運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

SONYのXperia不振の理由をiPhoneとの比較から考察する

SPONSORED LINK

デジタルガジェット大好きな僕だが、今一番気になっているものは何か?と問われたら、最新のAndroidスマートフォンと答える。

その中でも唯一SamsungのGalaxyシリーズと戦えるであろう技術力と、Samsungにはないブランド力を持っている、SONYのXperiaが気になる。

初期の端末は本当に酷かった。しかし、2年ほど前からの端末からはようやくまともに使えるようになって、もはやiPhoneとAndroidを比べるなんて事が無意味に感じるくらい、技術的にも製品としても成熟した。

昨年Nexus 7を購入したりはしたが、やはりこの手の最新技術ってApple製品でもiPhoneに搭載されるように、スマートフォンじゃないとダメなんですよね。

ただ、このXperiaは現在苦境に立っている。でも、正直外野から見れば今までがおかしすぎたと思うわけで、その辺り思う所をつらつら書いてみる。

SPONSORED LINK

スマートフォン事業が一気に不振になったSONY

SONYがテレビ事業などの不振で、事業の柱をAV家電からスマートフォンに据えたのが数年前。

以来、特にdocomo向けスマートフォンでは常に一番最初を行っているイメージがあり、例えば最近で言えばハイレゾなど、同社が持つ技術を集結した端末がXperiaというスマートフォンだった。

去年は100万台以上売れたと言われる、docomoのツートップ「Xperia A SO-04E」のお陰で業績はそこそこだったようだが、今年になって急落。

まあそれもそのはず、去年が売れすぎただけですからね。ただ、こうなった原因はそれだけじゃないと思う。

フラグシップモデルが多すぎるXperia

XperiaのフラグシップであるZシリーズって、初代が出たのが昨年初頭の話。以来Z→Z1→Z2→Z3と大体半年置きに新モデルが出ている。

まあ、docomoがガラケー時代と同じく夏モデル、冬モデルという形で年2回新製品を発表するからそれに合わせただけと言われたらそうなのだが、コモディティ化したスマートフォンにおいてこのペースは速すぎると思う。

例えば、先日発売されたXperia Z3と夏モデルであるZ2の違いって、ハイレゾにUSBアンプなしで対応とか、狭額縁化とか、そんなに大きく変わっていない。

正直やろうと思えば半年前でもできたんじゃないの?って思わずにはいられないんですよね。できなかったのは技術的な理由より、「納期」と考える方が自然だろう。

iPhoneとの戦略の違いとアクセサリ

例えばAppleのiPhoneって年に1回しか新製品をリリースしない。

これだけでも違うわけだが、iPhoneの場合3G→3GS、4→4S、5→5sというようにセカンドモデルの場合、細かいスペックは変わるものの、デザインは基本的に変えない。

つまり同じデザインを2年間使い回す。

iPhoneの場合だとデザインの刷新とOSの刷新を1年おきに繰り返すイメージなので、結果論としてそうなっただけかもしれない。

だが、例えばアクセサリーメーカーから見ると、安心してケースとか作れますよね。だって、1度作った製品が2年以上販売できるわけなので。

iPhoneと他のスマートフォンが大きく違うのは、内部的なスペックよりも、今やアクセサリーの充実度と考えている人は結構多いと思う。

SONYのXperiaは2年間で4回デザインが変わるのだから(しかもその違いは軽微な割にサイズとかは微妙に違う)、アクセサリが充実しない、結果段々売れなくなるというのは当然だとなっていると思う。

