iPhone 7でイヤフォンジャックを使う方法。音楽再生やPlugAirはアダプタ経由で可能だが、イマイチ

見た目がイマイチな接続状態

iPhone 7で最も議論を呼んでいるのは、イヤフォンジャックを廃止したことだと思う。

その恩恵としてiPhoneは、

を手に入れたわけだが、3.5mmのステレオミニプラグはスマートフォンに限らず、様々な機器で採用されている。レガシーインターフェースと言えばそれまでだが、恐ろしく汎用性の高いインタフェースだ。

スマートフォンにおいては、iPhone・iPad(iOS系)とAndroidの共通インターフェースという一面もあった。
つまり対応機器も多いわけで、やはり議論を呼んでいるようだ。

僕はもう何年も前からBluetooth接続の、ワイヤレスイヤフォンを使っていたし、イヤフォンジャックを使う機会は少なかった。

とはいえなくなると困る面もあったので、iPhone 7になってどう感じたかを紹介しようと思う。

iPhone 7でイヤフォンジャックを使うにはどうすればいい

iPhone 7とLightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

iPhone 7とLightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

まず、iPhone 7では物理的にイヤフォンジャックがなくなってしまったため、今まで優先のイヤフォンを使っていた人はどうなるのかと言う話を。

これに関しては、Appleも過渡期対応としてわりと手厚い仕組みを用意しており、『Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ』を同梱している。

Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

さらに、Apple自身が販売もしており、その価格は『900円』

Apple製品は変換アダプタも高額なことが多いが、この価格はかなり安く、Appleとしても抵抗感なく移行出来る仕組みが必要と考えている証拠だと思う。

なので、このアダプタを使う事で、今まで使っていた有線式のイヤフォン・ヘッドフォンはそのまま利用出来る。

ただ、変換アダプタを経由することで音質は若干悪くなっているそうだ。
音質については主観も入るため、ご自身の耳で試して欲しいとは思うが、変換アダプタを使う宿命かなと思う。

こういう話をするとLightning経由での音声出力の音質が悪いと思われがちだが、そんことはないと僕は思っている。

何故なら、僕は車でiPad miniを使ってLightning経由でカーステレオに音声を出力し(Logitec「LHC-ACI02」を使用)、音楽を聴いているが、

Logitec「LHC-ACI02」を使ってLightning経由でカーステレオに出力

Logitec「LHC-ACI02」を使ってLightning経由でカーステレオに出力

イヤフォンジャック経由とLightning経由だとLightning経由の方が音質が良いと感じているから。

充電と同時利用出来ない欠点はどうしようもない

変換アダプタを使うのはお世辞にも見栄えが良くない

変換アダプタを使うのはお世辞にも見栄えが良くない

こんな感じで、とりあえず音楽を聴く分には、変換アダプタを使うか、Lightning接続のイヤフォン(iPhone 7に同梱)を使えば解決する。

だが、どうしても解消しない問題がある。それは、

音楽を聴きながら充電出来ない

ということだ。
音楽ならまだいいかもしれない。しかし、動画だとバッテリー消費も早いため、この欠点はかなり大きい。

ただ、こればかりはどうしようもない。解決策はただ1つ。

Bluetooth接続のワイヤレスイヤフォン/ヘッドフォンを使う

残念ながらこれしかないのだが、正直これを使わない理由が見つからない。

使ったら戻れないくらいの便利さだからだ。
確かに2010年あたりはBluetooth接続の音声出力といえば、通話に使用するヘッドセットが中心で、音質も悪かった。

しかし、2014年辺りからBluetooth接続のワイヤレスイヤフォンもかなり高音質になり、価格もこなれてきた。

この手の製品は上を見たらきりがないのだが、今や3,000円も出せばワイヤレスイヤフォンは購入出来る。

iPhone 7を購入したなら、ワイヤレスイヤフォンは導入した方が良いと思う。ちなみに僕は、SONYの「h.ear in Wireless(MDR-EX750BT)」という製品を使っている。

ソニーストア

20,000円くらいで結構高いのだが、イヤフォン系は長く使うので、いいものを買って長く使うのが僕の方針だからだ。

イヤフォンジャック(3.5mmステレオミニプラグ)は何に使われたか?

Androidをロックする「アプリロック」

Androidをロックする「アプリロック」

もう1つ、イヤフォンジャックと言えば音楽を聴くことが一番の用途だが、実はデータ通信のインターフェースという一面もある。

例えば、Androidではイヤフォンジャックに接続するガジェットが、スマホのロック解除キーの役割を担う「アプリロック」なんて製品があったりする。

Androidスマホのセキュリティ対策!サンワサプライ社「アプリロック」 レビュー【PR】

2016.02.10

また、2016年に入って、「わーすた」というアイドルにハマり、僕が初めて知ったものに、『PlugAir(プラグエア)』というものがある。

PlugAir(プラグエア)とは。アイドルグループ「わーすた」における活用事例と使い方

2016.04.15

この製品は、イヤフォンジャックに接続して、専用アプリ経由でムービーなどの管理情報をダウンロードするという仕組みを持っている。

つまり、コンテンツ取得のための物理的な鍵という位置付け。
この製品は、近年主にアイドルグッズの1つとして活用されているので、どうなるっているのか気になったので検証してみた。

なお、公式サイトの見解として、

iPhone 7、iPhone 7 Plusは変換アダプタ経由での動作は確認済み

となっている。

SPONSORED LINK

PlugAir(プラグエア)をiPhone 7で試してみた

見た目がイマイチな接続状態

見た目がイマイチな接続状態

というわけでiPhone 7と変換アダプタ経由で、PlugAirを使ってみた。

使ったPlugAirはわーすたの1stアルバム「The World Standard」に同梱されていたもの。

変換アダプタ経由で接続するとこんな感じの見た目となる。正直ダサいw

そして、アプリ上でPlugAirの読み取り操作を行うわけだが、、、

アダプタ接続状態でPlugAirを接続しても認識しない

アダプタ接続状態でPlugAirを接続しても認識しない

1回目はいつまでたってもダウンロードが始まらなかった。
どうも、変換アダプタを接続した状態で、PlugAirをさしても認識しないように感じた。

順番的には、

  1. iPhone 7のPlugAirアプリ上で、追加操作を行う
  2. 変換アダプタとPlugAirを接続
  3. 変換アダプタとPlugAirのセットをiPhone 7のLightningコネクタに接続する

という感じになるっぽい。

アダプタとPlugAirを接続し、iPhone 7のLightningコネクタに接続

アダプタとPlugAirを接続し、iPhone 7のLightningコネクタに接続

管理情報がダウンロードされた

管理情報がダウンロードされた

これで問題無く使う事ができた。

終わりに

今回iPhone 7にイヤフォンジャックへの接続実験を色々やってみたが、

正直めんどい

としか言いようがなかった。

イヤフォンジャックが将来的にどうなるかは分からない。PCとスマホのインターフェースは、近い将来USB-TypeCに集約されていくことは間違いないと思う。

iPhoneではLightningだが、Androidでは間違いなくUSB-TypeCになる。
だが、USB-TypeCは思いほかコネクタが大きい。Lightningよりは少なくとも大きいので、Androidではイヤフォンジャックはまだまだ残る気がしている。

そう考えた時に、iPhone 7での対応は少し早すぎた面はあるのかもしれないが、僕としてはこの流れは崩して欲しくない。

充電が必要などの難点はあるし有線のメリットは当然ある。
だが、無線の自由さには勝てないと思うわけで、インターネット接続が10年程かけて、Wi-Fiが主流になったように、音楽再生も同じ道を歩んで欲しいと思う。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK