Spigen iPhone SE/5s/5用クリアケース「シン・フィット」レビュー。デザインを損なわない薄型軽量ケース【PR】

IMG_0230_R

みなさまこんにちは。aruteo(@aruteo)です。

今回は、Spigen社から発売されたiPhone SE/5s/5用ケース「シン・フィット」のレビュー依頼を頂いたのでご紹介します。

ちなみに私aruteoは、Spigen社のスマホケース初体験です!

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen社「シン・フィット」の特徴

シン・フィットはSpigen社製のシンプルなハードケースです。
材質は丈夫なポリカーボネート。
価格はAmazonにて約2,000円。

大きな特徴は、

  • iPhone SE/5s/5 のスリムさをそのまま楽しむことができる
  • ぴったりフィットして装着でき、ケースとデバイスの間へのホコリやゴミの混入を最小限に留める
  • 好みに応じて選べる4色展開(クリスタル・クリア、シマリー・ホワイト、ブラック、ミント)
  • 液晶面が高くなっており、傷が付きにくい

など、シンプルに見えてなかなか凝った作りになっているようで好印象です。

開封の儀

ではでは、早速開封の儀を執り行います!
パッケージの左隅でもケースのスリムさが強調されています。

シン・フィットのパッケージ

そして中身とご対面。

シン・フィット本体

うん、確かにスリムです。

装着後の感想

以前使用していたiPhone 5s(ゴールド)に装着してみました。
まずは装着前の表面。

シン・フィット装着前のiPhone 5s(表)

そして装着後の表面。

シン・フィット装着後のiPhone 5s(表)
良い意味でケースの存在感がありません。
ぴったりフィットです。

続いて装着前の裏面。

シン・フィット装着前のiPhone 5s(裏)

そして装着後の裏面。

シン・フィット装着後のiPhone 5s(裏)

iPhone自体のデザインを損なうことなく上手く馴染んでいます。
カメラ周りは大きめに開口しており、ケースの縁が映り込むことはなさそう。
手に持った時のグリップ感も良い感じです。

ちなみにボタン周りはこんな感じ。

シン・フィットのボタン周り

操作に干渉することはないです。

そして底面のLightning端子周り。

シン・フィットのLightning端子周り

大きく開口しているため若干守りは手薄ですが、端子へのアクセスは容易です。
また、最初に述べた通り、液晶面が僅かに高くなっているのが分かります。

ちなみに、上面も底面と同様に大きく開口しています。

ケースを取り外す様子

ハードケースの中には、装着はスムーズでも取り外しにくい製品があります。
シン・フィットにはある程度の柔軟性があるため、取り外しは比較的容易です。

終わりに

シン・フィットはシンプルかつ堅実なハードケースでした。
iPhone自体のデザインを損なうことなく、2000円程度で安心感が得られるのが素敵です。
iPhone SE/5s/5 のケースに悩んだら、一度検討してみてはいかがでしょうか!

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK