなみに、僕は次にiPadを買い替える時は(購入から2年になる2016年末頃に出ているであろう、iPad Air 3かiPad mini 5辺りを狙っている)、シャッター音が消したいので海外版のSIMフリー端末を買おうと思っている。

SPONSORED LINK

SIMロック解除とSIMフリー端末に関する記事

SIMフリーを使うならiPhone・iPadが一番お勧めです

iPhone 6s

iPhone 6s Plus

iPad mini 4

iPad Air 2

SPONSORED LINK