こういう製品を毎回のように買う「熱心なファン」ですら、着いて行けなくなっている証拠だ。

そういう意味で、SONYは顧客の事を全然とは言わないまでも、あまり考えてないように見えて仕方が無い。

Xperia Z4からはリリースペースが変わるという噂

そんな事を僕はずっと思っていたのだが、多分メディアとかでも多く指摘を受けたんでしょうね。

来年発表されるというXperia Z4以降は、1年に1回リリースするペースになるとか、、、

しかし、よく考えて欲しいがXperia Z3が発売したばかりなのに、早くもZ4の噂が出る。

出るのは分かっているが、これってどうなんよって思っちゃいますよね。

顧客にとって何年ぶりかで購入した製品で喜んでいたのに、すぐに旧モデルになりますよ〜って言われていい気しますかね。

どんな人でもいい気はしないと思う。特に今や10万円程する高価格の端末なのだから、「やっと買えた!」って歓喜している人はすごく多いのと思うのだ。

それなのに、ユーザーを馬鹿にしてるのか、って突っ込みたくなる。

終わりに

そんなわけで、発売したばかりにも関わらず既に次期モデルの噂が流れ始め、しかも「次のモデルが本気の製品」って雰囲気を醸し出している、ちょっとかわいそうなXperia Z3さん。なんかこれ買おうかなって思うんですよね、、、

ちょうど12月で2年縛りをあけるau回線があるので、docomoにMNPしてゲットしようかなと現在画策している。

関連記事

Xperia Z3 Compact(SO-02G)購入検討。魅力をZ3との比較から検証する

【終了】Xperia Z3 Compact(SO-02G)がMNP限定ダイレクト割でMNP一括0円機種に

Xperia Z3 Compact(SO-02G)をMNP一括0円で購入!2年間の運用価格は1万円弱の格安回線の完成!

スマホの画面に影?Xperia Z3 Compactの液晶画面左半分が暗くなる不具合で修理へ【Part1】

ドコモショップサポート対応への不満。Xperia Z3 Compact(SO-02G)の画面不具合は修理後も再発【Part2】

ドコモのスマホを修理するなら初期不良交換期間に注意!Xperia Z3 Compact画面不具合対応【Part3】

Xperia Z3 Compact(SO-02G)の画面半分が暗い不具合の原因はモーションセンサー?【Part4完結編】

Androidは様々なメーカーが販売していますが、日本で人気が高いのは長らくSONY「Xperia」・シャープ「AQUOS」・サムスン「Galaxy」の3本柱でした。

しかし近年は、中国メーカーの進出が増え、安くて高性能な高コスパモデルが増えたので勢力図が変わりつつあります

チー
僕のイチオシはGoogle「Pixelシリーズ」ですが、ちょっと高いのが欠点です……。

当ブログではドコモ版の最新モデルを中心に、数多くの機種をレビューしているので、参考にしてみてください!
販売価格は「ドコモオンラインショップ」など、キャリア公式オンラインショップの価格です

ハイスペックスマホのレビュー

ドコモの最新モデルのおすすめ(2019年夏モデル対応版)

ドコモ最新モデルAndroidスマホ・ガラケーのおすすめは?そろそろ5Gもあり!使って分かった評価を本音でレビュー【2020年夏モデル・冬モデル】

ミドルクラススマホのレビュー

ドコモ旧モデルのおすすめ2021年1月版

【2021年1月版】ドコモ旧モデルスマホのおすすめは?新規・機種変更するならXperia 10 II、iPhone SE 第2世代が狙い目!

docomoミドルクラス2020年12月版

【2021年1月版】ドコモミドルレンジスマホで、5万円以下のコスパが高いおすすめ機種は?iPhone・Android別に紹介します(旧docomo with)

一緒に使いたいおすすめアクセサリ

チー
僕がAndroidユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!

ドコモでスマホを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

ゆりちぇる
2021年1月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2021年1月最新】最大3万円以上もおトクになる!?docomoのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

SIMのみ契約なら「初期費用0円」

ドコモSIMのみ契約

分離プランの開始後、SIMのみで契約も可能になりました。

チー
ドコモSIMはとても使いやすいので、何気におすすめです!
ドコモSIMのメリット
  • IMEIロックなどややこしい縛りがない
  • 「5G」はもちろん、スマホ・タブレット・ルーターがSIM交換なしで使える
  • 新プラン「ahamo」にも対応
\ オンラインショップは初期費用0円 /

ドコモのSIMをチェック

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2021年1月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!