Spigen iPhone SE用クリアケース「ウルトラ・ハイブリッド」レビュー【PR】

DSC02770

2016年3月に発売されたばかりの、iPhone SE用ケースとして、Spigen社から「ウルトラ・ハイブリッド」のレビュー依頼をいただいたので紹介しようと思う。

iPhone SE向けとなっているが、iPhone 5・iPhone 5sでも利用可能。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen社「ウルトラ・ハイブリッド」の特徴

xl7f2LySQCC._UX970_TTW_
ウルトラ・ハイブリッドは近年のSpigen製ケースとしては定番と言えるケース

大きな特徴は透明なケースということで、何だかんだ言って一番利用者の多いケースなので人気がある。ただ、Spigen社はどちらかと言えばスマートフォン用のケースメーカとしては高級な部類なので、ただのクリアケースではない

価格も約2,500円と同種のケースとしては高めだ。

大きな特徴は、

  • 本体カラーに合わせた4色構成(メタル・スレート、クリスタル・クリア、ブラック、ローズ・クリスタル)
  • Military Grade【米軍軍事規格】を取得した耐衝撃性の高さ
  • 液晶面を高く設計し、傷が付きにくい作り

など細かいこだわりが満載となっている。

実物を触っても、そこらへんのクリアケースとは違うというのはすぐに実感出来る。

開封レポート

DSC02770
簡単に開封レポートを。
Spigen社のケースは、iPhone 6の時代まで梱包などにもお金がかかっている感じだったが、iPhone 6s向けから簡易パッケージに変わった。

その分価格も若干安くなった。

DSC02771
DSC02772
「ウルトラ・ハイブリッド」は構造としてはシンプルなクリアケースであるため、中身としてはこれで終わり。

DSC02775
裏面には説明が書かれており、耐衝撃性の高さがアピールされている

ケース本体にはフィルムが貼られているため、使用前には剥がす必要がある。

DSC02776
本体内側と、

DSC02778
外側の2箇所だ。

装着してみての感想

DSC02774
僕はiPhone SEを所有していないため、ほぼ新品状態で大事に保管しているiPhone 5sスペースグレイに装着してみた。

これは装着前の状態。

なお、このケースの魅力の1つは脱着が簡単という事がある。なので、気分でケースを変えやすい

DSC02779
これが装着後の正面から見た状態。

DSC02780
こちらは裏面。

見ての通りクリアケースなので、存在感は薄い。
だが、手に持つとグリップ製が明らかに向上したと感じる。

何故なら、ウルトラ・ハイブリッドの素材はただのプラスチックでは無く、シリコンのような弾力のある素材だから。

この為、滑りにくく持ちやすくなる。

DSC02781
Lightning端子側から。
コネクタ類の部分だけが切り抜かれており、万一落としても傷は付きにくい。

DSC02782
左側面から。
ミュートスイッチはむき出しの状態となるが、ボリュームスイッチはケースが覆い隠す。

DSC02783
スリープスイッチについても同様。

ケースが覆い隠してしまうが特に押しにくくなったとは感じなかった。

終わりに

iPhone SE最大のメリットは、手のひらに収まり、片手操作が可能なコンパクトさ

なので、その魅力を低減するようなゴツいケースはあまり使うべきじゃ無いと思う。それならiPhone 6sなど大型の端末を素直に使うべき。

そういう意味で「ウルトラ・ハイブリッド」はiPhoneのデザインを損なわず、ゴツすぎないケースと言うことで、非常に使いやすく、万人にお勧めできるケースだと思う。

実売価格は2,500円とそれほど高くないため、iPhone SEのケースに悩んだら是非候補として検討してみて欲しい。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK