【失敗体験】「コジ割」ってなに?機種変更の割引ポイントを獲得する裏技の内容

通信業界
SPONSORED LINK

コジ割というものをご存じだろうか。

乞食(こじき)が語源となっていて、docomo・au・SoftBankのオペレーターに電話して、MNP予約番号を取得する際に、

引き留めポイントとして機種変更の割引ポイントがゲット出来る

という施策だ。
もちろん公言されておらず、条件も様々で確実にゲットする方法は存在しないため、噂レベルで有名な割引施策。

それ故に、反則技・汚い技という意味合いも込めて、通称:コジ割(乞食割)と呼ばれている。

チャレンジするだけなら誰でも出来るので、僕もiPhoneの購入にあたり、切り札として使ってみることにした。

結論から言うと、僕は撃沈(失敗)だったがw

SPONSORED LINK

コジ割(乞食割)が登場した歴史的経緯

iPhoneに限らず、携帯・スマホ端末を購入する場合、

MNP新規契約 < 新規契約 < 機種変更

という順番で端末価格は高くなる。
ただ、これって長期利用ユーザーにとってはちょっと複雑だ。今やiPhone だけでなくAndroidもdocomo・au・SoftBankでラインナップに大差はない。

どのキャリアを使っても基本的に、変わりはないのだ。
特にiPhoneについてはサポート含めて、AppleがAppleCare+などのサービスを提供しているという状況があり、ガラケーと違い故障時もキャリアのお世話になることは少ない。

だったら、

  • スマホが安ければいい
  • キャリアは通信サービスだけ提供してくれたらいい
  • キャリアメールやキャリア独自のサービスは使わない

なんて考える人はどんどん増える。キャリアとしてはたまらないので、何とか引き留めたい。

これが、コジ割が生まれた敬意だと思う。

コジ割にチャレンジする方法

コジ割にチャレンジする方法は簡単だ。

基本的にはdocomo・au・SoftBankのコールセンターに電話し、MNP予約番号を発行する手続きを行うただそれだけだ。

この時、通常はオペレーター対応となるため、条件にマッチしていれば、

お客様にだけの特別なキャンペーンがあり、機種変更にご利用頂ける期間限定ポイントが〜ポイント付与できるのですが

みたいな話をされるそうだ。
もしそうなれば、ポイントを付与してもらえば、それでコジ割成功となる。

SPONSORED LINK

コジ割でポイントをゲットする条件は?何がもらえる?

このようなものなので、正直条件などはよく分からない

ただ、噂レベルでよく聞く条件を列挙すると、

  • 2年契約(=2年縛り)の初回更新間際
  • 大量のポイントを既に保有していない(目安は1万ポイント以上)
  • 家族割などを組んでいる、家族が多すぎない(基本は単独契約)
  • 滞納などはない
  • 利用金額が比較的多い(月1万円程度)

あたりと言われている。

また、コジ割という名称はともかく「引き留めポイント」があると言う話は、わりと多くの人に知られてきたため、単刀直入に

安くしてくれるなら、MNPしないけど、そう言うポイントとかありますか?

と聞いて、ポイントをゲットしたという人も僕の知り合いにはいる(その人はau)。

ちなみに、キャリアについてはどのキャリアでも行われているようで、この割引をそもそも始めたと言われる、SoftBankが2016年現在でも最もコジ割に成功したという話を多く目にする。

その結果としてゲット出来るのは、各キャリアが発行するポイントだ。

  • docomo:dポイント
  • au:au WALLET ポイント
  • SoftBank:Tポイント

となるわけだが、例えばTポイントなら加盟店で使えると思いきや、どのキャリアにおいても、

  • 用途は機種変更限定
  • 有効期限は1ヶ月程度
  • ポイントは大体2万ポイント(=2万円分の割引)

という対応となっているようだ。

docomoでコジ割にチャレンジした結果

というわけで僕もやってみた。
docomoの場合、WEBのマイドコモから手続きしようとして、コジ割対象の場合、

あなただけの特別なお知らせがあります

みたいなメッセージが表示され、電話を促されることがあるという。

これである程度判別可能らしいのだが、僕はいきなり151に電話してみた。で、結果は撃沈w

というのも、僕はdポイント(ドコモポイント)を10万ポイント以上持っていた。で、オペレーターさんに、

お客様は10万ポイントお持ちですし、これはiPhone購入にも使えますので、是非docomoで購入いただけないでしょうか。

と言われ、さらに「一括請求の解除など手続きも色々必要なのでお勧めできませんが、、、」みたいな感じで諭されてしまい、さらなるポイント上積みはできなかった。

一応予約番号は発番してもらったが、使うつもりはないのでそのまま失効となる。

まっ、こう言われるだろうなぁとは思っていたので気にはしないが、さすがに甘かったw

終わりに

僕は失敗に終わったが、iPhone購入者が多い今の時期は、コジ割の獲得に成功したという話も、ネットでは多く見かける。

2016年に入り、総務省タスクフォースの指導により、

  • 0円スマホ(MNP一括0円)
  • 高額キャッシュバック

というキャリアの割引施策は封じられており、MNPによる流動は大きく減ったし、結果として既存ユーザー(機種変更)が優遇される方向に徐々に切り替わっている。

機種変更価格が下がると言うことは、機種変更での利用が前提となるコジ割の価値は相対的に高くなるわけで、今後キャリアにとってこの施策は重要な意味を持ち始める気がする。

というのも、窓際施策であり、一部ユーザーに限定しているため総務省も規制のしようがない
新たな飛び道具として、今後利用する機会が増える気もするので、使う使わないはともかく覚えておいて損はないと思う。

正直あまり強くお勧めできるものではないが、機種変更で携帯を購入する際、あまりあてにはできない裏技くらいの認識で、試してみてはいかがだろうか。

スマホを機種変更で安く買うお勧めタイミング

iPhoneの型落ち(旧モデル)でおすすめはどれ?安くなる時期を狙って機種変更しよう

2015.09.20
SPONSORED LINK

格安SIMの人気モデル「iPhone 6s」

2015年9月に発売したiPhone 6sは、発売から2年以上経過していますが、格安SIMで幅広く販売されています。

docomoなど大手キャリアで購入していても、SIMロック解除可能となった初めてのモデルであるため、2018年現在も利用者が非常に多い人気モデルです。

格安SIMの人気機種「iPhone 6s」の評価とおすすめポイントは?メリット・デメリットのまとめ

2015.12.26

iPhone 6sはAppleやUQ mobile・Y!mobileなどサブブランドを中心とした、格安SIMで幅広く販売されています(大手キャリアはdocomoを除き完売です)。

docomo版および格安SIMではSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です(Appleは販売終了)。

契約はオンラインショップがお手軽です!

節約だけで格安SIMを選んで大丈夫?主婦/主夫目線で、安さNo.1でない「UQ mobile」を選択した5つの理由

2018.02.15

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

あわせて読みたい

SPONSORED LINK