運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

iPhone 5時代になって感じた、iPhoneが抱える2つの問題点【通信サービス編】

SPONSORED LINK

iPhone 5を使って感じた、iPhoneの問題点について前回は端末面を紹介したが、

今回は通信サービス面を紹介する。

iPhone 5の目玉と言えば、LTEという次世代高速通信に初めて対応した事。

ただ、目玉機能の1つではあるが、これは端末と言うより通信回線を提供するキャリアに依存するサービス。

なのに、この通信サービスの善し悪しがiPhoneという端末自体の評価にまで影響を与えるようになったのが、iPhone 5時代の特徴のように感じた。

SPONSORED LINK

とにもかくにもLTE

iPhone 5が対応したLTEの対応周波数・バンドは以下だった。

【GSMモデル A1429(SoftBank向け)】

  • 2,100MHz/バンド1
  • 1,800MHz/バンド3
  • 850MHz/バンド5

【CDMAモデル A1429(au向け)】

  • 2,100MHz/バンド1
  • 1,800MHz/バンド3
  • 850MHz/バンド5
  • 700MHz/バンド13
  • 1900MHz/バンド25

ここで大きな問題になったのは、au向けだったCDMAモデルで、auがLTEのメインに据えていた800MHz/バンド18に対応しなかった事。

当初はそれでもSoftBankと同等くらいは使えると思われていたが、直後にSoftBankはイーアクセスを買収。

1,800MHz/バンド3も使用可能とし(ダブルLTE)、対応エリアを広げた。

逆にauは元々狭い2.1GHz帯のLTEエリアに時間が経つにつれてユーザーが集中。

「パケ詰まり」という問題や、当初表示していたエリア展開予定について誤りがあったとして、ユーザーから突き上げを受ける事になる。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

その後、公式に謝罪して行政から指導を受けるまでに至るわけだが、このLTEという新しい通信方式が約1年間話題になりつづけた。

LTEを使ってみての感想

やはりとにかく早い。

例えば、3Gでも規格上は5Mbpsという速度は出るが、通信が始まってパケットが流れ始めるまでの速度など、速度上は同じでも体感的にはLTEが圧倒的に早く感じる。

この辺りは、データ通信向けの規格と言われるLTEの真骨頂と感じるわけだが、逆に言うと3Gになっただけでストレスを感じるようになる。

規格上は今でも150Mbpsとか行くようだが、正直10Mbpsも100Mbpsもスマートフォン上で使う分には大きな差があるとは思えない。

それよりはとにかくLTEエリアに入っているかどうかの方が問題。

詳しい技術的な事は分からないが、LTEエリアを広くしてLTEと3Gの切替をなるべく少なくする事もポイントのように感じる(特にau版iPhone 5においては一度3Gに落ちた後、LTEに復帰しなかったり、パケ詰まりになる事が多かった印象がある)。

有名になっても開始から1年程しか経っていないLTEサービス

日本でサービスが本格的に始まってまだ1年程のサービス。

10年以上かけて各キャリアが苦労して構築した3Gエリアが、一気に切り替わるわけはない。

技術としては完成しているのだろうが、成熟するにはまだまだ時間がかかると思う。

事実、キャリアはこれほどユーザーが食いつくとは思っていなかったのだろう。どのキャリアもiPhone 5の発売をきっかけに、バタバタしていた印象は強い。

そういう状況だとエリア状況や整備計画は短いスパンで変わる。

しかし、iPhoneという端末は1年に1度しか新製品が出ないため、どうしてもキャッチアップが遅れる。

LTEで快適に通信をしたければ、特にdocomo・auにおいては、Android端末を使った方がいいことは間違いない。

この状況はしばらく続くと思われる。

複雑なLTE周波数

また、LTEの周波数に関して僕自身大した知識は無かったが、自分なりに調べてたりしながらブログを書き続ける中で、色々教えてもらって、この複雑さがよくわかった。

普通の人には理解不能な世界だ。周波数の使用状況などは国によって様々なので、グローバル端末のデメリットはこういう部分に現れる。

そういう意味で、iPhoneも対応周波数については各国の事情に合わせて、ある程度ローカライズする必要が出てきているのではないかと感じる。

携帯端末における通信は音声からデータ通信というのは世界の潮流だし、空いた帯域を携帯通信に割り当てたりしているうちに、どんどん複雑になっていくのは目に見えている気がする。

しかし、少なくとも今まで端末購入の基準に、対応する周波数なんて考えたこともなかった。その事自体にある意味驚く。

終わりに

次期iPhone(iPhone 5S)において、auがメインで構築する800MHz/バンド18によるLTE通信に対応することはほぼ間違いないと思われるし、今のように端末が対応する周波数でやきもきする状況も、長い目で見れば解決する問題だと思う。

ただ、今はFD-LTE、TD-LTEなど新しい通信サービスが短い期間で登場する、過渡期の期間だ。

成熟していた3G通信のみを使用していたiPhone 4Sまでと違い、過渡期だと1年に1回グロバール端末を販売するというiPhoneの戦略もデメリットになってくるのだと感じた。

端末やOSの完成度が高いのは分かっているし、それ故にそれを揺らがす通信サービス面に関心が向くのは僕も含めて仕方ないことだとは思う。

だが、端末よりも通信サービスの話ばかりがピックアップされたのが、iPhone 5時代の大きな特徴で、次期iPhoneにおいてもこの状況は続くのだろうなぁと感じた。

まあ、それはそれでガジェットヲタク的には楽しいし、右往左往するのも醍醐味と言える。

だが、この1年の変化は劇的すぎて着いて行けなくなりそうなので、もうちょっと落ち着いて欲しいというのが1ユーザーとしての願いかもしれない。

iPhoneの最新モデルは「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」ですが、価格が高いです。

2018年モデルの「iPhone XR」は2度目の値下げが実施され、今がそこねなので最新モデルにこだわりが無い方にはおすすめです!

iPhone XRは2020年10月から「1万円」値下げされ、SIMフリー版も「54,800円〜」と底値になりました
買い方のポイント
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。
iPhone XR徹底レビュー
型落ち(旧モデル)iPhoneの狙い目を解説

一緒に使いたいおすすめアクセサリ・サービス

チー
僕がiPhone XRユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2021年6月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説
docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

SIMのみ契約なら「初期費用0円」

ドコモSIMのみ契約

分離プランの開始後、SIMのみで契約も可能になりました。

チー
ドコモSIMはとても使いやすいので、何気におすすめです!
ドコモSIMのメリット
  • IMEIロックなどややこしい縛りがない
  • 「5G」はもちろん、スマホ・タブレット・ルーターがSIM交換なしで使える
  • 新プラン「ahamo」にも対応
\ オンラインショップは初期費用0円 /

ドコモのSIMをチェック

iPhoneで格安SIMを使うなら、Y!mobileは大半のモデルが「通信設定プロファイル」のインストール不要で便利です。

SIMフリーiPhoneの魅力とおすすめのキャリア
Y!mobileのSIMをさす
チー
その他にもY!mobileのメリットは以下のようなものがあるよ!
Y!mobileのおすすめポイント
ゆりちぇる
オンラインストアなら24時間受付可能で、最短翌日発送もできるので、手続きがすごく楽です。

2021年6月現在、オンラインストアはお得なキャンペーンが豊富なので、是非最新キャンペーン紹介記事も参考にしてくださいね!
Y!mobile最新キャンペーン情報ゆりちぇるアイキャッチ
\ スマホがおトク!手数料無料 /

最新キャンペーンをチェック

通話をあまり使わないなら、UQ mobileも視野に入れてみよう

ゆりちぇる
Y!mobileがいいのはわかったけど、通話はあんまり使わないんだよねえ。
やぶなお
UQ mobileも通信品質がau回線と同等で高速だから、比較しながら検討してみるといいかも!

UQ mobileは以下のような人におすすめです。

UQ mobileがオススメな人
\ MNPで10,000円キャッシュバック /

UQ mobileをチェック

UQ mobileとY!mobileの違いを、通話料金・データ通信・キャンペーンの観点から徹底比較し、それぞれに向いている人について解説しているので、以下の記事も合わせてご覧ください。

UQ mobile Y!mobile 比較 ゆりちぇるアイキャッチ

歴代iPhoneのレビュー記事

チー
iPhoneの最新モデルを毎年買っているので、モデル毎のまとめ記事を書いてます。
iPhoneは旧モデルになっても、3年程販売されるので参考になると思います!

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!