「今」iPhone 5を購入するのを断念する理由

一昨日の事だがau・SoftBankの両店舗からiPhone 5が入荷したので明日以降取りに来てくださいと連絡があった。実は散々iPhone 5関連のエントリーを書いて、予約までして買う気満々ではあったが、冷静に考えて今回は見送ろうと決断してた。

が、発売日当日実物を触ってやっぱり欲しい!って方向になり、改めて考えてみて、とりあえず今はスルーし11月まで見送りと妥協した。まあもっともらしい理由から、非常に個人的な理由まで色々あるのだが紹介してみる。

iPhone 4Sに不満がない

購入からもうすぐ1年を迎えるiPhone 4S。auと比べたら電波が悪いなど細かい不満はあるが本体に対しては全くといって良いほど不満がない。iPhone 4は革新的な端末だったが、アンテナ問題など様々な問題があった。それを解消してブラッシュアップしたiPhone 4Sって名機だったと思うのです。そんな端末を1年も経たずに手放すのは忍びないと思うようになった。

せめて、1年の節目までは大事に使って盛大(?)に祝ってから、旅立ってもらおうかなとw

アクセサリー類がまだ揃っていない

これは何気に大きな問題。僕はiPhone 4Sを買ってから色んなものを試してきたが、5では迷うことなくケースはSGP、フィルムはマイクロソリューションと決めている。

昨年iPhone 4Sを発売日に買った時ケースはまだほとんど無くて、繋ぎケースを購入した。その後、SPIGEN SGP JAPANさんの「ネオ・ハイブリッド」というBumper型ケースに出会ってすっかり気に入ってしまい(全般的にSGPさんのケースは好きなんだが値段が若干高いのでホイホイ買えないw)、ずっと使っている。

純正を超えるBumper?ネオ・ハイブリッド2S スノーシリーズを試す


iPhone 5版も近日発売予定らしいのだが、今のところはまだ無いので発売を待ちたい。今回は繋ぎケース購入という無駄金は少しでも節約したい。

フィルムについても前述のSGPさんとかパワーサポートとか色々良いフィルムを出しているメーカーさんあると思うのだが、何種類か試した結果、コストパフォーマンス含めてマイクロソリューションのフィルムが最強と判断した。防指紋性が高く、脂などが一番つきにくいと感じたからだ。

ただ、フィルムは所詮フィルム。ある程度の期間で張り替えた方がいいので、そう考えたら値段も重要なんですね。性能とコストこれらのバランスが一番優れているのはマイクロソリューションだと思ったのだが、iPhone 5向けはまだ発売していないし、アナウンスもない。しばらく待ちですね、、、

最後にもう一つ問題なのはケーブル。
本体には1本ケーブルがついているが、それだけじゃ圧倒的に足りないですよね。予備も欲しい。巻き取り式のケーブルも欲しい。出先で使う事を考えたらLightningとの変換コネクタも欲しい(デジアナ変換のない安価なものも)。

これらをApple純正とかで揃えたらそれだけで1万近くかかってしまう。ケーブル類はサードパーティ製で十分でもあるのでちょっと様子を見たい感じ。

docomo冬モデルの行方が少し気になる

長くこのサイトをみてくださっている方はご存じかもしれないが、僕はdocomoのガラケーも併用して使っている。現在はFOMAのiモード携帯なのに、Xiプランに変更し「Xiトーク24」を導入。キャリアメールもやめて、対docomo向け専用電話というマニアックな運用をしている。

Xiトーク24でdocomo向け通話定額を実現。FOMAのガラケーをXi契約する手順のまとめ。


今年の夏モデルはフィーチャーフォン(ガラケー)がついに発表されなくなったが、冬モデルは間違いなく発表されると思っているし、端末としての新機能はなくてもXi対応とかそんなガラケーはもしかしたらでてくるんじゃないかと思ってる。例年docomo冬モデルの発表は11月中旬。待ってもいいかなと思った。

あと、ものすごく現実的なプランとしてメイン回線がdocomoなのであれば、ガラケーをAndroidスマホに機種変更し、テザリング経由で第5世代iPod touchを使えば一番料金も安いし、エリアも広いという至極ごもっともな意見もあったりする。

