iPhone 6/6s用手帳型ケース「invite.L folio case」レビュー。カードが2枚挿せて薄型軽量のお勧めケースです

先日購入したiPhone 6s ローズゴールドと合わせてケースを新調した。

僕はここ数年Apple純正レザーケースまたは、Spigen SGP社製のベーシックなケース(背面と側面を保護するタイプ)を利用していたが、メーカーも初めてなら 手帳型・ウォレット型 という形状も初めて。

とはいえ、今回はどうしてもこのタイプにしてみたかったので、

まずはお試しという感じで購入してみた。購入したのは「invite.L folio case」というもので、iPhone 6/6s/6 Plus/6s Plusに対応する。実際の使用感含めて紹介しようと思う。

購入したケースと「invite.L folio case」の選定基準

今回購入したケースは「invite.L Foliocfolio caseasee」というもの。
主に楽天市場で販売している、4,000円程度するケースだ。価格としてはちょっと高い部類だろうか。

「folio case」にした理由はいくつかあって、大まかに言うと、

  • 受話口に穴があいていて、閉じたままでも通話できること
  • なるべく薄型であること
  • カードが2枚入ること

といった辺り。特に重要なのはカードが 2枚入る事 で、ここにメインのクレジットカードと、ICOCA(交通系ICカード)を入れたいという意図がある。2枚というのが1つのポイントで、多ければいいというものでもないと思っている(ごちゃごちゃするので)。

開封レポート

簡単に開封レポートを。
DSC00571
DSC00572
あまり大した梱包とは思っていなかったが、予想外にしっかりとした箱に入っていた。

DSC00573
今回僕が購入したのはダークブラウン。付属しているストラップは同系色だが色が少し違う。
ちなみに「folio case」の大きな特徴の1つは、カラーバリエーションが非常に多いこと。他にも10色ほどあるため、好みの色を選ぶことが出来る。

DSC00574
表面は少しざらっとした感じの仕上げとなっている。

DSC00575
そして内側。
色はストラップの色に合わせられており、左側にはカード収納が2つ。iPhone本体はクリアケースに固定するようなイメージとなる。

DSC00577
広げるとこんな感じ。

DSC00578
DSC00579
僕は今のところ使わないが、ストラップもこんな感じで装着できる。

iPhone 6s ローズゴールドを装着してみた

早速iPhone 6sローズゴールドを装着してみる。

DSC00581
正面から見てもまあ、ピンクって言うのはまあ分からないですね。

DSC00582
DSC00584
DSC00583
左右と下部から見た感じ。
ボタンの部分は全てくり貫かれた感じになっており、本体のボタンをそのまま操作する形となる。

また、Lightningコネクタ周辺はカバーが何も無い状態なので、サードパーティーのケーブルや、イヤフォンジャックが大きいイヤフォンなどを入れても、干渉する事はなさそうだ。

DSC00588
カメラの部分はこんな感じ。
さりげないローズゴールドが、おしゃれな気がするw

DSC00587
DSC00589
閉じた状態で側面からみても、余りピンクピンクしていないので、36歳のオッサンが使ってもほぼ違和感はないかと思う。

あと、手帳型ケースと言えばどうしても分厚く・重くなるイメージがあるが、これは実際手に持ってもそれほど分厚さも重さも感じないため、好印象。

DSC00585
そして、ある意味一番の目的である、メインクレジットカード(ANA VISA スーパーフライヤーズゴールドカード)とSMART ICOCAをカード入れに挿入。

この2枚があれば、普段の買い物や移動で、財布を出すシーンはほとんど無くなる見込みだ。

終わりに

「folio case」は使い始めてまだ1週間程度なのだが、この間の印象としては概ね良好だ。

やはり、カード2枚を挿せることがとても便利で、財布を取り出すシーンが極めて少なくなった。また、画面を保護してくれる事も、精神衛生上は好ましい。

素材もファブリック素材で、例えばレザーのような手に馴染む感じはないが、軽量で汚れも付きにくいため、長く使えそうな感じがする。値段は少々高いが、質感もよく満足している。

とりあえず現時点では、初めて買った手帳型ケースとして「invite.L folio case」は満足しているので、このタイプのケースを考えている方にはお勧めです!

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK