女性におすすめの耐衝撃iPhone 7ケース。「ROCK」レビュー【PR】

iPhoneケースを使う理由ってなんですか?

多くの方は、落下時のガラス割れなど破損防止を目的としていると思う。

iPhoneケースは大別すれば、

  • 傷を防ぐことだけを目的とした薄型軽量ケース
  • 落下時の破損を防ぐ、耐衝撃性能を高めたケース

の2つに分類される。

今回は後者に分類される、「ROCK」というブランド名の衝撃ガードケースについて、フジテレビラボ様よりレビュー依頼をいただいたので紹介しようと思う。

今回はiPhone 7用をレビューするが、iPhone 7 Plus用も販売されており、サイズ以外はカラーバリエーションを含めて、基本的に全て同じ仕様となる。

なお、僕が持っているiPhone 7はiPhone 7ジェットブラック。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

iPhone 7/iPhone 7 Plusケース耐衝撃ガードシリーズ「ROCK」の概要

iPhone 7ケース ROCKの概要

iPhone 7ケース ROCKの概要

iPhone 7シリーズ用ケース耐衝撃ガードシリーズ「ROCK」最大の特徴は、耐衝撃性能が高いこと

スペック的部分を紹介すると、

  • 落下防止と耐衝撃性:透明性の高いTPUと高品質なTPEの二重構造
  • 傷防止:表面にはマット加工
  • 画面の傷防止:盛り上がったエッジ部分は画面を下にしても置いても、直接面には触れない

と記載されている。

こういうことを書くと、確かに耐衝撃性能は高いだろうけど「ゴツくて重いんじゃないの?」と思う方も多いだろう。

僕もそんなケースを想像していた。
だが、詳しくは後述するがそんなに分厚いケースではない。

使いにくくなるレベルではないので、女性でも使いやすい耐衝撃ケースだと思う。

販売はAmazon等では行われておらず、Yahoo!ショッピングの公式通販サイトのみで、価格は送料無料で2,480円(iPhone 7 Plusも同価格)となっている。

また、カラーバリエーションは4色展開で以下の構成となっている。

  • トランス・ブラック
  • トランス・ピンク
  • トランス・グリーン
  • トランス・ホワイト

今回は「トランス・ホワイト」を紹介する。

開封レポート

パッケージの外観。近年は簡易パッケージが多いが比較的凝っている

パッケージの外観。近年は簡易パッケージが多いが比較的凝っている

輸入品であるため、パッケージは日本語化されていない

輸入品であるため、パッケージは日本語化されていない

簡単に開封レポートを。
近年のiPhoneケースはApple純正ケースを含めて、どのメーカーも簡易パッケージを採用することが多いが、ROCKは珍しくしっかりしたパッケージとなっている。

中国語と英語での記載

中国語と英語での記載

また、フジテレビラボ社は日本での販社という位置付けのようで、パッケージは恐らく海外で販売されているものそのままとなっている。

なので、パッケージの言語は英語と中国語で日本語では記載されていない。

ケースの外観。シンプルなクリアタイプのケース

ケースの外観。シンプルなクリアタイプのケース

これがケース本体。

パッと見た感じは、クリアタイプのケースのように見えると思う。

装着後の状態

iPhone 7ジェットブラックに装着後の状態

iPhone 7ジェットブラックに装着後の状態

というわけで、早速手持ちのiPhone 7ジェットブラックに装着してみた。

ジェットブラックにホワイト系のクリアケースを装着しているため、ちょっとイケてない感じになっているが、これは本体色のせいとご理解いただきたい。

だが、逆にレビュー記事としてケースとのコントラストは分かり易いと思う。

こうして見ると、耐衝撃ケースの名は伊達ではなく、そこそこの厚みのあるケースだということが分かる。

ジェットブラックだと少し微妙な雰囲気だが、透明感のあるケース

ジェットブラックだと少し微妙な雰囲気だが、透明感のあるケース

裏からみるとこんな感じ。

半透明のケースなのでうっすらとAppleロゴが見える。

ブラックだとちょっと微妙なのだが、シルバーだといい感じになると思う。

ホームボタン周り

ホームボタン周り

ホームボタン周辺。
基本的に表面にケースは一切干渉しない。

Lightningポートやスピーカー周り

Lightningコネクタやスピーカー周り

Lightningコネクタやスピーカーにも穴が空いている。

ただし、Lightningコネクタはピッタリサイズなので、純正ケーブルであれば問題無いが、コネクタが大型になる事もあるサードパーティー製ケーブルの場合、干渉して使えない可能性もある。

ミュートスイッチは本体側を操作、ボリュームボタンはケースが覆い隠している

ミュートスイッチは本体側を操作、ボリュームボタンはケースが覆い隠している

スリープボタン

スリープボタン

スイッチ類はミュートスイッチ以外は、ケースが覆い隠す形式

一番よくあるパターンだ
ボタンに関しては主観もあるが、シリコン系のボタンなので押しにくいと感じる人もいると思う。

また、本体側面が液晶面より若干高くなっている。

この為、液晶を下にして机においたりしても、直接触れないため傷つきにくいというメリットがある。

カメラ周りは干渉しないように考慮されている

カメラ周りは干渉しないように考慮されている

カメラ周りは、黒縁加工もされており、全く問題なく使える。

ROCKを使ってみての感想

このケースを装着してiPhone 7を手にしてまず思うのが、

グリップ感が増して持ちやすい

ということだ。
iPhoneは6以降とにかく滑りやすく、恐ろしくて裸では使えなくなった。

なので、グリップ感が増すというのはケースを使う上での重要な要素で、ここは確実に抑えていた。

ただ、思いの他分厚くなったと感じた。iPhone 7であれば特に使用上問題はないが、iPhone 7 Plusで使うと『デカい』と感じるかもしれない。

僕は男性にしては手が小さいので、恐らく女性でもほぼ同じ感覚を持つのではないかと思う。

終わりに

iPhone 7ジェットブラックに装着後の状態

iPhone 7ジェットブラックに装着後の状態

耐衝撃性能が高い

というケースは近年数が非常に多く、言ったもの勝ちという雰囲気もある。

正直この薄さで衝撃が吸収できるとは思えない、ってケースも現実問題として多い。

その点、ROCKは様々なケースを見てきた感想としても、

このケースは間違いなく耐衝撃性能は高い

と感じた。
流石に実際に落として実験することはできないが、素材の質感などで大体のことは分かる。

実はこのタイプのケースはブラック基調の男らしいケースが多い。

クリア系の女性でも使いやすいカラーの耐衝撃ケースは少ないので、ブラック系のゴツいケースは嫌だけど落とすのも嫌という女性におすすめのケースだと思う。

パッケージの質感も高いため、女性にプレゼントするiPhoneケースとしてもいいかもしれない。

SPONSORED LINK