LTEになって、パケット通信料が各社横並びとなった今、「SoftBankのiPhoneは他社に比べて1,000円くらいパケット定額が安いので、その差分でdocomoのガラケーを維持」という言い訳も通用しなくなってしまったw

一応見るだけ見てみる。でも僕はやっぱりiPhoneがいい!!w

購入時期を延ばせばiPhone 4Sの借金が少しでも減る

LTE通信プランについては孫社長の「やりましょう」で結局au・SoftBankが横並びになってしまった。そうなると決め手は値段になるわけだが、僕の場合スマートバリューが使える以上auの優位性は揺るがない。

出そろったiPhone5向け料金プラン。auとSoftBankの比較と試算


なのでSoftBankは必然的に解約になり、違約金発生。スマホ下取りも使えないので残債は長く使えば使うほど減る。11月までだとあと2ヶ月程あるので、単純計算5,000円ほど残債が減ることになる。それは結構大きい。

というわけで、iPhone 5はauにMNPして購入することにする。

テザリングが必要なのは12月

今年の流行語大賞の上位になるんじゃないかって言うくらい、ここ数週間話題になった「テザリング」。外出先でスマホをWi-Fiルーター化して他の機器を繋げるという機能だが、僕ももちろん重要視している。でも、なぜかって言えば「たまに」しかそんな機能使わないからなんですね。

いわゆるノマドワーカーって言われる人みたいな生活だとバッテリーとか通信量とか様々な問題を考慮したら、スマホのテザリングのみ運用って言うのは現実的じゃない。テザリングはたまに使う時あったら便利な機能だと思うのです。僕の場合、基本は自宅と会社の往復(通勤時間は自転車で10分)。家も会社もWi-Fiは整備されているので、普段使うシーンなんてほとんど無い。

まあ使うのは出張か遠出してMacを持ち歩いた時。そんな事をしそうなのって、今見えてる予定では毎年12月に東京でやってる忘年会までない。というわけで、11月中にテザリングが使える環境にすると、DATA08Wの4,410円のパケット料がかからないので節約になるかなと。そういう意味でもSoftBankは候補から消える。

お金、、、

などと、ここまで最もらしい理由を書いてみたが結局一番の理由はこれ。
ここまで読んでくれたみなさん、つまらないオチですみません、、、。

来年1月に第一子が生まれる。やっぱり物入りな時期。そして、今までは自分と広い意味でも親と嫁ぐらいの為にしかお金は使ってこなかったが、ここに子供が加わる。子供にはまだ自分でお金を稼ぐ力なんて無いのだから、子供が生まれたらお金は子供のために使い、貯めていかなければならない、という至極ごもっともな意見はあるし僕もそう思う。

Appleは好きだしiPhone 5は欲しい。ブロガー的にも「やっぱりこいつ買いやがった〜!アホや〜!」と思われながら、発売日に買って開封の儀とかをドヤ顔でするのが面白いっていうのは分かっているんだが、そこには現実ってものがやはり横たわりますよね、、、。

一応発売日に買ってもいいよという嫁の了承は取れていたが、繋ぎケース購入・iPhone 4Sの残債などを考慮し妥協できるラインとして、2ヶ月程度購入をずらすという決断に至った。

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)

2 件のコメント

  • こんにちは。

    お仲間がいて安心しました。
    わたしは、昨年11月にauからMNPでiPhone 4SをSoftBank契約しました。ケースは15種類ほど購入し、行き着いたのが本文にあるSGPバンパー(ライムと白)です。液晶保護もSGPのガラスプレートを米国本社から取り寄せました(一時、日本代理店に在庫がなかった)。ホームボタンはガラスプレート付属のライム色で統一し、大変気に入っています。
    AppleCare契約しているので、次回はiPhone 6(6S?)を購入予定です。

    • おぉ!SGPさんのファンがこんな所に!
      SGPの商品はケースとかGLAS.tとか良いものが多いですよね。渋谷パルコの直営店には常時ではないですが、社員さんがいて色々面白い話も聞けますw