ケースの存在を忘れる薄さと軽さ。Spigen iPhone 7ケース「シン・フィット」レビュー

パッケージはSpigen社定番

iPhone 7用ケースとして、Spigen社から「シン・フィット」のレビュー依頼をいただいたので紹介しようと思う。

今回はiPhone 7用をレビューするが、iPhone 7 Plus用も販売されており、サイズ以外は基本的に全て同じ仕様となる。

なお、僕が持っているiPhone 7はiPhone 7ジェットブラック。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen社「シン・フィット」の特徴

最大の特徴は「薄さ」

最大の特徴は「薄さ」

Spigen社は数多くのiPhone用ケースを販売しているが、多くのケースは耐衝撃性能の高さを売りにしている。

つまり、多少分厚いケースになるのだが、シン・フィットはとにかく薄さと軽さを追求したケース。

その弊害として耐衝撃性能は失われるが、

本当はケースを付け無くないけど、汚れ・傷防止の為にやむを得ず使う

なんて人には最適なケースと言える。

スペック的な部分で大きな特徴は、

  • 本体のデザインとスリムさをそのまま楽しめる
  • 柔軟性と耐久性が高いポリカーボネート素材を採用したハードケース
  • 各ボタン部分への操作性、アクセス性を考慮し、ボタンはケースで覆わない
  • 前面と背面のフチを高く設計し、液晶画面とカメラレンズをキズから保護

というあたり。

価格は定価2,290円、Amazonでの実売価格は1,830円となっており、比較的安価。
※Amazonの公式Storeでは20%オフで販売されている

シンプルな構造のケースであるため、iPhone本体との親和性を重視している。この為、カラーバリエーションは

  • サテン・シルバー
  • シャンパン・ゴールド
  • ジェットブラック
  • ブラック
  • ローズ・ゴールド

の5色構成で、見ての通りiPhone 7・iPhone 7 Plusのカラーバリエーションに合わせられている。

本体と同色のケースを選択が基本になると思う。

開封レポート

パッケージはSpigen社定番

パッケージはSpigen社定番

裏面の説明も簡素

裏面の説明も簡素

簡単に開封レポートを。

iPhone 6s以来導入されている簡易パッケージ。

ケース本体。ポリカーボネート素材で実にシンプル

ケース本体。ポリカーボネート素材で実にシンプル

ケース本体。
※カラーはブラック

ポリカーボネート素材でこれと言った特徴はないが、それがコンセプトのケースなので致し方ない。

横から見てもシンプル

横から見てもシンプル

裏から見てもシンプル

裏から見てもシンプル

ボタン・スイッチ・カメラなどの部分は穴が空いていている。

ケースが保護しないが、その分非常に操作しやすい。

SPONSORED LINK

装着後の状態

iPhone 7ジェットブラックに装着

iPhone 7ジェットブラックに装着

シン・フィットをiPhone 7ジェットブラックに装着してみた。

ケースを付けたことが、パッと見ても分からないと思う。

裏から見ると初めてケースを付けている事が分かる

裏から見ると初めてケースを付けている事が分かる

裏側より。
ここで初めてケースを付けているんだって事が分かる。

カメラ周りの加工もキッチリしている

カメラ周りの加工もキッチリしている

カメラ周辺。
ポリカーボネート製のシンプルなケースだが、Spigen社のケースは高品質なので、この辺りの加工がしっかりしている。

上部はiPhone本体が露出する

上部はiPhone本体が露出する

上部はiPhone 7本体が露出している。
ケースのものの薄さと軽さが売りになっているため仕方無いが、防御力という意味では若干不安だ。

スリープスイッチはくり貫きタイプ

スリープスイッチはくり貫きタイプ

ミュートスイッチ、ボリュームボタンもくり貫きタイプ

ミュートスイッチ、ボリュームボタンもくり貫きタイプ

右側面と左側面の、

  • スリープ・スリープ解除ボタン
  • ボリュームボタン
  • ミュートスイッチ

は全てiPhone本体のものが露出する

このお陰で非常に操作しやすい。

Lightningコネクタ、スピーカー周辺も大きく開いている

Lightningコネクタ、スピーカー周辺も大きく開いている

本体下部のLightningコネクタ周辺。
こちらも大きく露出しており、サードパーティー製のケーブルと干渉するようなことはない。

シン・フィットを使っての感想

薄さと軽さがコンセプトのケースだが、本当にその通りだ。

その名の通りケースを付けている事を忘れさせるフィット感が最大の魅力でありメリット。

逆にデメリットとしては、ケースとしてiPhoneの保護力は落ちてしまうこととなるが、これはもうトレードオフと言わざるを得ない。

防御力重視であればシン・フィットを選ぶべきではない。

iPhoneにはなるべくケースは付けたくない、出来れば裸で使いたいって人向けのケースと言える。

終わりに

iPhoneのアクセサリといえば、ケースと言われており、使わない人はほぼいない。

ケースを使う理由は、

  • 他人との差別化のため
  • 本体を保護したい

の2つにほぼ集約される。

ただ、保護の部分ってどこまで気をつかうべきか正直悩む部分でもある。

大手キャリアで購入する場合、基本的には2年に1度買い替えるのが無難。そう考えると、製品寿命は2年になるわけで、不便な思いをしながら2年間分厚いケースを使うというのも微妙だ。

薄さと軽さに特化したケースというのは、今や珍しいが、有力な選択肢だと思った。

SPONSORED LINK