au iPhoneの優位性。つながるiPhoneは伊達じゃないが垣間見える焦り

嫁のスマートフォンをAndroidからau版iPhoneに変えてもう少しで1ヶ月になる。

使っているのはもちろん嫁なので、細かい違いは分からないが聞いた話だけでも、「iPhoneにもっとつながりを」なんて強気なキャッチコピーを打ってる自信が分かった気がする。岡山県倉敷市というものすごく局所的な話ではあるが、

  • 駅前地下街の端の方でも普通に使える
  • 駅ビルのエレベーター、トイレでも使える

とのことだ。

要するに奥まった部分、プラチナバンドと呼ばれる周波数を持たないSoftBankが苦手とする部分をきっちりカバーしている事が分かる。

ちなみにこの部分はSoftBankでは全滅。ドコモですらあまり電波状態はよろしくない。よくよく考えたらプラチナバンドをiPhone用にまともに使えるのは現在auだけ。この差が大きいというのがよく分かった。一緒にいて電波状態を見比べると驚くくらい違う。

auとdocomoが使用する周波数

え?ドコモも800MHz帯のプラチナバンド持ってるでしょ?

と思う人もいるだろう。ここからは5年以上前に携帯の仕事をしていた時の記憶なので、現在は若干違っているかもしれないが、ドコモの800MHz帯というのはFOMA向けとしてはほとんど使われていない。

これは今月末でサービス終了するmovaが主に使用する周波数だ。ただ、一部はFOMAでも使われていて、それはFOMAプラスエリアと呼ばれる。

FOMAプラスエリアはドコモ901iSと呼ばれるシリーズから全機種対応になって、当初は山間部のみで使われた。10年ほど前のFOMAは田舎じゃ繋がらないといわれたが、これによってかなりエリアが改善した。

現在は都市部でも使われているそうだが、FOMAのメインは2GHz帯であることに今も昔も変わりなく、800MHz帯はそれを補完する程度にしか使われていない。

なので、実は3Gだけで考えるとドコモとSoftBankはそれほど条件が違うわけではない。じゃあなんでエリアにこれだけ差がつくのかといえば、10年以上の歴史とその間培った技術力、ドコモのインフラ屋としての生真面目さが生み出したんだと思う。

3Gでauが強い理由

auはSoftBankはもちろんドコモよりも早く3Gが普及した。「第三世代携帯」なんて言葉でキャンペーンを打ったのはauが最初だろうし、プラチナバンドで本格的に3Gサービスを行っているのも現在はauだけ。

この差が、ここ数年言われてたエリアが広いau、ひいては「つながるiPhone」という結果を生んだ。あと、地味な違いだが最高速度はともかくau版の方が通信開始が速い気がする。

ちなみにこの状況がいつまでも続くかと言えばそうではない。SoftBankがプラチナバンドの900MHz帯を入手したのは有名な話だし、ドコモもmovaを今月末で終了し、800MHz帯の再編を経てこの帯域に本格的に進出してくる(おそらくXiが中心と予想)。

多分、1・2年でこの状況はガラッと変わる。

今、iPhoneを一番安く買えるのは間違いなくauだ。ほとんどの店で最低でも「iPhone4S 16GB MNP一括0円」という文字が躍る。

今は全キャリアで最大の3Gエリアを誇ると言っていいauだが、実は伸びしろが一番少ないのもauだと思っていて、その焦りなんだろうかと思ったりする。

最新モデル「iPhone 6s」に関する記事

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)

2 件のコメント

  • そんなもんなんですね。電波さえあればいいんじゃないんだ!
    これからどうなっていくのかな?auもなんかいろいろやってるみたいだけど、とりあえずHPをもっとわかりやすく、お知らせをもっと探しやすくして欲しいです。

    • 確かにもうちょっとわかりやすくして欲しいですねぇ。でもサービスもかなり対応してきて、ようやく本腰を入れてうれる感じになってきましたよね